そもそもノンケ女子への告白は 危険がつきものです。

「女だけれども女が好き」と言えば
友だちでも離れていってしまうかもしれない。
どこかでその秘密が伝播されないとも限らない。

いや、カミングアウトはともかく そもそも「好き」の告白が成就する確率も低そう。

幸いイワシタさんは 突然の告白に動揺することもなく
(表面的には)何も変わらず友だちづきあいを続けられました。
妙な噂が立つこともなかった。

でも 私が思い切って打ち明けた言葉が
砂にまかれた水みたいに すぐに消えてしまったのが
なんだか物足りないような。

もう少し 波乱に満ちた告白劇になっても良かったのかな、と思ったり。

「好き」の告白がうんぬんの 確率の話ですが
日本における同性愛者数の比率は5%とする(とある方のブログより拝借)。

今 私の職場では約5000人が働いていて
おおざっぱ、かつ強引な計算ですが
そのうちの半分2500人が女性。

レズビアンな女子は なんと125人。
多い。
多すぎる。

これならどこか社内で会っているかもしれない、レズビアンな人と。
社内でレズビアンな人とお友だちになれるかもしれない。

自分を除く124人にマメにアタックすれば(するの?)、
3分の1の40人くらいは 私のアタックに応えてくれそう(待て)。
これはすごい。

でも ノンケな人は2375人もいるんですけどね。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
(↑クリックしてくださってありがとうございます。124人のうちの1人の方ですか?)
2011.11.25 Fri l 今日思うこと l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.11.25 Fri l . l 編集
Re: No title
> 非公開様

はじめまして。
初コメント、ありがとうございます。
運命の人・・・いたら嬉しいです。

ブログタイトルの由来ですか~?
そこ、突っ込まれると思いませんでした(汗)
私には嬉しい出来事が起こった時間なのですけど、
非公開様は最近、嬉しい出来事、何かありました?
また教えてくださいね~。コメントありがとうございました。
2011.11.26 Sat l アル. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gozen1ji.blog.fc2.com/tb.php/7-0bd51066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)