つい数時間前に博多駅で会ったHさんと
ビアガーデンに近いこのホテルの1室で2人きりになる。

Hさんは なんだかソワソワしていた。

私と2人きりだから ソワソワ?
いや、そうじゃない。

「どうしたんですか?」

「いやー、緊張する、緊張する」

「でもHさん、あの2人に会うのは初めてじゃないでしょう?」

「それでも緊張するんだものー。アルさんがサプライズなのに、あの2人に見つかりそうで・・」

「そんな・・私なんてサプライズにもなりませんよ」


博多レジェンドブログのあの2人と その読者さんたちの会合@ビアガーデン。

そこにサプライズで登場するという午前1時のアル。

うーん・・明らかに力不足。

しかし せっかくHさんがお膳立てをしてくれたのだし
読者さんたちも アルのことをあの2人には黙っててくださったのだし
覚悟を決めて 行きますか!

事前に 読者さんであるMさんとお会いし
3人で待ち合わせ場所へ向かう。

「あ、いるいる! もうみんな来てるみたいですよ!」

「ちょっとアルさん! ちゃんと私の陰に隠れて歩いてくださいよ!」

Hさんに怒られながら MさんとHさんの後ろに隠れ
レジェンド2人と読者さんたちのほうへ近寄っていく。

「あー、来たね」

なたんさんがMさんとHさんに声をかける。

そうだ。なたんさんってこんな声の人だった。
つたんさんは?
ちらっと見えたつたんさん。
そうだ。つたんさんはこんなとき、何かを言いたそうな顔をして でも黙っている。

レジェンドは変わってないなぁ。

読者さんは RさんMさんのカップルと今日初参加のFさん。

「えっと、もう1人、今日はじめての子は・・?」

「あ、あと1人は遅れてくるって」

「ふーん・・・」

ぐるっと見回したなたんさんは Hさんの陰に隠れて
ぼ~っと立っている私を見た。

「?」

つたんさんも私に気づいたようだ。

「あれ? アルさん!?」

「アルさん!?」

レジェンド2人は驚いて固まり
アルサプライズを知っていた周りの人たちは
ニコニコと2人を見守る。

やった!
サプライズ、成功・・・

数秒後。

「さ、(ビアガーデンに)いこか」

なたんさんはくるっと後ろを向いて歩き出した。
つたんさんも自転車を押して 歩き出す。

・・・
反応、薄っ!!









(この後のできごとも 薄いですけど書いてもいいですか?)
ブログランキング・にほんブログ村へ


2014.09.26 Fri l 今日思うこと l コメント (6) l top
このブログを読んでくださるHさんから
「一緒に博多へ行きませんか?」と誘われました。

博多レズブログとして 金字塔を打ち建てている
あの!レジェンドの2人に会いに行くそうです。

「えー? 私なんて行ってもいいのかな・・・」

「アルさんが来たら、あの2人も喜ぶと思いますよ」

「喜ぶかな・・? 初めまして!って言われるかも・・」

「えー!? それはないでしょ?」

「それか、この人、アルさんにソックリやわ~って言われる」

「大丈夫でしょ?」

Hさんもさすがに不安になってきたようです。
それなのに あえてサプライズを仕掛けようとするHさん。

「それじゃアルさんは、Mさんの友達のあっちゃんということで」

「うぇっ?あっちゃん!?」

「あの2人以外の参加者には、アルさんがサプライズで博多に来るって伝えますから」

「私はたいした人物じゃないから、サプライズにはならないと思いますよ・・・」


博多へ行くと決まったら 私も覚悟を決めて
サプライズ関係はすべてHさんにお任せしました。

なにしろ 博多でビアガーデンに行くという情報以外に
私は何も知りません。

どんな人が集まるのか、どんな距離感の集まりなのか
Hさんから聞かされることだけが唯一の情報です。

だいたいサプライズって
嬉しいことが突然やってくるものでしょ?



(サプライズのススメだって!? いや、アルはオススメできませんよ)
ブログランキング・にほんブログ村へ


2014.09.23 Tue l 今日思うこと l コメント (0) l top
なぜかわからないが 数人のLINEで
「ヘンタイ」という言葉が連呼され
脳内がすっかりHentai化されてしまった。

真夏の猛暑の頃よりも ずいぶん涼しくなり
まだ汗は流れるけれども 走るのが心地いい。

それなのに 脳内がHentai化。

走りながら 妙なことばかり考えている。

たとえば LINE上で交わされる
体のどこの部分が好みなのかという ○○フェチ談義。

私は 体のパーツにそれほど執着はないなーと思っていたのだが
走っているうちに だんだん気づいてきた。

そうだ。

手、だ。
執着というほどではないにしろ 女性の手に目が行ってしまう。

それも 白くて細い 華奢な手ではなく
ハンドボールを片手で軽々と持てるような 大きい手。
スポーツをする女性の手。

そのような手には 触れてみたいと思うよりも

そのような手で つかまれて・・み・・や・・・
・・・うぐぐぐ・・・

走りながら Hentaiなものだから
息が詰まりそうになって 我に返る。

ダメダメ!
走りながら こんなことを考えては!

そうだ。
もう一つあったわ。

筋肉がきれいについている部分が好きだわ。

ボディビルダーみたいに 極端に膨れ上がった筋肉ではなく
必要最小限の量が 腕や足にきれいについている。

これ、結構マニアックだわ。

なぜなら 自分についている筋肉も含まれるから。

あ、引かないでください!

自分の腕や足にだって きれいに筋肉がついてほしい。

こうなるともう フェティシズムではなくて ナルシシズムね。

===

最近は パワーの落ちた『検索キーワード』ですが
こんな話題にピッタリキーワードはあるでしょうか?


『私は革手袋がすきです』

私も好きです。


『午前1次』
『午前1ji』

午前1時ですが・・・


『シャツインアウト』

これに類似する検索キーワードは
かなり前から散見されています。
夏の頃には ほぼ毎日。

シャツをお持ちの女性は よほどお悩みなんですね。

私はヒロタさんじゃないので
「どっちでもいいやん!好きにして!」と言います。


『博多美人 出逢うには』

博多へ行け!
行けば なんとかなる。


『自分で自分を焦らす』

やだー!
いくら 私が「焦らし」のテクニシャンで
ナルシシズムの巨頭であっても
自分を焦らすのは やだー!



・・・
さまざまなキーワードで検索して
私のブログを見つけてくださった皆様。
どれだけ焦らされても 飽きずに読んでくださる皆様。

今日もありがとうございます。


(それにしても 自分で自分を焦らすなんて・・ドMか!)
ブログランキング・にほんブログ村へ
2014.09.14 Sun l 今日思うこと l コメント (6) l top