上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
夢について 熱く語りました。

熱すぎました。

アルさん変態、と言われました。


Why not?


既に何人かの方から オフ会への参加表明をいただいております。
変態、と呼ばれるのを覚悟でご参加ください。

私の夢を変態呼ばわりしたあの人も
きっと参加してくださいますから。

---

「調和」

ここのところ 迷走することが多い。
何を迷っているんだろうな・・


私には 表と裏がある。

オモテの私は 毎日決まった時間に出勤し
フジタさんから引き継いだ、難しい仕事を前に
「こんなの、私には無理だ」と涙ぐみながら
パソコンのキーボードを叩いている。

家に帰れば ご飯を食べながら
親とさらっと世間話をする。
「いつまでも結婚しないで実家にいる」こと以外は
問題ありと言われることもなく過ごしている。

休日には 友だちと出かける。
その友だちは 私がブログ更新に明け暮れていることを知らない。

ウラの私は まずこのブログを書いている。
いろんな人の書いたブログを読んでいる。
「同性愛」というカテゴリーの。

選ばれた休日には 私と同じところにカテゴライズされる人たちと会う。
タチだのリバだの、細かい分類はあれど 基本は同じ。

そこで交わされるレズビアントークは
すべてウラの話。
そこで会う人たちに見せているのは ウラの私。

もちろん どちらも真実の私ではあるけれども
なんとなくウラの私は隠し通したい。

川にたとえれば
オモテの私は本流で ウラの私は支流。

このブログを訪れてくれる人たちも
同じように 表と裏を持っているんじゃないだろうか。
そして ウラの自分を隠さなければと思っているんじゃないだろうか。


もちろん1年前までは
私はほとんどをオモテ側で過ごしてきた。
ウラの私は ごく限られた人にしか見せないし
これからもずっとそうだと思う。

ただ最近 この表と裏の「調和」が崩れてきた気がする。

本流よりも支流の方が 流れが速くて、強い。

---

大阪万博のテーマは「人類の進歩と調和」

太陽の塔は すぐ近くで見ると あまりにも大きい。
そして 夜になると 太陽の塔の目は光っている。

太陽の塔を裏側から激写している2人の様子
私はなんでここにいるんだろう という錯覚を覚える。

新さんから「蛍を見に行きます」と連絡をもらい
「では私も」と、いそいそ出かけてきたけれども
蛍は本当にいるの?と心配になる。

蛍生息ゾーンを前に 長く続く人の行列に
「蛍より人のほうが多いんじゃない?」と常套句を言って
2人のご機嫌を伺った。

幸い 蛍は飛んでいた。
人の熱気がどよんどよんと重たくなる中で
我関せずといった感じで 蛍たちは求愛の光を発していた。

蛍がいて一安心した私は 今度は蛍でなく
2人を観察し始めた。

なるほどー。
こんな暗闇の中だから その手が本領発揮するのですね。
メモメモ。

蛍ゾーンを抜け出て 明るいところへ戻ってきてからも
私は観察を続けた。

2人はカップルに見えるのか否か。
答えは・・・

いずれにせよ 羨ましいのは
ウラもオモテもあるのだろうが
きっと調和が取れているのだということ。

ブレがない。

それに比べて 私は・・・

たとえば私に彼女と呼べる人がいたとして
それを私が「友だち」と呼ぶのだとしたら
それはオモテ側だけにとどめようとしているからで。

彼女を愛するということは
ウラだと思っていたけれども
実はこれがオモテなのかな?

2人を温かく見守っていると
そんなふうに思えてくる。


さて。
珍しくアルコール1滴もなしのお付き合いでした。

車まで歩くために あんな物騒な道をご案内してすみません。
私の背後で 2人で何を計画していたんですか?
「気絶させて」とか「引きずり込んで」とか「タチだし」とか
リアルに聞こえてましたよ。





万博公園を訪れるのは 初めてじゃないが
2人とここへ来た日
蛍を眺め
2人を観察した日を 刻もうと思う。




(ウラとオモテの調和が取れているという方。私にアドバイスを!)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



拍手コメントくださった・・・


★Gさんへ
フェリーの旅って結構いいと思いません?
まぁ 私の過去には手痛い思い出もある訳ですが。
でも夜 海上をすべる船に乗るのって
また経験したいな。


★ひろっちさん
ええー?
ひろっちさんもクルマ乗ってたんですねー
しかも買い替えですかー。
オフ会3つとも参加ご希望ですね!
「変態」仲間になりましょう!

2012.06.13 Wed l 今日思うこと l コメント (13) l top

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.06.13 Wed l . l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.06.13 Wed l . l 編集
No title
お久しぶりです。

オフ会良いですねー。
自分ドライブオフ会参加したいです。
関東近辺希望ですが。

車は詳しいわけでないのでくっついてく
ストーカーみたいにになっちゃうかも。

物事には見る方向で同じ事柄で
違った印象になりますよね。
存在はひとつのはずなのに。
最近痛感するようになりました。

また記事楽しみにしてます。
2012.06.14 Thu l チョッパー. URL l 編集
No title
オモテとウラ。
私もその二つの面のすき間を漂っている気がします。

> 本流よりも支流の方が 流れが早くて、強い。

この一文に、ハッとしました。
以前から、アルさんのお書きになる芯のある美しい日本語のファンですが、
何という表現力!
内容は全く同感なのですが、こんな言葉でそれが表現されるなんて。
改めて、ますますファンになりました☆
変態からの告白、受け取ってくださいますか?(笑)
2012.06.14 Thu l ご訪問者さま. URL l 編集
すみません。。。
うっかり名無しで投稿してしまいましたが、変態からの告白が名無しじゃ、
さぞ気持ち悪かろうと思いますので、
恥ずかしながら名乗り出ます。。。さっきのコメントは♪ねこ♪からでした。
失礼しました!(笑)
2012.06.14 Thu l ♪ねこ♪. URL l 編集
はじめまして。
はじめまして、こんばんは。
道、といいます。

偶然、ブログを拝見させていただいたのですが、とてもおもしろく、一気に過去まで
遡ってしまいました。

私事で大変恐縮ですが、最近ずっと
落ち込んでいたこともあり、
ずっとふさいでいたのですが、
なんだかとても元気をもらいましたので、
自己満足とは思いながらも、ひとこと、
「ありがとうございます」をつたえたく
コメントさせていただきました。

またお邪魔させてください*
ありがとうございました(^◇^)



2012.06.16 Sat l 道. URL l 編集
Re: No title
> 非公開hさん

コメントのお礼が遅くなりました。ごめんなさい。

> 私の本当の姿はウラにある。

この言葉が今の私には納得できます。
オモテとウラ、どちらも自分なのですが
いっそのこと逆転させてしまったほうが 手っ取り早い?

オフ会、やってみたいです。
hさんはどちらの方面ですか?
出張オフ会もありかと思います。

2012.06.17 Sun l アル. URL l 編集
Re: No title
> 非公開POさん


コメントのお礼がとんでもなく遅くなりました。すみません。

> 人と上手く付き合うためいくらかの我慢やマナーや遠慮や心遣いも必要だと思います。

なるほど。
いくらかの我慢は必要と。
自分を隠さなくていい集まりであっても 何らか隠さなければいけない要素はあって
そういう意味で 真にさらけ出せる場面ってなかなか無いです。

本当にさらけ出せる相手が見つかったとしたら
それは自分自身じゃないかなと思います。
でもそれじゃつまらないですよね。

私の抱えているコンプレックス・・コンプレックス・・・ってなんやろ?
今一番悩んでいるのは つまらないですが仕事ですねぇ・・
2012.06.17 Sun l アル. URL l 編集
Re: No title
> チョッパーさん

わー!チョッパーさんだ!
あれ?関東なんですか。遠いな・・

存在はひとつなのに 見る方向によって違う。
確かにそうです。
オセロのように くるっと裏返ったとたんに
こんなブログを書いたり読んだりできるんですから。
チョッパーさん、何かありましたか?
では後ほど・・・
2012.06.17 Sun l アル. URL l 編集
Re: すみません。。。
> ♪ねこ♪さん

私に熱く語ってくる、しかも「ファンです」なんて言う奇特な方は どなたかな?
とニヤニヤしていたら、ねこさんだったんですね。

告白をありがとうございます。
神棚にお供えしておきます。笑

オモテとウラの件で言うと ねこさんと私は似ているかと思いますよ。
私も隙間を漂っているのですから。
いったいどちらに漂着するんでしょうね。
2012.06.17 Sun l アル. URL l 編集
Re: はじめまして。
> 道さん

はじめまして。

私の書くブログは フルーツのように爽やかでもなく
熟成したワインのように濃厚でもなく
どちらかといえば 乾物というか のしいかというか なんですが
「おもしろい」と言ってもらえると 嬉しいです。

道さんの元気が少しでも取り戻せたようで
それも嬉しいことです。

コメントありがとうございます。またお越しください。

2012.06.17 Sun l アル. URL l 編集
No title
次のタイトルは「その先にアルもの」で決まりですね。

ところで私たちはカップルに見えましたでしょうか?
暗闇の中で発揮された「その手」が気になります。笑
確かにウラとオモテは存在しますけれど、
ウラがオモテ世界に顔を出したり、オモテがウラ世界に顔を出したりと、
境界線が段々と無くなってきた気がします。
私の生活環境ですと、隠して生活すること自体難しいですし
なにより隠す必要がないですから。笑

で、誰に失恋したんですか?
私という女がいながら、気が多い人ね!
2012.06.19 Tue l 頼. URL l 編集
Re: No title
> 頼さん

引率のアル田先生にはー
2人はかわいい生徒にしか見えませんよ。笑

いや、見えるでしょう!カップルに。
冷静に後ろから観察していましたが
あんなことやこんなこと、・・・
「その神の手」が、ですよ。

あら?私が気が多いこと 今、気づきました?
2012.06.22 Fri l アル. URL l 編集

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。