なんて華奢なんだろう


女性の体は


私を包んでくれる その両腕も


抱き寄せられた私が 不安になってしまうくらい


---

無意味に ポエム的な書き出しをしてしまいました(誰か、止めて)


『モーリス』を貸してくれたことで、
ミサトさんがこれを恋愛だと認めていた現実が 私に伝わりました。

言葉にされる前から 確証めいたものは感じていたけれども
実際に声に出されると 体が震える。

そこから先、私はさまざまな感情を経験しました。

理系学部の彼女だから 実験で忙しい。
会えない。寂しい。

実験の合間を縫って ご飯に誘ってくれる。
2人だけでご飯を食べるのは まだ緊張する。
でも楽しい。ドキドキする。

相変わらず厳しい部活の練習。
2人で 影でブーブー文句を言う。

いつもは電車通学の彼女が 車で大学に来たとき
わざわざ私を家まで送ってくれた!(彼女の家は隣の県なんだけど)
ほんまに嬉しい。何度、ありがとうと言っても 言い足りない感じ。


でも。
時々 彼女が口にする このことに怯えていました。
「周りのことすべてを投げ出しても やるべきことがある。それをやるのは、今」


そして、1か月間の試練も味わわなければなりませんでした。

大学3年の夏休み。
部活も休みに入り、ミサトさんから 遊びに行かへん?と誘われました。

歴史的な遺跡めぐり。これまた地味な。
でもミサトさんと行くなら どんな場所でもいいんです。

---

夏の夕方は長い。

数時間前には 元気いっぱい 騒いでいた私たち2人、
さすがに歩き疲れて ちょっと休憩しようか と、なりました。
有名な遺跡のそばの小高い丘に ぽつんとベンチがあったので
そこに2人で座りました。

夕暮れ時 辺りはだんだん暗くなり
遺跡の周囲は 物騒なくらい 通る人がいない。

正直言うと 私は2人で並んで座るのが とても恥ずかしい性質です。
部活では 私とミサトさんはペアだったので
しょっちゅう体が触れ合う、というか、お互いに相手に触るのは当たり前なのに
プライベートで体が触れるのは 本当に緊張します。

でも 疲れていたので 何となく肩が触れ合う感じで座りました。

「あのさ」
ミサトさんが 少し間を空けてから 口を開きました。

「何?」
「私、この夏休みに旅行に行く」
「ふーん、どこ行くの?」
「ヨーロッパのあちこち。1か月くらい」
「えっ! 1か月も?」
「うん。行って来るね」

前からずっと欧州のこことあそこに行きたかった、とか
そのために、家庭教師のバイトをたくさん入れて費用を作った、とか
旅行先ではあまり連絡取れないかもしれないけど、ハガキくらい送ってあげようか、とか
いろいろなことを 彼女は言った。
それも 私をからかうみたいに 楽しそうに言う。

「ふーん、そうなんだー。じゃ、当分会えないねー」
隣に座っているから 彼女の顔は見えないけれども
あんまり 私が落ち込んでるところは見せないで
ここは 軽い感じで答えたほうがいいのかな。
「じゃあ、おみやげに期待しようっと」

ミサトさんが黙っているのが気になり
初めて横を向いたら、ミサトさんは全然笑ってなかった。
そして 思っている以上に 私たちが近い距離にいることに気づいた。

ミサトさんに唯一触れている左肩を 押される感じがして
あれ?なんだか顔が近いなと思ったら
次の瞬間、彼女の両腕で私は抱き寄せられていました。

何が起こっているのか 頭で理解できず
頬と頬が触れて 体温がじかに伝わってきてから
やっと状況がわかり 激しく動揺する。
そして こんなにも自分は幸せだと、素直に思う。

一方で
私たちはこれから ひと月 会えない、
そして ひと月後に再会したときに 私たちはどうなるのか、
不安な気持ちも 感じている。


---

長くなりました。もう少し続きます。


次へ進む→ノンケ女子と始まる(5)
前へ戻る→ノンケ女子と始まる(3)

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ


2011.12.13 Tue l 揺さぶられる日々 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.12.13 Tue l . l 編集
No title
ミサトさん!積極的!
すごく素敵な人ですね。
好きになるのも納得です。
しかも遺跡!
じじくさくて しぶくていいですね。
そういうのけっこう楽しいですよね。
2011.12.13 Tue l ナモ. URL l 編集
Re: No title
> 非公開さん

こんばんは。コメントありがとうございます。
嬉しいです。

私は私で、非公開さんカップルのラブラブっぷりに、
ドキドキワクワクです。

ありがとうございました。また来てくださいね。
2011.12.13 Tue l アル. URL l 編集
Re: No title
> ナモさん

こんばんは。また来てくださってありがとうございます。

確かに素敵な人です。でも強烈な人でもありますよ。
私もナモさんと同じく超ナイーブでデリケートなので 常におなか壊す感じです。

> そういうのけっこう楽しいですよね。
お、最後は うまくまとめて下さいましたね。
しっかし、じじくさ…の部分は 見逃さへんぞ~

という訳で、お仕置きのために また来てください。
2011.12.13 Tue l アル. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gozen1ji.blog.fc2.com/tb.php/19-3d6aea34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)