前々回の記事「時間をかけて回顧する」に対して
たくさんのコメントや拍手をいただきました。

それなのに お礼もそこそこに旅に出てしまい
大変失礼いたしました。

コメント、拍手、クリックをくださった皆さん。
また、何の気なしにでも立ち寄られて 読んでくださった皆さん。
どうもありがとうございます。

「お疲れ様でした」と言ってもらえて 身もだえしました。
いや、ほんまに。


旅行から帰ってきて 今、体が筋肉痛です。

---

私が過去にやってしまったことの回想を読まれて
どうやら何人かの方にも思うところがあるようで
いただいたコメントを読む私のほうが
貴重なお話を聞かせてもらったという気持ちです。


コメントへのお礼で また1つの記事にさせてください。
せっかくですから 何人かの方のコメントも
少し短いバージョンに変えさせてもらって ここに書いてみます。
もし不都合がありましたら ご連絡ください。

非公開コメントと拍手コメントをくださった方のお名前はイニシャルで。


★拍手コメントのSさん
「貴女の不器用さ、人柄、優しさ…応援したくなります。」

はじめまして。
・・・って、もしかして、潤さんのブログに登場されてたSさんですか!?
ということは あの○○○というブログを書かれているSさんですか!!
お元気でしょうか?ちゃんと挨拶もせずすみません・・でも 応援はありがたく頂戴します。
私は自分では器用と思ってるんですが 不器用・・に見えますか・・?反省します。


★ぷるさん
「とても大切な友達、そしてとても好きな女性。
相手の自分に対する失意故にその一人を失ったときの後悔・罪悪感。」

「もしかしたら相手は過去のことなんかもう気にしていないかもしれない。
今は幸せに暮らしているんだから。
もしかしたら相手は自分と普通の関係に戻ってもいいと思ってくれているかもしれない。
こうしてまた連絡もとれるようになったんだから。
...そんな都合の良い事を一人で考えてみても、やはり会えないものなんですよね。」

ぷるさん・・言葉足らずな私を補う代弁、ありがとうございます。

ぷるさんは 友人や恋人に対しての接し方が誠実だと思うので
過去に同じような経験をされたと聞いて
新たにぷるさんの一面を見たような気がします。
また、ぷるさんの人となりを想像中・・
そのうち ネコ市ネコ町に住民票を移されるのでは?とも想像中。
ぷるさんの写真ワザは 匠レベルです。


★璃子さん
「・・持って行き場のない気持ちのありようで日々悩みます。
相手には決して伝えられないなと思います。」

伝えた瞬間から 2人の間の空気が変わってしまうと知ってるから
日々悩むという璃子さんの気持ちが 私にもよく分かります。

「でもひとつ気になったこと。アルさんも謎の多い人なのですか?
わたしの相手も謎が多いんです。それってもしかして・・・」

うーん、どうなんでしょ?
カミングアウトしていない女性は 既にもうその時点で謎めいて見えますよね。


★非公開Mさん
「私は、その時の色んな感情に押しつぶされそうになるんです。
きっと、自分の行為とかが許せないからなのかな~と思います。」

このままじゃダメだ、何とかしなければ、って思うことは私もよくあります。
でも私は しばらくすると「ま、いいや」と自分を甘やかしてしまいます。
Mさんは甘やかすことなく 自分を厳しく律する方なのでしょうか?
前回いただいたコメントを読んで そう思いました。
頑張りましょう!でもたまには ゆるゆるもいいですよ!


★拍手コメントのHさん

拍手コメントって うっかりEnter押すと切れますよね。笑
救われる、なんて そんなこと言っちゃって大丈夫ですか?
私の失敗談を読んで 一緒にどつぼにはまるかもしれませんぜ。


★頼さん
「アルさんは仙人だと思っていましたので
こんなに人間らしい一面を見せてくれるとは思いませんでした。笑 」

ええ、早く人間になりたいんです。

「過去の出来事について謝罪したいけどエゴかもしれない、
という経験は自分にもあります。
現在のアルさんがとても誠意を持って接していらっしゃることは
お相手の方に伝わっているのではないでしょうか。 」

頼さんのこの言葉が とても嬉しいです。
本当は スカッと忘れてくれてるほうがいいのかもしれないですが
アキさんが私のウソをすべて見抜いていて
穏やかに私との簡素な付き合いを続けてくれるなら
それはそれで自分で納得できます。
頼さんの過去にも そんな経験が?できればお酒の席で。


★拍手コメントのYさん

ありがとうございます!


★拍手コメントのAさん

はじめまして。そしてありがとうございます。
誠実・・誠実・・そんなふうに言われると 調子に乗りますよ。
これからも読んでくださるんですね。ありがとうございます!


★非公開Sさん
「葛藤をうまく整理できないって、みんなそうですよ。きっと。。。」

年相応には 自分の心の中で整理できてるって思いたいですが
まだまだできないことが多すぎますねぇ。

「おつかれさまでした!!疲れ、癒してくださいね。」

ありがとうございます。
いつもSさんからもらうコメントで癒されています。


★Bachiさん
「すごく時間をかけてブログを更新していることがわかり、まめに更新されていて大変なのだろうと思います。」

はじめまして。
ありがとうございます。かける時間は確かに長すぎです。
今日の記事も ここまで書くのに かれこれ3時間・・・

「ひとつ気になるのが、「別れる時」の続きを待ってひと月、どうなったのかなと・・・。」

はう・・
すすす、すみません!
もうしばらくお待ちください。m(_ _)m


★ライさん
「いつか、本当に会える日がきたら、きっと自然に謝れる…と思います
私はそうでした」

ライさんの過去にあったことが気になります。
今、現在のライさんのことも 今後の展開が気になっていますが。笑


★♪ねこ♪さん
「私も・・・想いを告げて、友達としての立場すら失ってしまうくらいなら、
言わないほうがいいと、どれだけ胸のうちにしまってきたことでしょう。
アルさんが綴った言葉たちが、自分の過去の様々な切ない感情を思い出させてくれました。」

私の書いたことで 過去にあった出来事を思い起こされた人がいらっしゃったみたいですが
それでよかったのかな?と気になります。
私の書くことが ノンケ女子を好きになって悩んでいる方たちの
滞ってしまっている気持ちを軽くする一助となれば 一番いいんですけど。


★非公開さま

ご訪問ありがとうございます。
こちらこそ 読んでもらえて嬉しいです。


★suiさん
「常に揺れ動く「期待」と「不安」のバランス…
不安で押しつぶされそうになった時、思わずとってしまった自分の行いを
後悔する気持ち、私も痛いほど身に覚えがあります。」

suiさんの過去にいったい何が・・・
でも 自分の行動を後悔することで
次に会う人には誠意をもって接しようという気持ちを
自然に持つことができると思います。

・・で、話は変わりますが suiさん。
彼女さんとのラブラブっぷりが気になるのですが。


★非公開Rさん
「昨夜は携帯から、そして今夜はパソコンから読ませて頂きました。
切なすぎます・・・。」

そ、そんなに読んでくださってるんですか!?
嬉しいですね。

「アキさんにはアルさんの誠実さは伝わっていると思います。」

そう言っていただけると 私の心の重さが幾分軽くなります。
実際のところ アキさんはどう思っているんだろう・・
やっぱりアキさんに会いたいなぁ。


★ヨコさん
「やっぱり
読むと、色々丁寧に書かれてるんだなあと思いました。
言葉の選び方がひとつひとつ丁寧。」

読んでくださってありがとうございます。
私は 「さらっと書いて さらりと更新」派にあこがれます。
絵や写真もそうですが こねくりまわさず
その人のセンスで ちゃっちゃと物を産み出すことができる人が羨ましい・・・

実は ブログを始めた頃 ヨコさんのブログを参考にさせていただきました。
「その1、その2はこちら」というような案内の仕方です。
ヨコさんの文章の読みやすさは推敲の賜物と思ってたんですが・・・(笑)


★慧(kei)さん
「私は、離れたっきりもう何年も、10年以上も連絡を取っていない人もいます。
一度すごく近づいてしまった人とまた「普通の友達」の距離に戻れるほど、器用ではなかったからです。
いつか、向かい合ってまた話せる日が来ればいいなと思います。」

本当にそうですね。
いつか 話せるようになればいいなと。
無理に会う訳でなく 自然と再会して 自然と会話が始まれば
過去にあったことへの後悔の固まりも 少しずつ小さくなるのではと思います。

クルマの記事からのkeiさんですね。同じHNの方と混同してしまいました。
---

皆さん、本当にどうもありがとうございました。
皆さんのおかげで 記事が1つできました。

ところで 冒頭で筋肉痛と言いましたが
体には部分的に アザなんかもできています。
でも スキーやボードというわけではないですからね。

また明日からもよろしくお願いします。



(筋肉痛って もしや?と妄想した方いますね?)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ





2012.02.29 Wed l 今日思うこと l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.02.29 Wed l . l 編集
Re: No title
> 非公開Sさん

記事にしてしまって 大丈夫かなって心配でしたが
嬉しいと言ってもらえてよかったです。

昔のこと。逆パターンですね。笑
人気者なんて そんな!
きっと今は 私のような佃煮というか珍味というか
取り上げるのがおもしろいだけですよ。

ありがとうございます。
旅の疲れというか、寝不足ではありますが
体は元気です!
Sさんも風邪などに気をつけてくださいね。
2012.02.29 Wed l アル. URL l 編集
今回はどんな記事だろうと覗いてビックリ!

初っぱなから自分が登場ですからね。

やっぱりそうでした。
潤さんトコにいらっしゃったあのアルさんだったのですね。

HNが一緒でしたので、もしかしてと思いピンポンダッシュをしておりました。


その節は一読者でしかならない私の体を気遣って下さるコメントに、感激いたしました。

やはり、人気ブロガーさんは何処か違いますね。

またお邪魔させてもらいます。
2012.03.01 Thu l サラ. URL l 編集
ハイ! 図星☆
筋肉痛に、アザ・・・もちろん、もしやと思いましたよ(笑)

> それでよかったのかな?

「よかった」と、少なくとも私は思います。
ココロの奥底に仕舞いこんでフタをして、鍵までかけた切ない想いは、
取り出して甘い追憶にひたれるような、熟成された初恋の思い出とは違うような気がします。
遠い昔のことなのに、取り出してみると、生傷のままです。
だからこそ、取り出して、大人になった自分があらためて咀嚼して消化したり、
想いを昇華させたりする作業が必要なのだと思います。
自分が、その頃の自分を受け止めることさえできれば、
想いは成就しなくても、昇華できる。
そうすれば、ココロの奥底は少し軽くなる。
そう思っています。

> 滞ってしまっている気持ちを軽くする一助となれば 一番いいんですけど。

アルさんの紡ぎだす真摯な言葉は、心にひとつひとつ染み入ります。
だから、滞ったココロに沈んだ澱が浮かび上がり、流れ、動き出します。
追憶にも、断捨離が必要なときがあるものです。
アルさんの言葉は、古い思い出に貼られたインデックスに直接働きかけてくれる、
大切な言葉だと思っていますよ☆
2012.03.01 Thu l ♪ねこ♪. URL l 編集
Re: タイトルなし
> サラさん

お元気そうでなによりです。
潤さんのブログに毎日のように足を運び、コメントを送って
潤さんからレスをもらっては 癒されていました。
私は時々、彼女のことを「超絶ブロガーさん」と呼んでいます。
潤さんの引き際は格好良くて 惚れました。

私が人気ブロガーなのではなく、思いがけず会うことのできた人気ブロガーさんたちのおかげで
今、ブログ村のランキングをウロウロしてるだけですよ。
もうネタが尽きかけてきましたし・・・
サラさん、ピンポンダッシュでも構いませんので、またお越しくださいね。
2012.03.01 Thu l アル. URL l 編集
Re: ハイ! 図星☆
> ♪ねこ♪さん

想いを昇華する作業ですか。なるほど。
そのように言われると ブログに自分のことを書いていくのは
まさに昇華する作業ですね。

読んでくださる皆さんが 想いを取り出して
重たかったものを下ろして 軽くなってくれるなら
私がつらつらとお経のように書いている この文章も
役に立ってるかもしれませんね。

いつもコメントありがとうございます。またどうぞ!
2012.03.01 Thu l アル. URL l 編集
No title
アルさん こんにちは。
気持ちを分かってくださってうれしいです。
彼女は謎めいていますが
やはりノンケなんだろうな・・・と思います。
彼氏がいるのかもしれません。
気持ちを伝えずに良い同僚として
接していきたいなと思っています。

切ないけど頑張ります。
2012.03.03 Sat l 璃子. URL l 編集
Re: No title
> 璃子さん

こんにちは。
わかりますよー。
思い返せば 気持ちを伝えられるより
気持ちを押さえ込んで 1人で抱え込んでしまったことのほうが
断然多いですから!

ある程度 自分の傾向がわかってきたら
たとえ 「いいな」と思う相手がいても
「これは好きな芸能人」みたいな感覚で
想いを正当化(というか、ごまかしか?)するような芸当もできるようになりました。

「良き同僚として」
仕事上で いい同僚にめぐり合えるのは幸せですね。
私にも「良き同僚」がいます。先輩かな?
またその話も書きたいと思っています。
璃子さん、またお越しくださいね。
2012.03.03 Sat l アル. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gozen1ji.blog.fc2.com/tb.php/56-174780bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)