上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
翌朝、起きてきたリツコは「おはよー」と言っただけで
変なことを言われることはなかった。
(彼女は「高倍率」と呼ばれているので、リツコにします)

よかった、何も気づかれてない。

まさか あなたが寝ている横で あんなことになっていた、なんて
気づかれていたら その後リツコと友だちづきあいができるとは思えません。

それよりも ミサトさんは?

彼女は・・・
やっぱり普段どおりだった。
同期男子とボケとツッコミを交わし
私の頭の上を突っつきながら 私をからかう。
(背が低いので よくミサトさんから頭のてっぺんをつつかれていました)

昨晩が初めてのキスだったというのに
なんやろね、この動じないノンケ女子は。

私1人だけ 昨晩のことを思い出して赤面する。


昼間は 何食わぬ顔で練習を続け
深夜には 2人で海岸まで歩いて行って いろんな話をした。
誰も来ないことを確認して 体を寄せ合ったりもした。

彼女は時々
「これは間違ってることなの」と言いながら
私を抱きしめてくれた。

刹那主義の私には その言葉が重たかったけれども
彼女の言わんとしていることは 理解はできた。

今をとても幸せに感じている自分がいる。
でも いつかまた 彼女から「切る」と言われるんじゃないかという思いも
心の片すみに巣食っている。

---

私にとっては 夢のような合宿が終わった。

しばらくして ミサトさんから頼まれたのは
朝、講義の始まる前に部室に来ることだった。

「夜、家に帰るとなかなか勉強しようって気にならないから
朝、部室で勉強しようと思う。でも1人だと眠くなってしまう。
それでもし、あなたが部室に来てくれるって約束してくれたら
たとえ来てくれなくても、来るかもって思って
緊張するから勉強に打ち込める」

この考え、ミサトさんらしいな。

でも 頼まれたら 私は行くに決まってるじゃん。


それから毎日、6時発の電車に乗って部室に行った。
朝日の差し込む部屋で 彼女は有機化学のレポートを書き
私は精神分析の本を 眠気をこらえながら読んだ。

彼女は、就職するか、大学院に進学するか迷っていた。
刹那主義の私は さっさと就職することしか頭になかったが
彼女が大学院に行くなら 私も行こうかなぁなどと 不届きなことを考えた。
そうすれば もっとずっと一緒にいられるなぁ・・・


ある日の朝 部室で彼女から 折りたたんだ紙を渡された。

「なに、これ?」
「手紙だよ」
「えっ? 珍しいなー。ラブレターかなー」

開けてみると 色気も何もないレポート用紙に
書道有段者の達筆な文字が並んでいた。

「11月1日の午後3時に 京都の○○に来てほしい。
来るか来ないかは あなたが考えて決めて。
それによって 私は心を決めるから」

文面はあまり覚えていないけど だいたいこんな内容だった。

「これは どういうこと?」

ミサトさんの真意を測りかねて 聞き返すと
彼女は黙って レポート用紙の端に ペンで書き加えた。

"The die is cast"

---

「会いに来て」と言われたら 絶対、行く。
行くに決まってる。

夜中に2人で長電話していて 会いたくて会いたくて たまらなくなり
車で高速とばせば 1時間半で会えると 真剣に計算したりした。

そんな 私を試すようなことをしなくても
私は行くに決まってるのに。


好きだったら 会いに行くのは当然。

当然かな…?

もしかしたら 好きであればこそ 行かない方がいいのかな。

彼女を大事に思うなら 行かない方がいいのかな。

11月1日まで 10日以上はあった。
その間に 私は 行くべきなのか、行かないべきなのか
さんざん悩まなければならなくなった。



次へ進む→空気を吸う(5)
前へ戻る→空気を吸う(3)



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ


「京都の○○」は 10円硬貨の表にある寺院です。
2012.01.04 Wed l 揺さぶられる日々 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

おぉぉぉ、そこで切りますか!!!

行ったんですか?
行かなかったんですか?

気になる、
非常に気になる……

ミサトさんが、やけに詩人な感じなのも気になる。(そこ!?笑)
あの返し、頭がいい人なんですね。

恋愛なんてそもそもがエゴの塊なんだし、アルさん自身の気持ちを貫いて欲しいところですが…

こんな状況下でも相手のことを思いやる気持ちを忘れないアルさんもステキだと思います。

むむむーん。
続き楽しみにしてます。
2012.01.05 Thu l 山田. URL l 編集
みさとさん!
なんてカッコいい方なんでしょう。
返しがオシャレ。
普通とっさにそんな返しできないですよ!

続きが気になりすぎて眠りにつける気が毛頭しません!
2012.01.05 Thu l ナモ. URL l 編集
> 山田さん

やけに詩人(笑)
今思えば キザな感じですけど。
恋に浸っていると どんなんでも素敵に思えるのかな。

あ、そういえば我々も思いっきり体育会系でしたよ!
部活、バリバリ体育会系ですから。

コメントをありがとうございました。
私もまた遊びに行きます。
2012.01.05 Thu l アル. URL l 編集
> ナモさん

そうです、オシャレなんです。
で、男前な部分もありーの、小悪魔的な部分もありーの。

そして こういう人に振り回されるのが
私、アルでございます。
こういう人になら 振り回されてもいいと思うのも私です。

ナモさんは振り回されるタイプですか?振り回すタイプですか?

コメントをありがとうございました。
またお越しくださいね。
2012.01.05 Thu l アル. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gozen1ji.blog.fc2.com/tb.php/31-47e0ee71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。