朝食は必ずとります。

よほど寝坊をしない限り 少量でも食べます。
食べないと 午前中のアルは使いものになりません。

旅においても その習慣は変わらず。

どちらかというと がっつり食べるほうなので
同行する友人は「そんなに?」と驚きます。

少食のイメージなんでしょうか。

===

今回は旅ではなかった。

どうしてこうなったのか 説明は省くが
安いホテルに滞在することになった。

そのホテルでは簡単な朝食がサービスで付いていて
フロントの横の小さいレストランで
パンやドーナツ、ハム、ポテトなどが食べられるようになっていた。

何日目かの朝。
いつもどおり1人で朝ごはんを食べに行く。

早い時間だったので 他の客は誰もいない。
レストランの一番真ん中のテーブルに 自分で食べ物を運んだ。

パンとコーヒー、卵焼きにベーコン。
連日 同じようなメニューだが さほど苦にならない。

ゆっくりと朝食をとっていると
スポーツウェアを着た男の子たちがレストランに入ってきた。
そして 少し離れたテーブルに4人座った。

それだけではなかった。

次々と同じスポーツウェアを着た人たちが入ってきた。
女の子たちも入ってきて やはり同じウェアだった。

各人がジュースやドーナツを持ち
私の周りのテーブルをどんどん埋めていった。

真ん中のテーブルに私。
それを取り囲むテーブルは 全員同じウェア。

それぞれが食べたり飲んだりしながら
キャッキャッとお喋りをしているが
何を喋ってるんだか 私には聞き取れない。

とっても異様な光景だったと思う。

彼らも この真ん中のテーブルに座ってる人はいったい何者か?と気になったのかもしれない。
チラチラとこちらをうかがう視線を感じる。

落ち着かなかったけれども 朝ごはんは残さず食べた。

テーブルを立つ前に 隣りのテーブルの女の子に声をかけてみた。

「あなたがたは高等学校の生徒でありまするか?」

女の子は笑顔を見せて答えてくれた。

「ええ、そうですよ」

「どちらからお越しになったのでござりまするか?」

「私たちは、☆$○■♪から来たの」

「さようでござるか。それがしは日本から参ったのでありまする」

「へぇー、日本ですかー」

それ以上 会話は続かなかったので
空いた皿とコップを片付けて レストランを出た。

高校生に取り囲まれる自分を思い出すと
なんだかおかしい。

===

hinitijo01.jpg

(中央にいるのはアルではありません)


腹ごなしに散歩します。

目に入ってくるのは こんな光景。

hinitijo02.jpg

でもまあ 日常でも非日常でも
私の中身は何も変わりません。

相変わらずです。



(カテゴリ外、すみません)
ブログランキング・にほんブログ村へ


あつさんへ
とある空港で見ました。
hinitijo03.jpg

おまけです。
hinitijo04.jpg
2014.11.24 Mon l 今日思うこと l コメント (14) l top
ジンが好きです。

===

仕事上でとてもお世話になった方がいました。

その方は お酒を多く嗜まれる方で
仕事の後に 何度かキタのお店に連れて行っていただきました。

お酒を飲みだしたらエンドレス。
終電? 何それ?

3軒目あたりの しっとりとした大人のバーで区切りをつける1杯を飲んだ後
深夜割増のタクシーで帰るのが当たり前。

まぁ はっきり言ってしまえば「飲んだくれ」という・・・

はっ!・・・失礼しました。

一方 部下のアルは 飲めないこともないが
1軒目の途中から酔いが回っています。

2軒目あたりで 帰りたいな~と思うけれども
「帰ります」と言えば その方が寂しがるような気がするので
結局 最後の店まで付き合います。

アルコールに弱いアルですが カクテルを作るのが好きだと言うと
ベースのお酒は何か?と聞かれました。

ジンを使います。
いろんな材料と合わせやすいですし
お値段も手頃ですから。

その方は言いました。

ジンだったら
タンカレーがうまいね!

それまで私はタンカレージンを飲んだことがありませんでした。

3軒目の店を出て ようやくタクシーに乗りました。
酔いと眠気でフラフラになりながらも
タンカレーの名前は頭の中に残っていました。

後日 お財布をはたいて
タンカレージンを購入。

さっそく自宅でカクテルを作り
自分で飲んでみました。

おおっ!
これがタンカレー!

生のライムを使ったこともあり
とんでもなくおいしく感じました。

お世話になった方の言うことに間違いはなかった。
さすがタンカレー!

おお・・・あらら・・?

アルコールに弱いアル。
なんだか このカクテル、爽やかだけどクラクラするね。

タンカレー、アルコール度数は47.3%!

お近づきになりたいあの人に
「あなたのために作ったカクテルです」と勧めるつもりなのに

その練習段階で 自分を酔わせてどうする!



それから数年。

私は職場を変わり
家でカクテルを作ることはなくなりました。

お世話になった方とも もう会うことがないのです。


===

今日
ふと思い出して 近くの店で買ってきた。

Tanqueray1.jpg

シェーカーもまだ捨ててはいなかった。
久しぶりに練習してみよう。

Tanqueray2.jpg

免税店よりも 近所の店のほうが安い。

近所の店、優秀!







(クルマ、酒と来て 次は○○○か?)
ブログランキング・にほんブログ村へ

2014.11.22 Sat l 今日思うこと l コメント (8) l top
クルマ好きです。

言わずもがな。
アルのことをわかってる方なら 当然おわかりでしょう。

もう一つ。
掃除や片づけが好きです。

ご存じでしたか?

何が言いたいかというと・・


クルマ好き + 掃除好き = 洗車好き


というわけで 洗車の話です(さっそくカテゴリ外)。

先日 夕刻に時間がぽっかり空いてしまったので
久しぶりに洗車に行ってきました。

本当は毎日でも洗いたいくらいなのですが
自宅に洗車できる環境がないのと
あまり時間が取れないのとで
頻繁に洗車できないのが実情です。

で…あまりに久しぶりだったため 飢餓状態のような心境で
コイン洗車場に恋人を連れて行ってきました。

お休みの日でしたが 洗車場は比較的空いていたので
ゆっくりと恋人の体を洗うことができました。

ワックスがけはもちろんこと 車内の拭き掃除や
ホイールカバー磨き エンジンルームの点検まで。

思うままに 恋人の体を丁寧にきれいにしました。

ふと気づけば さっきまで洗車場にいた仲間の
アクアやエクシーガやノアはいなくなり
アルと恋人だけが取り残されていました。

あら?

洗車を初めてから3時間が経過していました。

あ! 3時間ごときで驚かないでください!

3時間なんて いつものことです。
日常茶飯事です。

これまでで最大の洗車時間は 7時間です。

いったい 何をやってるんだか。

でも おかげさまで恋人は
とってもキレイになりました。

贅沢にも キレイな恋人の体を
あれこれといじることができるようになるわけです。

タイヤの空気圧も高めにして・・・
いつでも迎えにいく準備はできていますよ。

===

いい季節になりました。

朝晩 めっきり冷え込む季節になりました。

いったい何が「いい季節」?

それは・・・

運転席での革手袋が解禁されましたー!
これで毎日、革手袋を着けていられますー!!

運転時の革手袋はデフォルトです。
ただ 暑い時期にはどうしてもはずしてしまいます。

やっと涼しく、というよりも寒くなってきたので
革手袋を装着し 本革巻きハンドルを撫でまわします。

今年は革手袋を新調したので
ハンドル操作のたびに ギシギシと音を立てます。

そりゃあもう 助手席に座った人が
「いったい 何の音?」とおびえるくらい
革と革の触れ合う音が野生的です。

ああ 懐かしい この音 この手触り。


私の手でキレイにしてあげた恋人を
革手袋の手で 優しく撫でまわす。

至高の時間です。





(ギシギシ音が聴きたい方は 助手席へどうぞ!)
ブログランキング・にほんブログ村へ

2014.11.18 Tue l 今日思うこと l コメント (8) l top