「過去の話の続きも書いてくださいよ」

グローブとボールの入った袋をポンポンと叩きながら
アサダさんは言いました。

さっきまでアサダさんと2人きりで
夢中になってボールを投げ続けたおかげで
明日は絶対、筋肉痛になると思われました。

「過去の話かぁ・・」

こうやってブログのリクエストをされるのは久しぶりだな~。

アル田だと フジタさんの話に終始してしまいそうなので
ここはアルさんの過去の話をしよう。

アルの過去の話。

今は仙人と呼ばれるアルも
3000年くらい前には 宙に浮くことなく ちゃんと地面に足が着いていました。

そしてあのときは
地面に、というより どん底でした。

===

「あなたが幸せになるのを祈ってる」

この人は なんて自分勝手な言い方をするんだろう。

今までずっと 好ましいと思っていた人の顔が
まったく知らない別人のように見えた。

なぜだろう。

私の好きな人の顔を もう一度よく見た。
やっぱり別人のように思える。

じっと見ていると 周りの景色がどんどん白くなって
自分がどこにいるのかもわからなくなる。

「もう一緒には いられないよ」

ああ、そうか。

いつも近い距離で見ていたから
この人の顔は この人だと認識できていた。

今は2人の距離が離れているから 別人の顔だ。
こうも違って見えるものなんだ。

幸せだって?

この人から離れて
私は幸せになれるんだろうか。

どう考えても
まったく現実的ではないし
こういうのを「失意の底」っていうんじゃないの?

無表情のまま 彼女は続けて言う。

「一緒にはいられないけれども
 あなたの幸せを願ってるよ」

幸せじゃなくてもいいから
近くにいさせてくれないかな。

私も負けじと自分勝手に思う。

お願いだから
私から 離れていかないでよ。





彼女の言った「幸せ」と
今 ここにある「幸せ」は
一緒のものなんだろうか。




(アル3000年の歴史 その1コマ)
ブログランキング・にほんブログ村へ


2016.04.30 Sat l 過去にあったこと l コメント (2) l top

コメント

No title
アルさんが浮いていない時期もあったなんて。
仙人になる前のことですの?
修業中の頃?

このお話は以前にも書かれたことのある方とのお話ですか?

「一緒にはいられないけれども
 あなたの幸せを願ってるよ」
その時の『あなたの幸せ』がどんなものかわかっていて言っているなら
なんて残酷な言葉なんでしょうね。
2016.05.02 Mon l ヒロ. URL l 編集
ヒロさんへ
はい。
仙人と呼ばれるようになるより もっと以前に。

修行? 苦行?

どんなひどいことを言われても
耐えるしかなかったときがあります。
あります。

ありますよね?

2016.05.03 Tue l アル. URL l 編集

コメントの投稿