マンボウってさ、水槽の中で泳いでいると
ガラスの壁にぶつかってしまうんだって。
だから ぶつかって怪我しないように
ビニールのフェンスを水槽の内側に垂らしているんだって。

へぇー、そうなんや。
ガラスにぶつかるなんて ぼ~っとしてる魚なんやなぁ。

その、ぼ~っとしてるのを見て、ぼ~っとしたいやん?
なんも考えんと。

---

水槽の中のマンボウは ゆっくりと泳いでこちらに向かってきては
ビニールの壁に柔らかくはね返されて 反対の壁に向かって泳いでいく。

その 何にも考えていないような動作と けだるそうな雰囲気の魚に向かって
手を差し出しているミサトさんの横顔を見ていた。
彼女の動作もまた ゆっくりとしていて 時間の流れが遅くなってしまったような錯覚が起こる。

のんびりと泳ぐマンボウを眺めるまでもなく
睡眠不足の頭と体からは 完全に力が抜けてしまっていた。

結局 昨晩はほとんど眠ることがなかった。
朝方、ほんの少し眠っただけで 後はずっと目を覚ましていた。
ぼんやりとした頭で 昨晩のことを思い出してみる。

耳に残っているのは 彼女の小さく吐き出すため息。
それと 時折、苦しそうにあえぐ声。
もしかしたらそれは 私自身の声だったかもしれない。

言葉は あってもなくてもどうでもよかった。


部屋の灯りを消して それぞれの布団に入ってから
私たちは少し話をした。
他愛もない話だったと思う。
しばらくしたら 話も途切れ あとはもう眠るだけだった。

窓の外が少し明るいのは 月と星が出ているからなのか
街の明かりがここまで うっすら届いているのかわからない。
海岸までは少し距離があったけれども
部屋が静かすぎるから 波の音がここまで聞こえてくる。

ミサトさんは何も言わなかったが 起きているようだった。
私もなかなか寝付けずにいた。

これまでのことを いろいろと思い出してみる。
今、ひとつの部屋で2人きりで眠りにつく状況を
彼女は「こんなところまで来てしまった」と言うかもしれない。

でも私には 何が起きても絶対に彼女は拒まないという自信があった。
京都の1件の後 明らかにミサトさんの態度が変わった。

出会った当初に感じたような 怖さと
私を切ろうとした、容赦ない刃物のような鋭さはなくなり
そばにいて 心地いいという感覚が残った。


そろそろと自分の布団を抜け出し
そっとミサトさんの布団をめくってみた。

彼女は私のほうへ腕を差し出し 私を迎え入れてくれた。
一緒の布団に入って 抱き合うと
あとは 何も考えられなくなった。

完全に彼女にリードされ されるがままになった。
彼女の手と指先、唇、舌、肩やつま先や膝頭が
私の体に触れると もうどうしようもなく震えた。

私たちは 何も話さなかった。
声は出ていたと思うが 言葉にはあまり意味はなかった。

「好きだ」
「私も」
「すごく好き」
名前で そっと呼びかけたかもしれない。
もしかしたら「愛してる」という言葉も出たのかもしれない。
でも そんな言葉を交わさなくても わかっているから。


暗がりのなかで 彼女の目をまっすぐに見る。
見ると すぐに近づきたくなって 唇を寄せてしまう。
その唇を彼女の全身に這わせると また顔を見たくなる。
今度は私が下になり 彼女が私の全身に触れる。
まるで際限がない。

ここまでくると 体のパーツを感じるというよりも
やはり全身で感じるもののようだとわかった。
彼女の体の全部を同時に感じたいという 訳のわからない感覚も出てきた。

そして 私から彼女に触れることもあるが
どちらかというと 彼女のほうが積極的だったと思う。
はっきり言えば 私の動作はすごくぎこちなくて
彼女は初めから なめらかに動いた。


前にミサトさんから こっそり教えてもらったことがある。
「これはトップシークレットなんやけど・・・私、左の胸のほうが右のほうより大きいねん」
「え!そんな違いあるの?」
「うん。たぶん触ったらわかるよ」
その確認作業も この日に終えた。

---

ここで・・・
考えてみてください。
彼女はノンケ女子です。
私は自覚はまだなかったけれどもビアン女子です。
ノンケ女子に ほぼ完全リードされるビアン女子。
この状況を どう説明すればいいでしょう?






次へ進む→別れるとき(3)
前へ戻る→別れるとき(1)


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ


2012.01.10 Tue l 揺さぶられる日々 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
どうもです。別れのときと題名?についてるのが「ミサトさんのこんなとこまできてしまった」につながってるのでしょうか?
ノンケ女子にリードされると言われてますが、なんだか2人の関係みたいと思いました。楽しい旅行なのに、別れのときと書いてあるのを見ると・・・・この後に起こることを見たいような、見たくないような・・・・。
ところで、私は辛いことがあると「息が出来てる、空気を吸ってるから大丈夫思うのですよ(笑)」
空気を吸うでちょっと思ったので、かいちゃいました。意味が違うかもしれませんけどね。
2012.01.11 Wed l mana. URL l 編集
Re: No title
> manaさん

コメントをありがとうございます。

題名なんですけど、私は文章がやたらと長い(しかも経文のよう)ので、
1つの出来事を5回に分けて書こうと思っています。
だからあと3回で、私たちが別れてしまうまでを書ききるつもりです。
ただいま、着陸点を模索中です・・・

息が出来てるから大丈夫。なるほどー。
それでいうと、確かにこの時は息が止まるほど辛かったですね。
別れのときは、誰でもそのくらい辛いものなんでしょうかねー。

ありがとうございました。またお立ち寄りください。
2012.01.12 Thu l アル. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gozen1ji.blog.fc2.com/tb.php/36-cc3ecbdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)