フジタファンクラブに負けてなるものか!

私には ずっと何年も前からフジタさんを知っているという強みがある!

・・・
とまあ 鼻息荒く始まったわけですが。

フジタさんが私の近くの部署に戻ってきたからというもの
隣りのフロアをのぞき見する日々が続きましたが
私とフジタさんが仕事で関わることがほとんどないため
何事も起こらず ただ毎日が過ぎていきました。

むなしい・・・

仕事で関わることはないのに
アル田の周囲の人々が みな口をそろえて言うのを聞きました。

「フジタさんってすごいよなー」
「フジタさんって ほんま、すごいわよね!」

そのうちに 『フジタさんファンクラブ』なるものが存在するらしいとわかりました。

さすが「仕事のできる女」

本人は謙遜するばかりで 普通にふるまっているのに
少しでも仕事で関わる人には すぐにそのすごさがよくわかるらしい。

私なんて 何年も前から知ってるのに!
ファンクラブなんて存在しないときから知ってるのに!

ま、何年もの間 特に何もなかったとも言えるけど。
私自身が「ファン」であることを もっとアピールすればよかった。

だって仕方ない。
「押しの弱いアル田」で知られている私だもの。

押しの強い人なら こんなときどうするんだろう?

 ※こんなとき=職場で憧れの女性がいるとき
 ※もちろん「仕事において」という意味で


押してみなければ!!

そうだ。ここは思い切って!!

===

ある日。
休憩室に行く手前の廊下で フジタさんと会いました。

「あ、フジタさん」

相当ぎこちない感じで アル田は話しかけます。

「仕事は落ち着いてきましたか?」

「いえ、まだまだ大変です」

「フジタさん、そろそろ息抜きでも・・・」

「そうですねぇ」

「・・してくださいね」

あ、バカバカバカ!
何を言うか、アル田のバカ!

「してくださいね」じゃなくて「息抜きでもしませんか?」だろう。

こんな最大の絶好機を逃してどうする!

フジタさんはニコッと笑って 行ってしまいました。

その場に残されたアル田。

ぼう然。


(おとなしくフジタファンクラブに入ったほうがいいだろうか・・・?)
ブログランキング・にほんブログ村へ




前へ戻る→フジタの人事-仕事のできる女(64)
2017.05.13 Sat l フジタの人事-仕事のできる女 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿