これまで 好きになった人は ノンケ女子ばかりです。

いわゆる「一目惚れ」は したことがないです。
友だちづきあい、仕事上でのつきあいを続けていて
気付いたら好きになっていたというパターンが多いです。

気付いてしまったら 1人でじっくりと苦痛を味わいます。

友だち(あるいは仕事上の知り合い)を好きになってしまった。
こんな気持ちを相手に打ち明けたら どうなるのか?
気持ちに応えてもらえないどころか
今の関係すら崩れるかもしれない。
それなら 黙って1人で抱え込んでいたほうがいい。
でも 自分の中で 膨れ上がってくる思いを制御できない・・・

この 苦痛を味わっている状態が 周りの人から見ると謎に見えるらしく
「アルはいったい 誰を好きになって悩んでいるのか?」と つつかれます。

これがもし まさに今、好きである人からつつかれたのだとしたら・・・
「飲みに行こう。あなたの悩みを聞いてあげるから」などと誘われたりしたら・・・

もう既に 私は敵の術中です。
まさに今、好きである人と2人きりになり
適度にお酒も入り 緊張もほぐれて 言葉が滑らかになる頃
私はぽつぽつと話し始めます。
「実は 私が好きな人っていうのは・・・」

いいえ、術中にあるのは私でなく 相手のほうです。
こういうシチュエーションになると もう私の独擅場です。

実は 私が好きになるのは女性であって
今も 好きという思いを消すことができないでいる。
この思いの向かっていく先は あなただ、と。

これまで何度か ノンケ女子(女性が恋愛対象とならない女性)に
思いを告げてきたのだけれども
幸いなことに 激しく拒絶されるという つらい経験はせずに済んできました。

ただ 当然のことながら 成就することはほとんどありません。
そして私も 成就することなどないと思っています。

だから 常に逃げ道を作っておこうとする癖があるのです。
それは とてもずるいことだと自分でも思います。


アキさんに対して 私がしたことは とても無礼で
あの時の自分の卑怯な行為を 今でも後悔しています。

---

アキさんとは スポーツをする地域のサークルで出会いました。
週に1回 体育館で練習をする 趣味の延長のようなサークルです。
アキさんと私は そのスポーツを始めた時期が同じだったので
ほぼ毎週 一緒にコンビを組んで練習しました。

3つ年上で 落ち着いた性格。
絵を描くのが上手で 私の誕生日にはアキさんが描いた画集をくれました。
クルマがどうとかいう アキさんにとっては興味ないだろう 私の話を
嫌がることなく 穏やかに聞いてくれるような人でした。

出会って しばらくしてから
私は自分の気持ちに気付きました。
そしてアキさんは 私の謎の部分に興味を持ったようでした。

この展開は あまりよくない。
私の気持ちが アキさんに伝わってしまったら 具合が悪い。
だから 黙っておこう。

でも 黙っていようとすればするほど
自分の言葉と行動が どんどん不思議なものになっていったみたいです。
アキさんからすれば それをつつきたくなったのではないかと。

練習を終えての帰り道などで アキさんは
「あなたが今まで好きだった人は どんな人なの?」
と聞いてきました。
ある部分だけを隠して 私は こんな人を好きだったと話しました。
私もアキさんが 以前好きだった人の話を聞きました。
偶然にも 2人が好きだった人の名前が同じで(性別は違いますが)
アキさんと私は何か縁があるのかも…とまで思いました。

そんな状態が長く続きすぎてしまったため
私は 身動きが取れずにいました。
アキさんに打ち明けたいという気持ちを 抑えられなくなりました。

そして ついに アキさんの前で 私は自分の思いをさらけ出しました。
アキさんは とても驚いていました。
驚いてはいたけれども イエスともノーとも言わず
静かに受け止めてくれたように 私には見えました。

打ち明けても このまま 友だちの関係は続けられたと思います。
それはアキさんが 柔軟な心の持ち主だったから。
でも アキさんを見つめているうちに
もしかしたらアキさんは イエスと言おうとしているのでは、と
私は勝手に妄想し始めました。

アキさんが私と2人きりの時間を これまでより多く作ろうとするからです。
期待する反面 怯えました。

怖くなって とうとうアキさんに 卑怯な嘘を言いました。
この前 打ち明けたことは 全部ウソだ、と言ったのです。

ふだん 怒ったことのないアキさんは
私の卑怯な嘘を聞いて 静かだったけれども
心の中で激怒したのだと思います。

週1回の練習に来なくなり
私がそれまでにアキさんにあげた物は 全部返されました。

自分がしてしまったことに 震えました。
そして ここまでいってしまったら
もう取り返しがつかないのだと 痛感しました。

好きになったのなら 好きなんですと打ち明けて
相手に誠意をもって 接しているだけでよかった。

好きだといったのはウソだ、なんて言ってしまったから
余計にこじれてしまった。

それから アキさんとは会うことがなくなり
友だちを1人なくしてしまった 自分の無礼な行為を悔やみました。


何年かたった頃 アキさんから年賀状をもらい
彼女が結婚して 二児のお母さんとなっていることを知り
なんだか とてもほっとしたのを思い出します。

アキさんとの年賀状のやり取りは 今も続いています。
もう彼女は忘れているのかもしれないけれども
謝罪したい気持ちはあります。

ただ 過去の話を引っ張り出して
彼女を不快にさせたくないのも事実です。

毎年、「今年こそは会いたいですね」などと年賀状に書きながら
なかなか会いに行けないのは
私の中の葛藤を 自分でうまく整理できない
不甲斐なさのせいです。

年齢を重ねても
未だに できていないことが多いです。

---

私がいつも読ませていただいている ヨコさんのブログ
他のブロガーの皆さんが それほど時間をかけずに
さらっとスマートに記事をアップされているという事実を知りました。

それに比べて このブログは時間がかかりすぎています。
言葉がほとばしるように 一息に書けたらいいのになー。

今日この記事にかけた時間は 約3時間です。



(お疲れ様と言ってもらえたら 嬉しさに身もだえします)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ


2012.02.23 Thu l 過去にあったこと l コメント (18) トラックバック (0) l top

コメント

アルさん、お疲れ様でした。
一文字一文字丁寧に拝読しました。
静かながらも力強い本日の文章から、スペースの位置さえアルさんの推敲のほとばしりを感じました。

とても大切な友達、そしてとても好きな女性。
相手の自分に対する失意故にその一人を失ったときの後悔・罪悪感。
経緯は違えどわたくしも過去に一度経験したことがあるので、今回の記事は他人事とは思えない気持ちで読み終えました。

今お二人には年賀状のやりとりがあるということで少しほっとしました。

「ただ過去の話を引っ張り出して彼女を不快にさせたくないのも事実」

本当にそうですよね。
もしかしたら相手は過去のことなんかもう気にしていないかもしれない。今は幸せに暮らしているんだから。
もしかしたら相手は自分と普通の関係に戻ってもいいと思ってくれているかもしれない。こうしてまた連絡もとれるようになったんだから。

...そんな都合の良い事を一人で考えてみても、やはり会えないものなんですよね。

ちなみにこのコメントの所要時間は20分です(笑)わたくしは記事を書くより、写真選びと写真の色補正などに つい時間をかけすぎてしまいます。
2012.02.23 Thu l ぷる. URL l 編集
よく分かります
アルさんお疲れ様でした。
たくさん時間をかけて書かれた文章は
熟成に時間をかけたワインみたいにすてきです。
わたしはほとんど時間をかけずに
感情がほとばしるままに文を書きます。
そういうのはよくないと自分でも思います。

わたしもノンケ女子に惹かれているので
持って行き場のない気持ちのありようで日々悩みます。
相手には決して伝えられないなと思います。
でもひとつ気になったこと。
アルさんも謎の多い人なのですか?
わたしの相手も謎が多いんです。
それってもしかして・・・

もう一つ今アルさんがアキさんと年賀状をやりとりしてるということよかったなと思いました。
年齢を重ねても気持ちの整理はいつも難しいです。
2012.02.23 Thu l 璃子. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.02.23 Thu l . l 編集
No title
この濃さ。ウェルチですね。
これだけの内容と文章量を3時間で書けるブロガーが
果たしてどれだけ存在するでしょう。
アルさんは仙人だと思っていましたので
こんなに人間らしい一面を見せてくれるとは思いませんでした。笑
ぐっと引き込まれました。
過去の出来事について謝罪したいけどエゴかもしれない、
という経験は自分にもあります。
現在のアルさんがとても誠意を持って接していらっしゃることは
お相手の方に伝わっているのではないでしょうか。

お疲れさまでした。
2012.02.23 Thu l 頼. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.02.23 Thu l . l 編集
読まさせていただいてます
はじめまして。いつも読まさせていただいてます。
すごく時間をかけてブログを更新していることがわかり、まめに更新されていて大変なのだろうと思います。
ひとつ気になるのが、「別れる時」の続きを待ってひと月、どうなったのかなと・・・。
よろしくお願いします。
2012.02.23 Thu l Bachi. URL l 編集
お疲れちゃんです!

過去の事に対する謝罪というのは、難しいものですよね…
でも、時間が関係を修復してくれる事もあります
いつか、本当に会える日がきたら、きっと自然に謝れる…と思います
私はそうでした
2012.02.23 Thu l ライ. URL l 編集
時間
過去を振り返る記事は、たしかに、とても時間がかかりますよね。
過去の感情や行動を振り返ることは、自分自身とがっつり向き合うことになりますもんね。
それはとても大切な作業ですが、時にはとても過酷な作業でもありますよね。
それを言葉に紡いで、こうやって記事になさることの大変さ、そして大切さが
とても身にしみます。

私も・・・想いを告げて、友達としての立場すら失ってしまうくらいなら、
言わないほうがいいと、どれだけ胸のうちにしまってきたことでしょう。
アルさんが綴った言葉たちが、自分の過去の様々な切ない感情を思い出させてくれました。

アルさんの書く言葉たち、好きですよ♪
更新、楽しみにしています☆
2012.02.23 Thu l ♪ねこ♪. URL l 編集
No title
いつも大切に読まさしてもらってます。

ありがとうございます。
お疲れさまです。
2012.02.23 Thu l ご訪問者さま. URL l 編集
No title
大切な想いを一言一言、ていねいに紡いだアルさんの文章は
いつも抵抗なく心に染み込んできます。
今回の内容を読み終えた後、苦い痛みを感じながら
それぞれの追憶にふける人も少なくないのではないでしょうか。

常に揺れ動く「期待」と「不安」のバランス…
不安で押しつぶされそうになった時、思わずとってしまった自分の行いを
後悔する気持ち、私も痛いほど身に覚えがあります。

執筆にさぞエネルギーが要ったことと思います。
お疲れさまでした。
2012.02.24 Fri l sui. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.02.24 Fri l . l 編集
やっぱり
読むと、色々丁寧に書かれてるんだなあと思いました。
言葉の選び方がひとつひとつ丁寧。

そんなことに目を向けさせてもらう機会になったので、
コメント本当に感謝でした!
2012.02.27 Mon l ヨコ. URL l 編集
No title
車の記事で初めてコメントさせて頂いたkeiです。
(車の記事が本当に初めましてですよー)

自分のことをいろいろ思い出しながら、
ゆっくり読ませて頂きました。

年賀状のやりとりがあるのですね
なんだか、安心というか、よかったなと思います。
言葉にならなくても、伝わっている思いはあると思います。
時の流れが解決してくれることもきっとあると思います。

私は、離れたっきりもう何年も、10年以上も連絡を取っていない人もいます。
一度すごく近づいてしまった人とまた「普通の友達」の距離に戻れるほど、器用ではなかったからです。
いつか、向かい合ってまた話せる日が来ればいいなと思います。

1年に1通の年賀状も、きっと前に進む一歩です。

記事、お疲れ様でした。
2012.02.28 Tue l 慧(kei). URL l 編集
ありがとうございます。
たくさんのコメントや拍手、クリックなど、ありがとうございました。
お礼を1つの記事にまとめさせていただきました。
「コメントへのお礼(私を身もだえさせた皆様へ)」2月29日記事をご覧いただければ幸いです。
2012.02.29 Wed l アル. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.03.02 Fri l . l 編集
Re: No title
> 非公開Pさん

はじめまして。
ここにレスして 読んで下さったらいいのですが…
ご丁寧なコメントをありがとうございます。嬉しいです。

10年もの間、後悔されているのですか。
それはとてもしんどいことですね。
でも 私も同じです。
もちろん毎日、毎時間、ずっと後悔し続けているわけではなく
彼女とあんなことを喋った、とか
あのとき 彼女がこんな仕草をしていた、とか
楽しかったこともいろいろ思い出します。

Pさんは、彼女に謝罪の気持ちを伝えられたのですね。
たしかに過去にしてしまったことは 取り返しがつかないけれども
悪いと思ったら謝るしかないですし
今と これから先の気持ちは 今から変えられるのですから
Pさんのおっしゃるとおり「誠実に」生きていくのが、今の私たちにできることだと思っています。
でも 「誠実」というのは なかなか難しいです…

> この記事で「独壇場」ではなく「独擅場」と書かれていたあたりにキュンとしましたw

ん?
「独擅場」どくせんじょう、という言葉ですか??
私が1人で ぽつぽつと喋ると なぜか聞き入ってくださる人がいるんですね。

「どたんば」じゃないですよ。
仕事においては いつもいつも「土壇場」なんですけどね。

Pさん、コメントありがとうございました。またお立ち寄りくださいね。
2012.03.03 Sat l アル. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.03.03 Sat l . l 編集
Re: No title
> 非公開Pさん

正しい日本語、なかなか使えていません・・・
ただ 私は他の人に比べてテレビをあまり見ないので
それで流行り言葉や 一般的に使われるようになっている誤用が少ないのでしょう。
書いた日記も後から読み返して、変な言い回しや間違いに気づき
こそこそと修正したりしていますよー
Pさん、もしよろしければ 私の記事に誤字脱字があればご指摘ください。
よろしくお願いします。では。
2012.03.04 Sun l アル. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gozen1ji.blog.fc2.com/tb.php/54-7a8d462f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)