※この記事に出ている人物の名前はフィクションですが
 人物そのものはノンフィクション、起こった事実はほぼノンフィクションです
(敬称略)

---

頼子は軽やかな足取りで横断歩道を渡った。

今日は 頼子のブログを中心としたつながりで知り合った
女の子たちとのイベント(飲み会)がある。

それを楽しみにしているのは彼女1人だけではない。

歩行者用信号の青色が点滅し 3人の女の子たちがぱらぱらと走り出した。
頼子に追いついた ぷる子と新子とナモ子も
今日のイベントを数日前から心待ちにしていた。

待ち合わせ場所に着くと、そこには華やかな女の子の集団がいる。
すらっとした長身の女の子たち3人が にこやかに談笑していた。
日々、頼子が更新するブログを楽しみにしている女の子たちだ。


3人のうちの1人、まる子もブログを書いている。
まる子自身、初めて会う人ばかりで緊張しているけれども
実はまる子以外の女の子たちは皆、まる子のブログを読んでいる。

ふだん使いの言葉でありながら レズビアンブログとしては
とても深い部分に触れている まる子の文章と
初めて見る 彼女の慎ましい印象との違いに 誰もが驚いている。


みい子とまさ子も 浮き立った様子だった。
今日のイベントに集まるのは いったいどんな人たちなのか。 
全員がレズビアンというこのシチュエーションに心を躍らせていた。

風のようにやってきた頼子を見て 3人は思った。

「あ、ブログの写真のままだ」「新子さんもそのまま」


合流した7人は 一次会の店へ向かった。
一次会の開始から20分ほど遅れて来たのは なつ子だった。

なつ子もまた頼子のブログの読者である。
遅れて来たけれども お酒が入れば皆、同じ領域。
顔馴染みの新子とはもちろん、初対面のぷる子ともすぐに打ち解けている。

少し離れた席に ナモ子が座っていた。
なつ子はすぐに席を立ち ナモ子の横に座った。
こんなにアイドル顔の女の子なら 間近に見てみたいし声も聞いてみたい。


ぷる子は こじんまりとした店の中を見回した。
せっかくレズビアンが8人も集まっているのに
なぜか話す人の固まりが2つに分かれてしまっている。
このままだと話せない人も出てしまうのではないか。

「誰とでも話してみたい」というポジティブさが ぷる子の持ち味である。
だが、それを発揮しようにも 少し席が離れすぎている。
そこで ぷる子は言葉と目力を駆使し、
「頼子さん、まる子さんが暇そうにしてる!お相手!」などと指令を発した。


二次会の店では お酒が飲み放題となり 酒豪の女の子たちの腕が鳴った。
数分おきに出される アルコールのオーダー。
消費されるアルコールの量と比例して 声量の上がる嬌声。

そこへ 遅れてきたのはカノ子だった。
カノ子はナモ子の彼女である。

「flumpoolのボーカルに似てますね」

みい子がカノ子に言い、まさ子とまる子が「イケメン、イケメン」と口々に言った。

イケメンと言われるのは悪くない。
カノ子は飲みかけのグラスを手にしたまま 向かいに座っているみい子に目を向けた。
みい子は色白で 愁いを帯びた目をしている。
そっとしておくのではなく 何かを話しかけたくなるような雰囲気の女の子だ。

だが さっきから横でしきりに話しかけてくるヤカラがいる。
仕事は何をしてる、だの、どんな資格の勉強をしている、だの
そんな聞かれてもつまらないことを聞いてはメモを取ろうとしている。

せっかくのこの場で レズビアン共有の話題もあるだろうに いい加減うざい。
口直しではないが カノ子は自分の彼女のほうへ視線を向けた。


ナモ子は さっきからずっと視線を感じていた。
それもそのはずで さっきからまる子とみい子、まさ子がじっとナモ子を見つめている。

「ナモ子さんって 何をしてても可愛い・・・」

可愛いと言われるのは慣れている。
でも 慣れているようには見せないのが イケてる女子の腕の見せどころだ。

「そんなことないですよー」と言ってみる。
ふと カノ子と視線が合う。


「ナモ子は可愛いけどフェムじゃないもーん!」

頼子がナモ子に体当たりして フェムじゃない論を吹っかける。
ナモ子も爽やかに笑って それに応える。

ナモ子と笑い合いながら 頼子がテーブルの向こうを見ると
酔っているのかいないのか 1人のオヤジが 
みい子とまさ子に
自分の二の腕を触らせて ニヤニヤしている。

頼子は そのオヤジになんとなく見覚えがあるような気がした。
2,3回、飲み会で会ったことがあるように思える。

隣りにいたナモ子を肘でつついた。

「あれ、何?」

ナモ子も その方向を見た。そしてあきれた。
あのオヤジ、草食系のような顔をして 肉食系の振る舞いではないか。
みい子さんもまさ子さんも そのオヤジにだまされてるよ。

よく見れば それはオヤジではなくて1人の女だった。


まさ子は みい子とは友だちどうしだが それ以外の女の子とは初対面だった。
こういう場では 女の子たちの恋愛話を聞いてみたい。
まさ子は まる子やカノ子の恋愛話を聞いた。
そして 自分の恋愛話も話した。

これだけレズビアンが集まっているのだから
女の子が女の子を好きになる話は 珍しいことでもなんでもなく
話の焦点は 対象がどうということよりも
その恋愛の過程や 重さ、深さなどに当てられた。
みい子の「恋愛感情よりも 人として好きになる」という言葉が強く残った。


あっという間に閉店時間になった。
9人のうち3人が帰ることになり ぷる子と新子、ナモ子が3人を駅まで送った。
頼子とカノ子とまる子は 3人でがっしりと腕を組み
夜の街へと消えていった。


「とっても楽しかったねー」

電車に乗ったまさ子はみい子と 今日の出来事について話した。
まだ興奮が収まらないようだった。
なつ子もまた同じだった。

「頼さんたちは 本当に正直で純粋なんです」

なつ子が何気なく言ったのは
ブログを長く読んでいる人の大切な言葉。



(そして またアルは旅に出ます)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ




拍手コメントくださった・・・


★Hさんへ
やはりそうですよね。
会いたくなりますよね。
私に会っても Hさんにとって楽しいかどうか微妙ですが
一緒に踊るのはOKですよ。

但し、私が踊るのは 9等分されたパネル上だけです。
ええ、手加減なしですよ。もちろん。
2012.03.23 Fri l 今日思うこと l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

No title
アルさん、この間はありがとうございました。
飲み過ぎて所々記憶がないのですが、この記事を読んで鮮明に思い出しました。笑
客観的に見るとなんか面白いですね。

ブログの紹介もしていただいてありがとうございます!
アルさんブログに自分が登場する日がくるなんて…。嬉しいです。
また次回お会い出来るのを楽しみにしています!
2012.03.25 Sun l まる. URL l 編集
No title
ほんと、自分が登場しているなんて変な感じですねw
アルさんにも私のアイドル好きがすっかりばれてしまっているようですね。
アルさんはどういう方が好みなんでしょう。
アルさんの思考回路に興味津々です。
次はアルさんの隣を予約させてください。
2012.03.25 Sun l きよ. URL l 編集
なんなんですかこれー。
笑えました。
でも、なんか信憑性があるというか、、、。
さすがですね。
出演できて光栄です!!笑
2012.03.25 Sun l Sポン. URL l 編集
Re: No title
> まるさん

先日はありがとうございました。
記憶がないの?
まるさん、最後までしっかりしてましたよ。
一緒にカラオケに行けなかったのが残念です。
また会いましょうねー
2012.03.26 Mon l アル. URL l 編集
Re: No title
> きよさん

バレバレですが?笑

いろいろ小説風に書いてはみたのですが
皆さんの心境はあくまで想像するしかないので
いまひとつすっきりしないんですよねー
アイドルの隣に座ったときの きよさんの心境とか。

私の隣、予約OKです。
反対側にナモさん座らせますよ。
さぁ、どうします?イジワル
2012.03.27 Tue l アル. URL l 編集
遅ればせながら先日は楽しい時間をありがとうございました。

それにしても、なんと詳細な…
欠落した記憶がやや蘇ってきました。
ていうか、アルさん何で空気扱いなんすか!
何で頭数に入ってないんすか!
また、いなかったことにする気ですね。笑
そうはいかないんだから。

あの、それで、ですね、例のグミ食べ…ました…か??笑
2012.03.27 Tue l ナモ. URL l 編集
Re: タイトルなし
> Sポンさん

Sポン?Sさん?まさみさん?

笑っていただけて何よりです。
ブログを書いててよかったーと思います。
そのおかげで皆さんとお会いすることもできましたし。

あとはやっぱりアレですね。
ラブ!ですかね・・・
アルにとってラブ!とは??
Sポンさん、また来てくださいね!
2012.03.27 Tue l アル. URL l 編集
Re: タイトルなし
> ナモさん

ん?あの飲み会にアルなんていましたっけ?
それは座敷わらしか、ただのスケベなオヤジですよ。

昆虫が苦手な私になんちゅうプレゼントを・・・
しかもあの、バラバラぶりは・・・
でも 皆さんの気持ち、嬉しく頂戴しました。
家に持ち帰って 正しいお姿に再生するのに1時間はかかりましたよ。
再生するのに 手間取り 食べたかどうかは・・・
2012.03.27 Tue l アル. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gozen1ji.blog.fc2.com/tb.php/64-3b12a72f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)