世の中には 「聞き上手」な人がいる。

「聞き上手」な人は
「話し上手」ではない私の話を うまく聞きだしてくれる。

聞かれることを心地よく感じると
ついつい 私のすべてを話してしまいそうになる。

===

シノダさんと私は 職場で同じ試験を受けることになっていました。

廊下でシノダさんと偶然会い
立ち話をしていたときに 試験の話が出ました。

「あの試験、どうします?」
「どうしましょう・・・」

毎日 何時間か試験勉強をすればいいのだけれども
限られた時間に効率よく勉強するというのが苦手な私は
どうしましょうと言いながらも 半ば諦め気味でした。

それでもシノダさんが試験対策の本を貸してくださるというので
ありがたくお借りして家に持ち帰りました。

自宅で本のページをぱらぱらとめくってみたものの
内容がまったく頭に入らず すぐに閉じてしまいました。

次にシノダさんに会ったとき。

「どうでした?」
「ムリムリムリムリ! ムリです! ダメです!」
「ですよねー!」

シノダさんの賛同を得て 少し安心しました。

「シノダさん。試験の日、何か用事ありますか?」

試験のことはさっさと横に置き 私は首尾よく
お茶を飲む約束を取り付けました。

どんなに試験を受けるのが苦痛であっても
その後にシノダさんとお茶ができるなら・・・

「試験の後にお茶・・試験の後にお茶・・」

私はその日を楽しみに待ちました。

試験当日。

鉛筆を転がして どうにか解答欄を埋めた用紙を提出し
やっとお茶の時間になりました。

おいしいコーヒーを出す店に移動して
2人でいろんな話をしました。

どういうきっかけでそうなったのか
はじめは仕事の話とか 家であった出来事などを話していたのに
気づけば 私は自分の過去の恋愛話を暴露し始めていました。

恋人の性別は隠して
当時の私がどんな風に感じていたのか。

失恋をしたときに どれほど落ち込んだのか。
そのときの状況を自分に納得させるために
どんな行動をとったのか。

今にして思えば そんな恥かしいことを
よくも話せたものです。

でも シノダさんがとても聞き上手な女性だったので
1点をのぞいて ほぼすべてのことを
打ち明けてしまいました。

乾物のような私から そんなウェットな話が出てきたのが
シノダさんは とても意外だったようで
「アル田さんがそんな激しい恋愛をするなんて」と
興味深く聞いてくれました。

私の口が ムズムズしてきました。

「ま、そのときの相手って女性なんですけどね」

もうこの最後の1点も打ち明けちゃっていいかな・・

シノダさんなら 打ち明けても
嫌悪感を抱かずに 話を聞いてくれそうな気がします。

でも 今後も仕事のつきあいは続くはずで
それなら 黙っているほうがいいでしょう。

それでも。
ああ・・言いたい・・・

結局そのままシノダさんと別れましたが
あと30分でも一緒にいたら
打ち明けていたかもしれません。

それほどに シノダさんに話を聞いてもらうことが心地よかったのです。

自分こそ「聞き上手」な人でありたいと思うのに
そっちは なかなかうまくいかない。

===

さて。
私から最後の1点を巧みに引き出していったのは アサダさんです。

アサダさんは シノダさんを通じて知り合いになった人です。

その2人を見ていて
私はあることを感じていました。


(まずは 聞き上手なシノダさんに語りたいという方。いますぐ応募を!)
ブログランキング・にほんブログ村へ


2015.08.25 Tue l 今日思うこと l コメント (4) l top
自分の過去を打ち明けてみたって
そこから何かが変わるというわけでもないのだけれども
どうしても人に打ち明けたくなるときがあります。

自分のことを知ってほしいと思えるような人。
そんな人に出会ったときに。

===

シノダさんとは かなり前からの知り合いです。

職場の知り合い、と言っても同じフロアにいたわけではなく
ときどき廊下で会って話をするくらいでした。

シノダさんは いろんな人と接する仕事をしていましたが
どの人に対しても笑顔で応対しているようで
「こういう人っているもんだなぁ」と 私はしみじみと思いました。

今でこそ 仙人とか 安心感があるとか 好意的に言われている私ですが
以前は 大勢の中にいると 周囲になかなか馴染めず
「とっつきにくい 無愛想な人」と思われていたはずです。

だから シノダさんの物柔らかな接し方を
とても羨ましく感じていたし
またそれを 心地よく感じていました。

私が仕事でわからないことをシノダさんの部署に聞きに行くと
シノダさんはとても親切に教えてくれました。

なんていい人!

たいした用事でもないのに シノダさんの部署に顔を出して
話しかけてもらえるのを期待していたし
廊下でシノダさんと出会って ちょっとした立ち話ができるのも嬉しいものでした。

でも いつもお互いに敬語で話していたので
少し物足りないというか
もうちょっと打ち解けられたらいいのになぁと思っていました。


その機会は やってきました。

私が新しいクルマを購入して 通勤に使い始めたとき。

ある日 たまたま廊下でシノダさんと会い
私のクルマの話になりました。

「アル田さん、車を買ったんですね!」

「はい、大枚はたいて買いました」

「アル田さんの車、若作りですね!」

な、なに・・・?

「田作り」 → ブ、ブーー! それはお正月。

「荷作り」 → ブ、ブーー! それは博多レジェンド。

「子づk・・」 → ブ、ブーー! というか、ピ、ピーーー!

シノダさんの言葉に なんと言っていいかわからず戸惑っていると

「私の車は、おじさんの車ですけどねー」と
シノダさんが笑いながら続けました。

ああ、そうだ!
そうこなくては!!

こんな会話を待っていました!

言葉でのからかい(イジり)は アル田にとって必須です。

「アハハ、若作りか~」

シノダさんは おじさん車(←失礼)のセダンに乗っていました。





最近 シノダさんにこのときのことを聞いてみたのですが
何も覚えていないとのことでした。

「若作り」・・・。

私の耳の錯覚だったのかなぁ~?

でも そのネタができたおかげで
職場で会う親切なシノダさんから
「ちょっとおもしろいシノダさん」に変わりました。


===

シノダさんのことは書かないほうがいいのかな・・と思っていたのだが
結局 書いてしまった。




(もう少し続きがありますが 書いても大丈夫ですか?)
ブログランキング・にほんブログ村へ

2015.08.16 Sun l 今日思うこと l コメント (2) l top
髪を切りました。

ここ数日 猛暑が続いているので
髪を切って少しでも涼しく過ごそうと?

いえいえ。モテるためです。

アルだって 生身の人間です。
アルだって モテたいのです。
このくらいのささやかな希望 いいでしょう?


そういえば以前も こんな会話がありました。

「アルさん、髪、切ったんやね」

「はい。モテるために 髪を切りました」

「あははー」

軽く笑い飛ばした 博多レジェンドの2人。

「いや、本当にモテたいんだって」

「あははー」

レジェンドの1人が言いました。
「アルさん、抱いてほしいって言われたの?」

「は?」

「もっと抱いてほしいって言われたんですか?」

「☆%▲※~」

崇高なレジェンドの思想に ついていけないのですが
強く求められたら 髪を切って臨めということなのでしょうか。

友だちの子どもを
「ちょっと抱いといて!」と強く求められることはあっても
しかるべきシチュエーションで「抱いてほしい」と要求されるわけもなく

少々 髪を切ってみたからといって
モテるはずもなく。

だいたい そんなことでモテるのだったら
丸坊主になるまで髪を切りますよ 私は。

===

リアルな知り合いに このブログをお知らせしたことは既に書きました。

ありがたいことに その知り合いはブログを読んだ後も
嫌がることなく接してくれて
むしろ「続きを・・」と言ってくれたりもします。

私のほうも
リアルな付き合いの人に ブログの存在を伝えても
何も変わらないだろうと思っていました。

でも ブログを書くのを躊躇することも出てきました。
前回の続き 筆が進みません。





(ロックさんが・・ロックさんが・・・)
ブログランキング・にほんブログ村へ
2015.08.04 Tue l 今日思うこと l コメント (7) l top