いつもどおり仕事を終えてから 百貨店で果物を買い
その足で病院へ向かった。

教えられた部屋番号の病室の前に立ち
備え付けの消毒薬で念入りに手をぬぐった。


仕事でとてもお世話になっていた人が入院したと聞き
本当はすぐにでも見舞うべきだったが
きっと見舞い客が連日、訪れているだろうからと
タイミングを見計らっていたら すっかり遅くなってしまった。

扉をノックすると
お世話になっていた人の奥さんが開けてくださった。

病室に入ると その人はベッドで横になっていた。
私の顔を見て「よく来てくれた」と言ってくださった。

お見舞いに来るのが遅くなってしまいました、と詫びる私に
「仕事はどうだ? 異動になったと聞いたが、どんな調子だ?」と
矢継ぎ早に聞いて 私を驚かせた。

私は その人のおかげで今の仕事に就けたのだし
本当にいろいろと良くしていただいたのだけれども
その人にお世話になった人というのがたくさんいるわけで
その中の1人でしかない私の近況を 覚えてくださったというだけでも感嘆する。

その人は数年前に 定年で退職されたが
その後も乞われてずっと仕事を続けていた。

病室にはノートパソコンや仕事がらみの書類が置かれ
私が来る直前まで仕事をされていたようだ。

体のこともあるし もう少しゆっくり休んでほしいのに
相変わらず忙しいのですね、と私が言うと
「ありがたいことやね。仕事させてもらえるのは」と
いつもの鷹揚な調子で言われた。

ふだんから多忙にしている人だったから
病気で入院される前にも 何度か
「たまにはゆっくりされては いかがでしょう?」
と その人には言っていた。

そのたびに
「仕事させてもらえるのは、ありがたいことやねぇ」
と その人は言って笑っていた。

これを聞いて おおいに反省する。
自分の仕事の仕方の なんと消極的なことか。

この人のように
楽しんで仕事をすることができればいいと思う。


「薬で こんなに髪が抜けるんやー」
と 自分の頭に手をあてて 私に見せてくれた。

いや、前から薄めでしたから、あまりわからないですよ、
とは 口が裂けても言えないが
薬を飲んで数日後から 体がひどくつらい状態になると聞いている。

どうか 薬の副作用に負けないで
今回の入院も乗り切っていただきたい。


長居して 疲れが出てしまったら申し訳ないので
その後は少しだけ話をした。
短い時間だったが 奥さんともいろいろ話すことができた。

病室を出るときに 「また来ますね」と言ってしまった。
今回も 何度目かのお見舞いになるのだけれども。

また次も 見舞いに来て
「仕事させてもらえて ありがたいことやね」という言葉が聞けたらいい。
2012.05.17 Thu l 今日思うこと l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

No title
病床についてからも、なお「教えられる」存在。
そういう方とご縁をいただけたことも、「ありがたいこと」ですね☆

私も、以前の職場で可愛がってくださった男性の上司を見舞ったことがあります。
まだ定年まで数年残した彼が病に倒れたときには、もう手遅れだという診断でした。
旅立ちを待つ上司に、あべこべに激励の言葉を貰って、
思わず泣きそうになった涙を胸の奥にしまったのを覚えています。
病室を後にするとき「これが最後かもしれない」と思いましたが、
本当にそうなってしまいました。

アルさんが次に見舞ったときも、
どうかその方が、仕事をできる充実感を持ち続けていられますように。
そして、苦しみを伴う治療が早く終わり、病を乗り越えられますように。
2012.05.19 Sat l ♪ねこ♪. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.05.19 Sat l . l 編集
Re: No title
> ♪ねこ♪さん

ありがとうございます。
そして ねこさんの経験されたお話もありがとうございます。

上司はもうかれこれ3年、闘病を続けています。
入院、手術、投薬治療。もちろんその間も仕事を続けながら。
最初に入院されたときは 仕事の中心となる人だっただけに
職場は本当にバッタバタでした・・
ずっと元気でいてほしいと 願っています。
2012.05.20 Sun l アル. URL l 編集
Re: No title
> 非公開Sさん

コメントありがとうございます。
私もつい 仕事に対する基本姿勢を忘れがちです。
与えられた仕事をやっておけばいいや、と思ってしまいます。

上司を見舞うたびに
反省と、もっと頑張らねばという気持ちが沸き起こります。
日曜の夜に 「明日から仕事か・・」と嘆くより
「あれとこれとこれ、明日はこれだけやろう!」と
仕事の段取りを考えていたほうが気分がいいですよね。
Sさんのコメントを読んで、私も考えさせられました。

2012.05.20 Sun l アル. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gozen1ji.blog.fc2.com/tb.php/83-b64c79a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)