上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
もしかしたら わかってくれる人がいるかもしれない。

私が あの人のことを好き過ぎるということ。

好き過ぎる、という感覚。

---

もちろん「好きだ」という気持ちは
誰にでも理解してもらえると思う。

好きだから その人の顔を見て
ドキドキするとか、ワクワクするとか
そんな気持ちになる。


でも ふとした時に。

その人が私に笑顔を向けてくれた時に
自分が とんでもなくその人のことを好きになってると気づく。


好き過ぎて 好き過ぎて
涙が出そうになるくらい 感情が高まって
いてもたってもいられなくなって
わーっと叫びたくなるくらいになって

「これは恋じゃなくて愛だ」と 言葉で片づけようとしたり
見返りもなく好きになっても仕方ない、と諦めようとしたり

そんなことをしても無意味。

自分の気持ちが あふれている
体の中にも外にも。

抑えきれない、でも、抑えることはない。


どうにも私は好き過ぎるのです。


(「好き過ぎる」を自分で感じたことがありますか?)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ




2013.07.26 Fri l 今日思うこと l コメント (12) l top

コメント

私も好きすぎるの筆はおろしましたよー!
好きすぎる は、いつまでも好きでいれる人を見つけたサインであると信じたいです。
今度会えたときは、アルさんの 好きすぎる話を肴にチビチビ呑みたいです。
2013.07.26 Fri l なたん. URL l 編集
好き過ぎるなぁ…
おいらは彼女のことが好き過ぎて感情が高ぶると(お酒入ってます(笑))「好っきや~~」と三宮の東門あたりで叫んだことあります。

でもおいらは、好き過ぎて相手にも求めてしまうのかもしれません。
…叫べとは言いませんが(T_T)
2013.07.26 Fri l 涼. URL l 編集
No title
アルさんはじめまして。
コンテナと申します。

いつもちびちび拝見させていただいているだけでしたが、今回のエントリーに同感してしまったので、コメントさせていただきたく思います。
好きすぎる、ありました。激しくありました。
その人とは別れてもう1年になりますが、好きが過ぎたため、未だにもやっとした日々を過ごしています・・・
でも、あの人と一緒にいられた日々は、自分にとって、本当に大切な時間だったと思います。あの気持ちがあったからこそ、今の自分は昔より成長できたと、自信をもって断言できます。

いっそ彼女のことを嫌いになれたら・・・とも思うこともありますが、好き過ぎた人、そんな人を簡単に嫌いになれるくらいなら、あの気持ちはきっと本物ではなかったとも思うのです。こんなに人を好きになった経験ができてむしろ良かったと思います。
(むりやり思い込もうとした時もありましたが笑)

アルさん、ずっと応援しています。
その気持ちが本物ならば、きっと相手に伝わると思うのです。それもとても良い形で。
私も次に好き過ぎる人ができたら、がんばるぞ~!
またコメントさせてください。
長々と失礼いたしました。
2013.07.26 Fri l コンテナ. URL l 編集
No title
誰?
2013.07.26 Fri l G. URL l 編集
No title
通りすがりでごめんなさい。とても素敵な文面で思わず書き込みをしてしまいました。
好きすぎる・・・溢れすぎ止まらない、と言うより限りなく湧き出る感情は自分自身さえ防御しきれませんね。好きすぎて、思わず嫉んだりして回避する無駄な努力もしたけど、やっぱりだめですね。
声を聞きたくてわざと留守電電話に録音させて、逢えないときに幾度も聞いて、安堵する。名前を呼ばれたくて、小さな声で返事をする。
あ・・・・お話がずれてきたので
また、来てもいいですか?
2013.07.27 Sat l あやや. URL l 編集
No title
アルさんこんにちわ。

私にも好きすぎた人がいました。
あんなに愛した人はあの人が初めてでした。
5年前に終わりましたが…
今でもキッパリとは心の整理ができていません。

ここんとこ心がモヤモヤしているのはその人のことです。
早く忘れたいのですが…。
忘れたいことと
忘れられないことは
同じ場所にあるのです。

先日、渦潮に行ったのですが
そこ在住ではないのです。
瀬戸の大きな橋がかかっている本州側に住んでます。
今回はフェリーに乗る時間の余裕がなかったんですが。

>前に乗ったときは 誰と一緒だったか、とか・・

過去のあのお話にでていた方ですか?
とても辛く苦しい気持ちになったのを覚えています。
(勘違いだったら大変申し訳ないです)
2013.07.27 Sat l hiro. URL l 編集
なたんさんへ
なたんさんも「好き過ぎる」ことについて 書かれていたんですね。
この感覚を わかっていらっしゃる!
「いつまでも好きでいれる」という自覚というか、直感というべきか。
私も同じことを考えます。

私なんぞ肴にはなりませんよー
それより カップルブログにおけるなたんさんのタチ位置について語り合いましょう。
2013.07.31 Wed l アル. URL l 編集
涼さんへ
涼さんは 三宮の東門で愛を叫ぶのですね。
おもろいなー(←失礼) ぜひ見学させてください。

相手に求めてしまうのも 好き過ぎるせいでしょうか。
涼さんと彼女さん、お二人の幸せを祈ります。
2013.07.31 Wed l アル. URL l 編集
コンテナさんへ
はじめまして。
初コメントをいただいておりながら お礼が遅くなり申し訳ありません。

> 好きすぎる、ありました。激しくありました。
> その人とは別れてもう1年になりますが、好きが過ぎたため、未だにもやっとした日々を過ごしています・・・

もう1年と言っても 長くもあり短くもありますよね。
私は長く失恋を引きずるほうなので コンテナさんのもやっとする気持ちに共感できます。
「昔より成長できた」とおっしゃるくらいなら もう大丈夫そうですね。

> いっそ彼女のことを嫌いになれたら・・・とも思うこともありますが、好き過ぎた人、そんな人を簡単に嫌いになれるくらいなら、あの気持ちはきっと本物ではなかったとも思うのです。こんなに人を好きになった経験ができてむしろ良かったと思います。
> (むりやり思い込もうとした時もありましたが笑)

一度好きになった人を嫌いになるのは難しいです。
気持ちを切り替えられるかどうか、なんですよね。
あまりに激しい恋愛をしてしまったら それが終わって廃人のようになったとしても
またあらためて歩き出した時には 新しい次の自分なんだと思います。

こんな拙いブログですが 応援をありがとうございます。
またどうぞ!
2013.07.31 Wed l アル. URL l 編集
Gさんへ
誰と言われましても・・・(汗)

2013.07.31 Wed l アル. URL l 編集
あややさんへ
はじめまして。通りすがりでもなんでもウェルカムです。
コメントをありがとうございます。

好き過ぎてしまうことを制御するのは
どうにも難しいですね。
その感情がプラスに動いてくれればいいのですけれども・・
あややさんは 好き過ぎて何か苦しい思いをされているのでしょうか。
ぜひまたお越しください。

2013.07.31 Wed l アル. URL l 編集
hiroさんへ
5年たっても 気持ちは捕らわれたままなのですね。
それでも モヤモヤはモヤモヤのまま残しておくしかないのですね。
なるほど それで渦潮へ。

キッパリと心を整理するなんて 無理矢理しなくてもいいのでは?
しかしそれではしんどすぎる?
hiroさんのモヤモヤが少しでも晴れるようお祈りいたします。

フェリーの音はですね、私にとっては特別なのです。
そう、過去。
となると 私もモヤモヤが・・?
2013.07.31 Wed l アル. URL l 編集

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。