今日は 思いっきり嗜好ネタ満載です。

カメラ女子、メガネ女子、クルマ女子が好きな私ですが
本日はクルマにまつわるもろもろを。

===

近頃 街なかで見かけるとハッとするクルマ。

cx5.jpg
マツダCX-5

なかおもしろそうなクルマですね。
見た目も個性ありです。

レズビアンはRV好きというのは
既知の事実ですから
このクルマに興味津々な方は少なくないでしょう。

そういえば m○xiのお友だちである1人の女性が
マツダのショールームをふらっと訪れ
その場で気に入ったCX-5をお持ち帰り、いやお買い上げになったそうです。

惚れますよね、そんな女子。

いや、違った、今日はクルマが主だった。

マツダでは 私の好みはこれ。

demio.jpg
マツダDemio

モデルチェンジしてよかった。
このスタイル、スポーティーかつシンプル。

レンタカーの営業所で このクルマが大量に並んでいても
くどくないデザイン。

せっかくだから もう少しカラーバリエーションを増やしたらいいのに、と思います。
ただ そうなると、おもちゃみたいに感じてしまうかな。

===

ところで クルマのバンパー周りや横っ腹を見ると
その車種が ほぼわかるアルですが
もちろん それは運転者においてもです。

クルマを見ると
「あ、○○さんのクルマ」と連想します。


ここでいきなりフジタネタに切り替わります。

以前 フジタさんは職場までクルマで通勤していましたから
フジタさんが何のクルマに乗っているのかはチェック済み。

もちろんナンバーもわかっています(ストーカー・アル田)

異動され 職場も変わりましたが
クルマは替えてはいないはずです。

この、フジタさんと同じ車種を
実によく見かけるのです。

売り上げ台数が上位に入るほどの人気車種ですから仕方ありません。
色もまたしかり。

さすがに プリウスやアクアほど台数は出ていませんが
あちらで見かけ こちらで見かけ
このクルマを見ない日はないと言ってもいいくらいです。

フジタさんと私の家が 実は近いことや
フジタさんが時々 私のいる職場に用事があって来ていることなどがあり
クルマを見かけると フジタさんではないか、とドキッとします。

そして必ずナンバーを確認。

ナンバーが違って ちょっと残念。

まぁ そうなかなか遭遇できるものでもありません。

・・と思っていたのですが 先日。
ついにバッタリと遭遇したのです。

休日朝の早い時間でした。

私が赤信号で停車していると
交差する道の左側のほうから そのクルマが出てきました。

いつもどおりナンバー確認

フジタさんのクルマと判明!

アル田、動揺

フジタさんのクルマが左折したので
信号が青になるか ならないかのうちに
私はクルマをフライングスタートさせ
フジタさんの後ろにピッタリとつけました(チェイサー・アル田)

うわーっ 何だかドキドキする~
フジタさん、バックミラーを覗いてくれないかしら・・
そこにはH度満載のアル田が・・・

顔がニンマリとしかかったのも つかの間
すぐ次の交差点で
フジタさんのクルマはすばやく右折し
スムーズに加速して行ってしまいました。

直進のアル田、呆然。

早朝の邂逅に 喜びかけたものの
あっという間の逢瀬でした。


そんなことがあってからというもの
めったに会うことはないだろうとわかっていながら
フジタさんと同じクルマにめぐり合うと
期待を持ってナンバーチェックをしてしまいます。


(憧れの人のクルマ、見たらすぐわかりますか?)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ



2013.10.27 Sun l 今日思うこと l コメント (12) l top
いつも読んでいるブログがあります。

前にも少し紹介しましたね。

その方のブログは 言うなれば
「読書家」の香り、漂うブログです。


その方の最新の記事で
たいせつなものを失くしたというお話がありました。

それは
だいじに身につけていたものだそうです。

ああ・・
私、共感できます。

だいじなものを失くしてしまった。
そのときの 虚脱感・・

わかります、わかりますとも。

だって私、先週、だいじなものを失くしましたから。

それも 仕事で必要なものを失くした・・という・・・

バカバカバカ!
アルのバカ!!

仕事に関するものを失くすなんて たるんでる証拠!

どこで どう失くしたのか
さっぱり思い出せません。

まず3日間、失くしたことに気づきませんでした。

気づいたときには 一人静かに「顔面蒼白」となっており
沼底の泥土に沈むくらい落ち込みました。

考えても 頭をはたいても 全然わからず。
頭を真っ白にして 失ったと思われる日の行動を
順番に思い出そうとしましたが
手がかりとなるようなものは何も出てきません。

昼の弁当はおいしかったとか
朝の通勤時に見た、クルマの総走行距離とか
どうでもいい無意味なことばかり思い出します。

催眠術師にお願いして
当日の状態まで呼び戻してもらいたいくらいです。


くだんのブロガーさんが書かれた記事に 思わず
「私もだいじなもの、失くしました!」と
書き込もうとしましたが
私などと同じにしてしまったら失礼なので やめました。

心を落ち着かせて
おとなしくブログを読ませていただきました。

記事に挿入されていたリンクをたどると
過去記事に 彼女さんからのプロポーズの話があり
二度三度読んでいるにもかかわらず
あたたかい気持ちになりました。

このブロガーさんの書かれる言葉は
いつもあたたかい。

だからいつも読みに来てしまいます。
更新されていなくても 既出のページを覗いては
何度もうなずきながら読んでいます。

いつもありがとうございます。

---

さて。
失くしたことに気づいてから 約1週間。

もしかしたら、と思いついたところを探したら
失くしたものが見つかりました。

もうこんなヒヤヒヤする思いは したくありません。




(とはいえ クールな人は好きです)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ



2013.10.22 Tue l 今日思うこと l コメント (8) l top
---

昨日は彼氏のように送ってくださってありがとうございます。


彼氏のように送って・・・

彼氏のように・・・彼氏・・・

(音声でメールをリピート再生しているわけでなく
 アル田の頭の中で エコーがかかっていることによるもの)

---

いつもはすぐにレスポンスをくれないフジタさんから
翌日の朝にお礼のメールをいただいて
かなり上機嫌のアル田です。

しかも「彼氏のように」という
ノンケに惚れてしまうアル田の心をくすぐるような言葉がそえられていて
職場のデスクで 一人、悶えていました。


「アル田さん、悪いけど、これやっといて」

はいはいー。何でもやりますよー

「アル田さん、なんかよくわからん問い合わせの電話!」

はいはいー。私が代わりに出ますよー

「アル田さん、企画課のフジタさんから○○の申請がきてるけど、ボクやっといていい?」

ダメ!!
フジタさんのお願い(申請)には 私が対応する!


そうはいっても 私情ははさめないもの。
フジタさんの申請は 別の人によってビジネスライクに処理されていきます。


せっかくいただいた お礼のメールに
どう返信すべきかを考えてみました。

ふだんは アル田の頭はシングルコアですが
業務時間中なので デュアルコアに切り替えて
仕事のことと並行して考えました。

そして はじき出された結論は
「過剰に反応しない」というものでした。

「ありがとう」ときたら
「どういたしまして」で さくっと終わっておくほうが無難でしょう。
返信をしなくてもいいくらいです。


私は フジタさんのメールを閉じて
フジタフォルダ(※)に移動させました。

(※フジタフォルダ・・・フジタさんから来たメールだけを保存しているフォルダ。
 もともと仕事で必要があったために振り分けていたフォルダ)

移動した後に もう一度ちょっとだけ読んでみよう、と魔の心が囁き
先ほどのメールを開きました。

「彼氏・・・」のあとを読んでみました。

さーっと読み進めると
あの日 飲み会の店に向かうとき
フジタさんは スギタさんのクルマに乗せてもらっていたことを知りました。

スギタさんは最近 新車を購入し
その 男前なクルマを乗りこなしているという噂です。

フジタさんは こう書いていました。
「ハンドルを握るスギタさんはかっこよかったです」


メラッ・・

アル田の中で 嫉妬の炎がゆらめきました。


これが後に敗因へと繋がる・・・
・・・ことはない。



(敗因はもっと別にあるのです)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ





次へ進む→フジタの人事-仕事のできる女(42)
前へ戻る→フジタの人事-仕事のできる女(40)

2013.10.20 Sun l フジタの人事-仕事のできる女 l コメント (9) l top