時々 自分の書いたブログを読み返して
誤字や脱字をちまちま修正しています。

あらためて読んでみて
なんじゃこらー、と反省することもあります。

少し前に 「酔って前後不覚」などと
人様に向かって失礼極まりない暴言を吐いたようです。

じゃあ 私は「酔って前後不覚」になったことがないのかというと
決してそういう訳ではありません。

人生で初めて前後不覚になったのは
あれは確か・・・(遠い目)

確か まだ(ピー)歳の頃だったかと思います。
数週間 地方の旅館に缶詰になっていたことがあるのですが
夜はわりと暇だったので 旅館の中にあるバーに夜な夜な通いました。

私は(ピー)歳だったのですが お酒は飲めたので
現地で知り合ったおじ様が ウイスキーボトルをキープしてくれました。

ある夜 大きなイベントが終わった開放感からか
そのボトルを結構な勢いで空けてしまいました。

ちゃんと覚えているのは 自分で水割りを作って
軽く空けてしまった 何杯目かのグラスの中の琥珀色。

次に断片的な記憶があるのは
洗面所の床の冷たさ。

その少し前には 自分の目で見ている景色が
ゆっくりと 縦から横になる映像。

どうやって自分の部屋に戻ったのか まったく覚えていませんが
次の日の朝 私は布団の中にいました。

人生で初めての二日酔い。

何も食べられず 飲めないまま
その日もやるべきことはあったので
生ける屍状態で どうにかやり遂げました。

その夜はさすがにバーには行かず。
前日の夜に しかばね予備軍の私が
ペンで自分の名前をぐりぐりと書いた空ボトルが
そこには残されていただろうに。

恥ずかしい。


そんな失敗は 一度で済ませたらよいものを
何度もやっているのです。

知人が日本酒専門の料理店をオープンさせたので
お祝いがてら食事しに行って
なぜか同行の友だち2人に両脇を抱えられて
家まで送られている自分とか

友だちとミナミで飲んだ挙句
あくまでも友だちのR(男)と
「気まぐれ猫のなんとか」に行こうとして はっと我に返る自分とか

出張帰りの新幹線に飛び乗る直前まで
現地の名物料理店で飲み食いをし
新幹線の中でも ボスに勧められるままに缶チューハイを飲み
翌日、まったく使い物にならない自分とか。

これを醜態と言わずして なんと言おうか。

ですが 人は学習するものです。
最近では こういう酔い方をしないで済むようになりました。

翌日に残るような飲み方はしなくなりました。
と言いますか できなくなりました。
臆病になったと言えるかもしれません。

先日も「アルさんも酔ったらいいのに」と言われましたが
臆病な私は なかなか踏み出せません。

最後に前後不覚になったのは数年前です。
そのことは また折を見てブログに書こうと思っています。

いや、ちょっと待て。

「アルさんも酔ったらいいのに」
であって
「前後不覚になるまで酔え」
と言われた訳じゃない。

次にお酒を飲む機会があれば
もう少し前向きに酔ってみようかと思います。

---

ジョギングなどのトレーニングを好むアルですので
アンダーウェアとしてボクサーパンツをはくことがあります。

ボクサーパンツがトレーニングに適しているかどうかはわかりませんが
とりあえず「やるぞー」という気持ちになります。

数日前もボクサーパンツをはいていました。
トレーニングの日じゃないけど 愛用中です。

職場のトイレで脱いだ時 まじまじと脱いだものを見ました。
あれ?

前身ごろの部分なんですが 生地に丸くかたどられた跡があり
その丸い跡が2つあるんです。

なんや、これ?

数週間前に購入して これまで数回は着用しているパンツ。
そろそろ気づいてもいい頃です。

そう、私は着用数回目にして初めて気づいたんです。

ずっと前後逆に はいていました。
どうりで変なところにマークがあるなぁと・・
品質表示マークが前にあったんですが それは後ろにあるのが正解。

だって わかりにくいんですもの。
前と後ろの布の面積はほぼ同じ。
どちらかといえば 前の方が生地多めかも。
初めてはく時に これが前、と思い込んでいたから・・・

こそこそとパンツを着脱し 前後を正しくはき直しました。

酔って前後不覚 どころか
パンツが前後不覚だわ。

前後逆でも違和感なく はけているなんて。
尻が平べったいということか。

勝負の時に 相手がこれを見たらどう思うだろうか。
まあ、前後が逆なんて気づきにくいだろうし
すぐに脱いでしまったら 全然わからないし

そもそも 勝負の時なんて もう今は絶えてしまっているのだし。

---

先週 このブログのメールフォームを通して
私に長いメールを送ってくださった人がいました。

メールの内容は 私の記事に対する感想とご意見でした。

丁寧に書かれたメール文のすべてが
私にとっては とても考えさせられ
ありがたかったです。

自分のアンダーウェアにおける前後不覚があまりに衝撃だったので
ついこんな記事を書いてしまいましたが
必ず返信を差し上げます。
もう少し時間をください。



(私と勝負したい方は ぜひご一報ください。足のプレイをお見せします)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
2012.06.07 Thu l 今日思うこと l コメント (12) l top

コメント

No title
酒は飲んでも飲まれるなですね笑
2012.06.07 Thu l ハーバードナンパスクール佐藤エイチ. URL l 編集
No title
前後不覚に酔ったアルさんの記事を、頼さんのところで読む・・・
それも、読者にとってはそそられる内容ではあるのですが(笑)

パンツの前後不覚は、勝負の翌朝、
前後不覚、しかも裏表も不覚という恐ろしい状態で目覚めたことがあります(笑)
いくら慌てても、暗闇で穿くものではありませんね。
前後が判りにくいアルさんのパンツには、
イチゴのアップリケをして差し上げましょう。
2012.06.07 Thu l ♪ねこ♪. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.06.07 Thu l . l 編集
No title
アルさんもお若かったんですね。
しかし、
『あくまでも友だちのR(男)と「気まぐれ猫のなんとか」に行こうとして はっと我に返る』
ことがあったなんて!ア、アルさん!!

私は若くない今でも、学習一つせずに前後不覚に酔っ払ってしまっています。
そして手厚く介護させるという…。
普段していることをしてもらうと、なぜか気持ちいいんですよね。
でも愛想をつかされないように気をつけます。

品質表示は基本的に左側か後ろについてますので、どうぞ気をつけてくださいね。
2012.06.07 Thu l ハル. URL l 編集
No title
私も酔っ払ってねんざをしたり、頬の骨が折れそうになったりと危ない目に遭っているのに学習能力がないようです笑

いいかげん懲りて少しは臆病になって酒が嫌いになるのを願っています(笑)
2012.06.08 Fri l 元気. URL l 編集
No title
酔っ払って前後不覚の時に
前後どころか裏返しにパンツを着用してしまうことなんて
しょっちゅうです。勝負の時に。

「気まぐれ猫のなんとか」ってもしかすると
「なんとかな子猫」ですね。笑
やんちゃなアルさん見てみたいなー。
アルさんが前向きな姿勢を見せてくださるのなら
私も後ろ向きに正気を保ちますのでご安心ください。
アルさん、勝負!!!
2012.06.08 Fri l 頼. URL l 編集
Re: No title
> ハーバード・・・(HN長すぎませんか?)

とてもまっとうなご意見をありがとうございます。
立つ鳥あとを濁さず、でお願いします。笑

2012.06.11 Mon l アル. URL l 編集
Re: No title
> ♪ねこ♪さん

なるほど、パンツ前後不覚は普通にありえることなんですね。
ちょっと安心しました。
勝負の翌朝、それはやはり穿きかえるのですか?

アップリケは、その・・あの・・お気持ちだけで・・
2012.06.11 Mon l アル. URL l 編集
Re: No title
> 非公開PUさん

はじめまして。
あ、いや、お久しぶりです。
ブログを始められたんですね。

私もそうなんですが、ブログを読んでいるだけだったときは
本当に周りにはこういった知り合いがいなくて
ブロガーさんのような人たちは いったいどこにいるんだろうか?と思っていました。

今、何人かのブロガーさんや読者さんたちとお会いできる機会に恵まれて
自分の思っていることをストレートに話せることを
とても嬉しく思っています。

PUさんにもそういった機会が訪れますように。

あ、そうそう、泥酔はほどほどに・・・笑
2012.06.11 Mon l アル. URL l 編集
Re: No title
> ハルさん

若かったなんて・・・う、まぁそうですね。
ひどいもんだなぁと自分で思います。
今はそんなことをしないかというと・・・そうですね、自信ありません。

ハルさんも前後不覚に酔うんですか?
バリフェムのハルさんですから
かわいらしく酔ってくれると信じていますが
どうしよう、この信頼を裏切られたら・・・

2012.06.11 Mon l アル. URL l 編集
Re: No title
> 元気さん

ど、どなたさまで?
頬の骨が折れるって どんな酔い方をされるのでしょう。
危険です。
酒を嫌いには・・・ならないと思いますよ。
2012.06.11 Mon l アル. URL l 編集
Re: No title
> 頼さん

う、頼さんまで・・・
たとえ裏返しでも 私は許します。うん、許す。
そこは彼女さんに正しく優しく穿きかえさせてもらってください。

頼さんの前では なかなか「やんちゃ」にはなれないと思いますが
いつかきっと清水の舞台から飛び降ります。
勝負です!
2012.06.11 Mon l アル. URL l 編集

コメントの投稿