フジタさんと話したいのに 話せない。

お酒に弱いくせに ワイングラスをぐいぐい傾けていたので
店内の光景が だんだんぼやけて見えてきました。

いったい このときのアル田、どうなっていたのでしょうか?

今 思い出しても 我ながらヒドイ。

私のiPodには この夜の料理の写真が残っているのですが
後半の料理、まったく記憶がありません。

おいしい、おいしいと言いながら 食べていたはずなんだけど・・・


「アル田さん」

ぼんやりした視界の奥から フジタさんがこちらを見ています。

あれ?
私、今、フジタさんから呼ばれた?

「はい?」
「アル田さん、ねぇ、何か喋ってくださいよ~」

私に話しかけてきたのは 隣りのスギタさんでした。

「ああ・・」
「さっきからアル田さん、何も話してくれないんだもん」
「す、すみません。で、何を?」
「最近、どうなんですか?」
「どう?どうかと言われると、いや~まぁ大変、大変」
「仕事のこと?」
「ええ、まぁ。スギタさんも大変なんじゃないですか?」
「そうなんですよ~。ちょっと聞いてくださいよぉ~」

スギタさんは 私のすぐ隣りで
仕事のこと、家のこと、いろいろ話してくれました。
私もふんふんと聞いています。

聞きながらも 別の方向へ視線を送ります。

フジタさんとシバタさんは まだ何か2人で話し込んでいました。

いったい何の話をしているんだろう?

スギタさんの話を聞きつつ 別の2人の会話に耳をそばだてましたが
まったく聞こえません。

ああ!
聖徳太子のようにはなれない!

いや、それよりも
酔いすぎて 耳が遠くなってるんじゃないのか?

そういえば 聖徳太子がイケメンすぎるとか困るとか。
そんな余計なフレーズまで 頭に浮かんできて
思考回路まで怪しくなってきました。

内部では おぼつかない状態なのに
スギタさんとはそつなく会話を続けていて
なんと 食事会はそのまま終わりました。

フジタさんとの絡みは ほぼなし!

いったい何をやっている!?
いろいろと フジタさんに聞きたいこともあったのに。
地団駄踏んで悔やんでも 後の祭り。

きっと ここまで読んでくださった皆さんも
あまりのアル田の情けなさに
ブラウザを閉じようとしますね。


落胆しつつ お店を出て
5人で駅まで歩きました。

私の横に すっと近寄ってきたのはフジタさんでした。

「アル田さん、最近、仕事はどうですか?」

突然 フジタさんに話しかけられて
がっかりしていた気持ちが 急上昇しました。

隣りを見ると フジタさんはにっこり笑って
こちらを見ていました。

フジタさん・・・
いつものクールなフジタさんとは ちょっと違う雰囲気。

そんな笑顔で見られたら・・・

酔いのせいなのか 何なのか。
まだ私は グラグラしていました。



(「だから酔ってるだけなんじゃない?」と言った方。シッ!!)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ





次へ進む→フジタの人事-仕事のできる女(28)
前へ戻る→フジタの人事-仕事のできる女(26)




2013.06.18 Tue l フジタの人事-仕事のできる女 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿