私の太ももに 彼女の熱い手が置かれていた。
テーブルの下で…誰からも見えないところで…
今 テーブルの向かいには あなたの恋人がこちらを見て笑っているというのに・・・

あなたって人は・・・

これはもう 身をゆだねても いいってこと?
あなたを信じて あなたに 私を預けてしまっていいってこと?

上半身が傾きかけたそのとき 頼さんは するっと身をかわして離れていった。

あ・・・

ネコだ・・・

いや もとい 猫だ・・・


気づけば 私の目の前には 複数の猫がいた(”ネコ”と言うと違う意味に取られそうで)。
白猫、三毛猫、黒猫、そして洋猫。

彼女たちは 自由でしなやかで 奔放だ。

白猫は 愛嬌たっぷりに 周囲に語りかけ
洋猫は 鷹揚に構えて 皆を見守り
黒猫は 驚いている私の太ももどころか 腹までも撫でていき
三毛猫は なぜか私にはずっと背を向けたまま

これは何なんだろう?
さっきまで ブロガー関係の皆さんと居酒屋の隅っこに陣取り お酒を酌み交わしていたはず。

私の目に映る 彼女たち。
猫のように 自由でしなやかで 奔放な彼女たち。

---

今 このブログを読んでくださっている方は
この酒宴のこと、既に 頼さんナモさん山田さんのブログを読んでご存じでしょう。


「誰が一番フェムか?」論争は 二次会の場の居酒屋で その火ぶたが切られました。

「だって 私、フェムだもん」
「あっし、間違いなくフェムっすよねー アルルー」
「いや、私が一番この中でフェムですよ!」

あなたたちって・・・さっきから何十回も同じこと 言ってるよ。

「じゃあさ、ここはアルさんに決めてもらおうよ」

え? 私に決めろっていうの? この、永世中立な私に!?

「アルさん!じゃあ…誰が一番フェム??」

3人は顔を伏せて 右手を私のほうへ差し出す。
ななな、なんですか、この状況は?
ねるとんですか?(←古い)

あのー、こういうの苦手なんですよ。誰かに決めてと言われても・・・
新さん・・・新さーん。
これ どうにかしてくださいよー

少し離れたところで見ている新さんに 助けを求めても
ただ 微笑んでいるだけの新さん。

そもそも フェムって どういう人を言うのかね?
見た目? 立ち居振る舞い? 心意気?
フェムの定義を 皆で検討してみませんか?
せめて 今 ここだけの共通認識としての定義を。

「アルさん、早くー」

う・・誰も聞いてくれない・・・
困った困った困った。

突然。
顔を伏せていた頼さんが 突然、私の手を取って
山田さんの手を握らせた。

「やったー 私がフェム!」

あれれ?頼さん、それでいいの?
優柔不断な私に痺れを切らしただけなのか
山田さんに花を持たせようとした 優しい気持ちなのか。

あなたってば 優しい人ですね。
大丈夫。「自称」じゃなくて あなたはフェミニンな女性です。
でも もちろん それだけじゃあないですよ。


だいたい みんな そうじゃないかな。
ある部分はフェミニンであり 別の部分ではボーイッシュで。
(フェミニンとフェムが混ぜこぜになってきました…)

フェミニンとボーイッシュの間の「のりしろ」が広い人って
いろいろな面が見えてきて 楽しいし 興味深い。
(のりしろ=遊び,ゆとり,余裕)

見た目だけで「フェム」って判断しても
「のりしろ」があれば 何かの拍子に「ボーイッシュ」なところも発見するかもしれません。
どこからどう見ても「ボーイッシュ」な人が
ある時「フェミニン」な一面をちらりとのぞかせてくれることだってあります。

見た目だけと定義するなら
「のりしろ」を広く取るのは おしゃれなレズビアンなんじゃないかと思います。



山田さんが 新さんに向かって言った 第一声。
「わー ほんっとに山Pに似てますねー」

頼さん新さんが 私に向かって言った 第一声。
「うわっ いたっ!」

さしずめ 私は 座敷わらしとフェムの間の「のりしろ」が広めに取られているとでも言いましょうか。


フェム論争の果てに 私はぼんやりと考えました。
そして こんな話ができる場に 自分の身を置いているのが不思議に思えました。

これまで 友だちとこんな話はできなかったから。
「好きな男性のタイプは?」と聞かれて うっ、と詰まったり
自分の恋人の話を 彼氏に置き換えて話さなければならなかったり
そりゃもう 面倒臭くて。

だから 自由気ままに のびやかに行動する彼女たちを見ていると とても楽しい。

世間の流れ(特に芸能人ネタ)に ワンテンポもツーテンポも遅れている私を笑い飛ばし
「実際のところ、ヤったのか?ヤってないのか?」と迫ってくれる そのSっぷりが嬉しい。

山田さんが先に帰られたとき 頼さんとナモさんに
「送っていかなくて大丈夫?」と言われて
「え?ああ、じゃあ駅まで山田さんを送ってきます」と言って
雑踏に消えゆく山田さんを追いかけたが 足の短い私が
足の長い山田さんに追いつくまでが大変で
やっと山田さんを改札口までお見送りし 再び居酒屋に戻ったら
新さんは「あ、アルさんが戻ってきたー」と言ってくれたけれども
頼さんナモさんコンビは絶対に席を立とうとしなかったんだろうなぁと安易に想像できるくらい
椅子にぺったり座ったままで ぼしょぼしょと何かお喋りしていて
終電に乗るために私が帰った その翌日に そろって
「アルさんがいつ帰ったのか知りません」とメールをくださるくらいの 自由気ままさが眩しい。

先輩という名の下僕と思われてるのかな。
先輩という名のカメラ女子は 皆さんの写真をいっぱい撮らせていただきました。
公開はしませんが 皆さんとの楽しい思い出として 厳重に保管しておきます。
お付き合いくださった皆さん、ありがとうございました!

---

最後にひとつ。

頼さんとナモさんのブログに 一つだけ訂正を申し出たい。
いくら 酔っ払って記憶がないからって

「フェムじゃねーし」なんて言葉遣い、私はしませんよ。
なんてったって 「和服が似合う女」と言われた私です(和服=柔道着)

「フェムじゃねー」なんて 言うわけねーし。


(完全に出遅れてしまったけれども ようやく書きました)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ




拍手コメントくださった・・・


★Bちゃんさん(パジェロさん)へ
はじめまして。いつも読んでくださってありがとうございます!
水上バイクって すごい趣味をお持ちですねー
やっぱりアウトドア派って多いなぁと思いました。
彼女さんとも趣味が同じなんて うらやましい~ ラブラブですね~
こちらこそ よろしくお願いします!またどうぞ!

★Sさんへ
ごめんなさい、運転技術なんて えらそうに言いました。
私より 断然、運転がお上手なのでは・・・と反省しました。
私は車の中では 実は無音楽だったりします。
エンジンの音とか 車内のガタピシ音とかを聞いてます。
いやー、クルマが古いので気になって・・・
でも音楽聴くときもあって アンジェラアキさんの曲などを聴きますね。
2012.02.02 Thu l 今日思うこと l コメント (16) トラックバック (0) l top

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.02.03 Fri l . l 編集
のりしろ
すごい!
「のりしろ」という表現に驚きました。

フェムとボーイッシュの境目について、つい一昨日、パートナーと話していたところでした。
私たちには20代~50代まで、幅広い年代のビアン友達がいますが、
見た目がフェムなのに、中身はサバサバしてたり、
見た目はボイなのに、中身がとっても女性らしい雰囲気だったり・・・まちまちです。

話してみたら、笑い方ひとつで印象が変わったりもしますし・・・
その「のりしろ」が、ギャップに見えた瞬間が、その人をとても魅力的に見せたりもしますよね。
しなやかな「のりしろ」を持った人間でいたいです。

皆さんのフェム論争、読んでいてとても楽しかったです♪
次回のレポも楽しみにしてます!
2012.02.03 Fri l ♪ねこ♪. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.02.03 Fri l . l 編集
はじめまして(^.^)
はじめまして、天気予報の恋人からたどりつきました、関西人の涼です。

ちょこちょこのぞいてはいたのですが、みなさんとのやり取りはなかなかのものですね。
本にできるんじゃないですか(^-^)

のりしろかぁ…
いい表現ですね。
とても勉強になりました♪

これからも楽しみにしてます(^-^)/

2012.02.03 Fri l 涼. URL l 編集
No title
自分で言うのもなんですが、頼とナモよりは
私の方がフェムですよね?

あいつらひどいですもんねー
アルさんをアゴで使うやつらですよ。

今回4匹の猫が登場しましたが、わたしは一体どの子猫ちゃんなんでしょうか?
わかりませんでした・・・
まさか、背中向けてると書かれた三毛??
そんなはずはないはずですよ!!!


2012.02.03 Fri l つーちー. URL l 編集
Re: No title
> 非公開Kさん

パジェロミニのプラモあたりから親近感、私も感じていました。
でも・・・ご、ごめんなさい!
カメラ女子にあこがれているだけの ニセモノ女子です!
非公開さんはホンモノだったんですね!
撮られた写真を見せてほしいです。被写体はクルマ?
コメントをありがとうございます。またどうぞ!
2012.02.03 Fri l アル. URL l 編集
Re: のりしろ
> ♪ねこ♪ さん

20代~50代までのお友達がいるなんて すごいですね。
私もブログを通じて何人かの方とやり取りさせていただいて
とても嬉しい毎日です。
なんだか自分がとても贅沢な気もしています。
フェム論争なんですが、今思えば、誰も私のことをフェムとは言いませんでしたね。
ひどいと思いませんか!?
♪ねこ♪ さん、またお越しくださいね。コメントありがとうございました。
2012.02.03 Fri l アル. URL l 編集
Re: No title
> 非公開Sさん

立て続けに拍手コメントありがとうございます。
すべて届いてましたよ、ちゃんと。
アクセス過多で、私のブログを破壊するおつもりですか?笑
まっすぐな田舎道、了解しました。
ここ数日、寒波がハンパないので運転、お気をつけて。

頭がいい人なんて、そんな訳ないです!毎日、何かしらボケてますよ。
またどうぞお越しください。コメントありがとうございました。
2012.02.03 Fri l アル. URL l 編集
Re: はじめまして(^.^)
> 涼さん

はじめまして。関西にお住まいなんですか?
頼さんブログから来られる方が多いんですよ。
本当にありがたいことです。
飲み会に参加させていただいて 本当に皆さん、楽しい人たちで
共通事項がたった一つあるというだけでこんなに打ち解けられるなんて…
と感慨深かったものです。
コメントをありがとうございました。またお越しくださいね。

2012.02.04 Sat l アル. URL l 編集
Re: No title
> つーちーさん

そうそう。つーちーさんは立ち居振る舞いからしてフェムですよねー。
頼さんは心意気がフェムって感じでしょうか。
今さらですが、あのフェム論争って 私は番外なんですね。ひどいですね。
審判じゃなくて選手として参加させてくださいよ。笑

つーちーさんは洋猫のイメージです。
とても優しいまなざしで 酔っ払いたちを見守るという。
2人を連れて帰るの、大変だったでしょうね?ほんとにお疲れ様です。
2012.02.04 Sat l アル. URL l 編集
No title
!!!!!!!!!
信じてたのに、
私、アルさんのこと信じてたのに、
私のぬか喜びを返してーーー!!

ってことで、次回はちゃんとアルさんの意思で
決めていただきますからね!!!
次はこんな言い訳信じませんからね!プンプン
2012.02.06 Mon l 山田. URL l 編集
もしやワタシが三毛猫?

いつ帰ったかも気付かない上に背を向けたままって。。。
す、すいません!
先輩は敬うべきものですから、次こそは失礼のなきよう丁重にご接待しますよ!

で、ヤったんですか?
2012.02.06 Mon l ナモ. URL l 編集
No title
黒猫は友好的でフレンドリーな性格ですからね。
決して「馴れ馴れしい」わけではありません、
あくまでフレンドリー。
山田に花を持たせたあたりまでは良かったのに
最後が最悪ですね、ホント・・

ここで言う「フェム」は見た目だけのことですね。
内面にまで言及してしまうと、誰しもが
いわゆる男性的な面も女性的な面も持っていると思うので。
って、ええええーーー!!!
和服って、アルル〜、そりゃずるいよー。

で、ヤったんか?
2012.02.07 Tue l 頼. URL l 編集
Re: No title
> 山田さん

お、怒らないでください(;_;)
だって、だって・・
あの状況で1人を選ぶなんて、優柔不断な私にはできなかったんです!

はい。では次に会うときは、さらにフワフワがパワーアップして
フェム度満載で来られると思っておきます。
それにしても山田さん、歩くのとっても早いですね!
このまま追いつかないんじゃないかと思いました。
コメントありがとうございました。またお越しくださいね。
2012.02.08 Wed l アル. URL l 編集
Re: タイトルなし
> 三毛猫さん(ナモさん)

いやいや、ナモさんに丁重に接待されると
恐縮しますから。
ほんっと恐縮しますから!
ほんとですってば!!

だから気楽に接してください。
ナモさんは結構、気を使ってるんだなーと思ってますよ。
ではまた。
2012.02.08 Wed l アル. URL l 編集
Re: No title
> 頼さん

コメントの返事が遅くなってごめんなさい。

そう、フレンドリーでしたね。
すばらしいフレンドリーぶりでした。
でもせっかく頼さんがフレンドリーに接してくれたのに
10日も過ぎてしまうと、また緊張が戻ってきます。
次にお会いしたときに、また
「仕事の景気はいかがですか?」から始めるかもしれません。
今のうちに謝っておこう・・
頼さん、ではまたお会いしましょう!

2012.02.08 Wed l アル. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gozen1ji.blog.fc2.com/tb.php/47-23bb6453
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)