私、カナコは
コウちゃんを応援することを誓います!

(高らかに宣言して いったい何?と思われるかもしれませんが
 しばらくカナコの言いたいようにさせてあげてください。アルより)

今年の春から コウちゃんの生活の一部が
ガラッと変わることになりました。

これまでずっと変わらずにいたのに
急に変わって大丈夫なのかな?

でも 変わることを決めたのはコウちゃん自身です。

私には それがとても意外なことでした。

コウちゃんは 気分によってあれこれと変えていこうという性格ではなく
いつでも変わらずにいる人だと思ってたからです。

そんな人が 自ら変えていこうとしている。
頑張ってる。

もちろん私はコウちゃんのことが心配で
あんなことも、こんなことも、と焦るばかり。

私が何かをしてあげることじゃない。
コウちゃんが自分で決めたことで
自分で頑張っていかなくちゃいけない。

だから 私、カナコは
言葉や気持ちで彼女を応援することにしました。

こんな私の気持ちは
何かの助けになるのかな・・・

「私、コウちゃんのこと応援するからね!」

「うん、ありがとう」

「何か手伝えることあったら言ってね」

「うん、嬉しい」

彼女が嬉しいと言ってくれると こちらも嬉しくなる。

コウちゃんがぽつんと言いました。
「一人じゃない」

「え?」

「一人じゃない、って思えるのが嬉しい」

カナコは泣きそうになりました。




変わらないところから 飛び出していける勇気を!

私は徹底的に応援に回ります。

===

アルより ひと言。

コウちゃん、頑張れ!!

そして カナコ!

応援もいいけれども 自分は!?
自分のことは大丈夫なの!?



(カナコはいったいどこへ向かって行くのでしょう?)
ブログランキング・にほんブログ村へ
2015.03.03 Tue l アル指定 l コメント (4) l top