『後の祭り』(2013.06.18 Tue記事より)に
拍手コメントをくださったMさん。

お礼を言うのを すっかり失念しておりました。
いただいたコメント、ちゃんと読んでいます。

私生活までも応援してくださるなんて。
最近はフジタさん人気が根づいてしまっていますが
このブログの真意は 揺さぶられる日々だったと未だに思っています。

まぁ 本日『フジタの人事』続きなんですけどね。

ハーブの香り、気づいてくださったんですか!
誰もそんなところに気づかないと思ってましたが。笑

===

駅のホームへ上がる階段の手前で
突然 フジタさんに話しかけられました。

フジタさんは 私が仕事のことで悩んでいることを見抜いていて
「最近どうですか?」と聞いてくれたのです。

フジタさんの行動を予想していなかったため
嬉しいながらも 私は気が動転していました。

「Kさんとは、うまくいってますか?」
「うーん・・・」

Kさんは私の上司、つまりフジタさんの元上司です。
仕事のできる人で 同じく仕事のできるフジタさんとは気が合ったようですが
私は今ひとつ Kさんとはなじめずにいます。

でもそれをフジタさんに打ち明けるのは悔しかった。
フジタさんの前では 完璧でいたかったのです。

「うーん・・まぁ最初に比べたら うまくいってると思います」
「そう?」
「ようやく私のことを(フジタさんに比べたら仕事できないヤツだと)わかってもらえるようになったから」
「そう! それはよかったですね!」

フジタさんの明るい声に
私は階段を上りながら 思わずフジタさんのほうを見てしまいました。

フジタさんの笑顔って なんて素敵なんだろう。

私が知っているいつものフジタさんは
きりっとして パソコンのディスプレイを見つめていたり
ミーティングの場で ハッキリと自分の意見を述べたり
いかにも『仕事のできる女』といった立ち回りです。

でも 実はそんなに冷たいイメージはないのです。
どちらかというと ほわん・・とした感じで
第一印象は「親しみやすそうな人」でした。

その見た目に 私は騙されたクチです。
油断して ふら~っと近寄ると
「メールの返事はいりません」(バッサリ)と言われたりします。

とっつきにくいとか、無愛想とか
そんな人ではまったくないのですが
やっぱり仕事面ではクールすぎるのが フジタさんです。
そのクールぶりに 憧れるわけです。

そんなクールな人に 笑顔で見つめられると
体がグニャグニャと 骨抜きにされるようです。


「Kさんとの壁が少しでも低くなって よかったですね」
「そ、そうですね・・」

Kさんとの間に壁があることを 知られていました。
何もかも フジタさんに見抜かれているような気がします。

会話が終わったわけではないのに
私の足は 階段を上りつつ フジタさんから離れていきました。


おおい!
なぜ フジタさんから離れていくよ、私っ!

わかってます。
これが「焦らしのテクニック」

フジタさんは まだ私に何か話そうとしていたのに
あえて知らぬふりをして 離れていく。

フジタさんを焦らす、と言いながら
どちらかといえば 自分の気持ちを焦らしているような気もしますが・・





(「そんな小細工がフジタさんに通用するのかしら?」と言った方。シッ!!)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ





次へ進む→フジタの人事-仕事のできる女(29)
前へ戻る→フジタの人事-仕事のできる女(27)




2013.06.26 Wed l フジタの人事-仕事のできる女 l コメント (4) l top

コメント

愚痴やダメダメな部分を見せるのはお嫌でしょうが、たまには真剣に内面を吐露するのも、ぐっっと相手と近づく(相手に近づいたと思わせる)のではないでしょうか。
...と私も好きなあの人に望んでいます。
私が8歳年上のせいか表面的にしか接してくれないもので(笑)それも遠い感じで寂しいものです。
2013.06.26 Wed l すもも. URL l 編集
すももさんへ
コメントありがとうございます。
そうですね。装ったままでは なかなか近づけない。

すももさんの彼女さんは年下なんですか?
表面的にしか接してくれない・・ってどんな感じなんでしょう?
また機会があればお聞かせくださいね。
2013.06.29 Sat l アル. URL l 編集
No title
焦らすだなんて…
そんな余裕がおありなのですか。
さすがアル仙人。

フジタさん、アルさんとお話したくて
機会を伺ってたのではないですか?

それなのに焦らされて…
もうすっかりアルさんのトリコですね?


私の人柄は…
ただのビビリでノロイので…
友達に迫られたら落ち着かせるしか対応できないと思うのです(笑)
2013.06.30 Sun l hiro. URL l 編集
hiroさんへ
いえ、余裕はないですよ。
いつもブログを更新するのに精一杯です。

> フジタさん、アルさんとお話したくて
> 機会を伺ってたのではないですか?
> それなのに焦らされて…
> もうすっかりアルさんのトリコですね?

うーん、どうなんでしょ?
何かしら興味はあるのだろうけれども 私の生態を知ったらビックリされるでしょうね。

ま、いつかはそれも暴露されるかもしれませんね。
2013.06.30 Sun l アル. URL l 編集

コメントの投稿