上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
1台の乗用車に
男女4人が乗っていた。

運転席と助手席には男が座っていた。

運転席の男は 少々荒っぽい運転だったが
正確なハンドル操作で速度を上げた。

隣りにいるのは もともと寡黙な男で
今はさらに その存在を消そうとするかのように 黙りこくっていた。

私は後部座席で体を固くしていた。


この車は 行き先が決まっていなかった。

それなのに 街灯のほとんどない 暗い田舎道を飛ばしていくのは
車内の疲れきった空気を何とかして振りほどきたいという
私たち全員の思惑を表すようだった。

だが私は 早く私たち4人が落ち着けるような場所を探すことよりも
同じ後部座席で ほとんど距離をおかずに座っている彼女の気持ちの行方が
気になって仕方なかった。


昨晩は 彼女に向かい
自分の心のうちを すべて見せた。

その前の晩も
もう一つ前の深夜にも

私は 言葉にこそしなかったが
彼女の前で 自分の気持ちを隠そうとしなかった。

彼女は驚かなかった。
むしろ待っていたのかもしれない。

彼女は 間違いなくノンケで

私が彼女に恋焦がれていた期間は とても長い。

===

3泊4日の日程で 私たち4人はある研修に参加していた。
その研修には全国各地から参加者があり
4日間のカリキュラムはハードなものだった。

夜になると 疲れて部屋のベッドに倒れこみたいところだが
毎晩 私は彼女に会いに行った。

部屋は別々であったけれども
私が呼ぶと彼女は出てきてくれる。

私は順調に 彼女に自分の気持ちを見せた。

順調に、という言葉はおかしいかもしれないと思う。
何もかもうまくいくという保証はなかったから。

確実なことといえば
彼女の恋愛対象が異性であるということ
私がどうしようもなく 彼女を好きになっているということ
そして 彼女が私の気持ちに薄々気付いているということ。

そういった意味では 順調に、という言葉がぴたりとはまる。
あとは 彼女の出方を待つだけになった。


研修が終わり 私たち4人は1台の車に乗って帰ることにした。
地元に帰るには 大橋を1つ渡らなければならない。

4日目の研修が夕方まであったのと
移動距離そのものが遠かったせいもあり
早々に その日に帰り着くのは無理、と判断し
大橋のふもとの漁港で 宿を探した。

適当に走れば見つかるだろうと 気楽に考えたのが間違いで
観光名所にもなるような大橋なのに
このさびれた漁港には
簡単に泊まれるような宿がなかった。

運転席の男が言った。
「こうなったら 男女2人ずつ分かれて ラブホに行くか?」

人家のない 暗い道の先には それらしき看板が出ている。
それもいたしかたないとは思うが
私たち4人は どの組み合わせにもカップルはない。
できれば それは避けたい。

しばらく走るうちに 彼女が1軒の宿を見つけてくれた。
彼女はその宿に電話し 今から4人を泊めてもらえるかを聞いた。

「食事は用意できないけど、泊めてくれるって」
「よかった! このまま夜通し走って帰らないといけないかと思ってた」

彼女と運転席の男は 宿までの道順を確認しあい
助手席の男と私は 黙って2人のやりとりを聞いていた。

カップルはない、と言うものの
微妙な間柄の2人はいた。
つまりこの黙りこんでいる2人。

だが その話を混ぜるとややこしくなるので ここでは省略。


やっと 1軒の小さな宿に着いた。
親切そうな宿の主人が 部屋へ案内してくれた。
当然ながら 男2人と女2人に分かれて 部屋を使う。
食事はなくても 風呂と布団があるだけで十分だった。

それぞれが風呂をすませ 明日の出発の時間を決めたら
あとは部屋に入って寝るだけになる。

彼女と2人きりで1部屋に泊まるという 思いもよらない展開に
私は極度に緊張した。

なんとなく
彼女も緊張しているように見えた。

濡れた髪をタオルで拭いながら
このまま布団に入って寝るだけだよな、と自分に確かめた。

「髪、乾かしてあげる」
彼女がそう言って 突然動いたので
私はビクッとした。



(こんな場面、あるある!という方は合いの手を)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

2012.12.06 Thu l 過去にあったこと l コメント (15) l top
うまく書けるかどうかわからないのですが
前回の続きです。


===

このままでは眠れないと感じましたが
布団にもぐり 無理にでも寝ようとしました。

これ以上 考えてはいけないという直感でした。


会おうと思えば いつでも会えるのに
離れたくないと思ってしまったのは なぜなのか。

友人が私を置いていったことも
送ってくれたのだから 当たり前なのに
取り残されてしまったという寂しさが起こるのは なぜなのか。


これ以上 考えてはダメだ。


100キロ離れた場所で用事を済ませた友人は
その帰り 私の家に来てくれました。

でも私は 玄関先まで来てくれた友人に
会おうとはしませんでした。
起き上がることすら できなかったのです。

友人は 留守だと思ったようで そのまま帰っていきました。

後で聞くと 前夜の私の様子があまりに変だったので
気になって家まで寄ってくれたそうです。

心配をかけたくないと言いながら
とんでもなく心配をさせていたわけです。


あのとき 100キロ先まで連れて行けばよかった、と
友人は笑いながら言いました。

私は逆に 連れて行ってもらわなくてよかった、と思いました。

100キロもずっと一緒にいたら
私は自分の気持ちに気づいてしまい
友人の前で はっきりと言葉に表していただろうと。

心の広い人だから 私が打ち明けてしまっても
友だちとしての関係は変わらないと想像するけれども
いつまでも友人の心の片隅に
打ち明けた内容が引っかかり続けるのは 本意ではありません。

その友人とは 真面目なネタから ものすごく馬鹿げたネタまで
どんなことでも笑い合える
そして 時には真剣にお互いを気遣って 思いやれるような関係です。

打ち明けなくてよかったと思っています。


私はとても臆病です。

好きになってしまった相手に おかしな態度を取って
迷惑や心配をかけることを恐れます。

また 好きだと打ち明けて それが相手の負担になるのは
誰も望まないでしょう。


でも 好きになることが 相手にとって迷惑だ、と思ったままだったら
ずっと1人でいるしかない。

「好きになってしまってすみません」という気持ちの続きで
時には
「でも好きになってしまったものは しゃーない」と
強引に開き直るくらいであっても いいかもしれません。




・・・
まあ 「しゃーない」ではすまされないことも多々あるのですが・・
それは 今、ここでは書かないでおきます。


===

前回の記事に いろんなご意見をいただきました。
ありがとうございます。
コメントへのお礼、もう少しお待ちください。



(何だかんだ言って 結局は惚れっぽいアルには変わりないのですが・・しゃーない)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

2012.11.13 Tue l 過去にあったこと l コメント (5) l top
「ノンケ女子に惚れてしまった私です」

こんな説明文に共感して このブログにたどり着いた人は
私と同じ気持ちになったことがあるでしょうか。

その、つまりですね・・
「好きになってしまってすみません」という気持ちです。


相手が異性でも 同性でも
人を好きになることは 悪いとは思っていません。
好きな人ができるのは 自分にとって幸せです。

ところが 100%、そう言い切れる自信があればいいのに
情けないことに その主張は持続性がない。
考え込んでしまうときがあります。

本当にこれでいいんだろうか?

今の私の気持ちは
私にとっての幸せであっても
相手にとって幸せと言えるんだろうか?

でも それを1人で考えていても
結論は出ないです。

相手に打ち明けてみなければ
相手にとって幸せなのかどうか はっきりした答えはありません。

ただ 打ち明けるという行為が
日常会話のように さらっとできるわけがない。
できれば 打ち明けないで
ずっと この人と一緒にいられればいいなぁと思ったりします。

だから 想像することで
相手にとって幸せなのかどうかを考えます。

私が搾り出した言葉を
受け取った相手は どう思うんだろう。

その想像は
ワクワクするような
もしくは 胸がキリキリと痛むような
いろんな感情を抱かせます。

でも
それはあくまでも想像です。

===

惚れっぽい私ですから
ノンケ女子に惚れてしまった過去は1つや2つではありません。
実際何人だったか、なんて 聞かないでくださいよ。

あるときは いちばん仲のいい友人を
好きになりました。

人を好きになるというのは こんなに簡単なのかな。
今思うと 本当に不思議な感じがします。

ほとんど毎日一緒にいて 遊んでばかりの友人で
それ以上の気持ちは何もなかったのに
突然 私の気持ちが変化しました。

ちょうどその頃 前に付き合っていた人のことで
うんざりするほど頭を使いすぎてしまい
心がくたびれていたのも きっかけの1つでした。

私がしんどい目に遭っていようが いまいが
友人は 相変わらず私と遊んでくれて
何の悩みもないように笑い合いました。

いちばん仲のいい友人であっても
心が弱っているのを見せたくはないし
いらぬ心配もかけたくない。
そんな思いから 隠すべきところは きっちり隠していたつもりです。
誰かに寄りかかりたいという欲求もないはずでした。


自分の感情が抑えきれなかったのか なんなのか。

友人が運転する車の助手席に座り
友人の言葉を聞き 友人の横顔を見ているうちに
私はなんだか 友人とはまったく違う 別の誰かと一緒にいるような気がしてきました。

奇妙な感覚でした。

ハンドルを操作する友人の手や
窓の外に見えている 深夜の暗闇の中の街頭の灯り
車内に流れるFMラジオの音楽までが
今までのそれと まったく別なものみたいに思えました。

友人は 私を家まで送ってくれていて
私を降ろした後には 別の用事で 100キロほど離れた場所に向かう予定でした。

家に着かなければいいのに、と思っただけでも変なのに
自宅の前に着いたとき 友人に向かって
私もその100キロ離れた場所へ連れてってくれと頼み込む私は
明らかに変でした。

私が突然 おかしなことを頼んだので
友人は驚いていました。
こんな夜中だし 帰るのも遅くなるよ、と友人は言いました。
私は それでもいいから乗せてほしいとしつこく頼みました。

友人はあきれたみたいで
運転は1人のほうが気が楽だから 1人で行くよ、と言って
私を残して走り去ってしまいました。

深夜に取り残された私は
心がざわついてしまい
きっと今夜は眠れないと感じました。





(何だかまとまりのない文章です。すみません。もう少し続きます)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

2012.11.12 Mon l 過去にあったこと l コメント (13) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。