(・・・・・)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ









・・・
・・・

おいおい。
ブログの本文がないぞ!
いったいどうした! アル?



アルさん、記事の更新を失敗してるんじゃないの?

→いいえ、違います。


本日の記事は 限定公開です。
限定も限定、読めるのはたった1人だけ。


実は今朝、フジタさんと少しだけメールのやり取りがありました。

私がちょっとした出来事を 小出しにフジタさんに連絡したところ
フジタさんから「もっと詳しく教えてください」とのリクエストがあったのです。

「とても気になってしまいます(だから早く教えて)」
フジタさんから せがまれてしまいました。

ああ・・・
フジタさんから せがまれるなんて・・・

その出来事は 仕事とは関係ありません。
でも フジタさんが知りたがっていることはわかっています。

わかっていながら すぐには返信しませんでした。
アル田、お得意の「焦らしのテクニック」を駆使します。

「少しでもいいから教えてください!」
フジタさんからの言葉が 耳に響くようです(実際はメール)

いいえ、まだダメです。
まだ早い。
早いですよ、フジタさん。

ねだられても 首を縦に振らず
フジタさんを焦らす、という自分の姿を空想するアル田。

このへんで だいぶ「H」度が上がります。


ここで言う「H」とは 変態(Hentai)の頭文字。

「昨日、Hしてきましてん」
「キャッ! ○○さんったら、Hやわ~!」

これらの「H」とは 趣旨が異なります。


そろそろ フジタさんを満足させてあげようかな。
フッフッフ・・
望みをかなえてあげましょう、フジタさん。

「H」度が急上昇のアル田。


フジタさんは知りたがっているし
そんなたいしたことでもない出来事だったので
休憩時間にでもメールしようと思っていました。

完全に忘れていました。

休憩時間どころか 退社時間になっても
返信するのをすっかり忘れていました。

これでは フジタさんの信頼を失いかねない。

今から フジタさんへの返信メールを作成します。
せっかくなので いつものビジネスライクな文ではなく
ブログ調に返信しようと思っています。

フジタさんの知りたがっている出来事の詳細を
ブログ調で フジタさんに報告・・・

これを読めるのは もちろんフジタさん1人だけ。

フジタさん、楽しんで、いや、愉しんでくれるかしら・・


「H」度がフルゲージのアル田。
今夜はこれにて失礼いたします。




(「H」度満載のメールを読んだフジタさんの反応、知りたいですか?)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ





次へ進む→フジタの人事-仕事のできる女(23)
前へ戻る→フジタの人事-仕事のできる女(21)




2013.02.27 Wed l フジタの人事-仕事のできる女 l コメント (13) l top
「『ラブマイライフ』を観たことがありますか?」

100名に問うた結果。

Yes → 5名(内1名は映画でなく原作)
No → 1名
? → 1名

※回答数6・・・(T_T)




映画『ラブマイライフ Love My Life』
(2006年12月劇場公開)


この映画を 私が観ることになったきっかけは
サスペンスドラマに感謝する(2011.12.25 Sun記事)を ご覧ください。
(そんなん既に知ってる!という人は 飛ばしてください)


この映画は 雰囲気が暗くないから好きです。
もう6年も前の映画ですが
今、観ても 違和感なく楽しめると思います。

ご存じではない方へ。
あらすじを簡単に言ってしまうと・・・

---

仲良くつきあっている 女子×女子のカップル。

そのうち1人が 勉強に専念したいからと言って しばらく別れる。
もう1人。寂しい。でも自分も1つのことに打ち込んで頑張ってみる。

しばらくして再会。また仲良くする。

The End

---

ただ これだけ!
深く考え込むことがありません。
この、シンプルなストーリー!

もしこれが 女子×男子のカップルだったら?

仲良くつきあっている 女子×男子のカップル。
しばらく別れる。寂しい。
でも再会する。また仲良くする。The End

・・・映画化されないでしょうね。


主役2人もシンプル。
いちこ役の吉井怜さん。
エリー役の今宿麻美さん。

映画の評判(おもにレズビアンの方の)を見ていると
今宿さん人気が高いようです。

私は吉井さんですかねぇ。

どんな仕事でも頑張ろうという人柄みたいだし
彼女が白血病で休業していたということと
自分がドナーとなる可能性があったということがリンクして
気になる女優さんの1人です。

でもほんとの一番は 平岩紙さんかもしれません。
マイナーですかね・・


そうそう。
『ラブマイライフ』で使われている音楽も好きです。

映画を観ていたときは あまり気づかなかったのですが
noodlesの「She,her」を初めてちゃんと聴いたときの
衝撃は大きかったです。

私がこれまで聴いた楽曲のなかでも
「She,her」は トップクラスです。
何回でも聴きたい曲です。

いちことエリーの ラブラブ・デートの場面。
バックで流れている noodlesのか~るい楽曲もいいです。

なんかもう いろいろ悩まず
2人でラブラブでいたら それでいいという
この、力の抜け具合がたまりません。

noodlesの曲の中では
「The Creatures」「Hush Bell」が好きなのですが
これは映画では使われていません。残念。




今日は 1つの映画について
ずいぶん熱く語ってしまいました。

なんだか映画を観たくなってきました。
久しぶりに映画館に行ってみようかなぁ。



アンケート「『ラブマイライフ』を観たことがありますか?」に
お答えくださった6名の方々。
どうもありがとうございました!


(次も何かアンケートを作りましょう)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

2013.02.26 Tue l 今日思うこと l コメント (11) l top
本日は アル指定です。

===

私はカナコ。
今日は ほんの少しだけコウちゃんに会えた。

あまり時間がなかったので
クルマでコウちゃんを迎えに行き
彼女を乗せて 近場で買い物。

今日は寒かった!
晴れているかと思ったら すぐに空が真っ暗になり
雨(雪?)がパラパラと降ってきた。

やっぱり まだ冬なんだなぁ。

大阪といえども 当然、冬は寒い。
でも ここ数年はだんだん暖かくなってきている。

温暖化・・じゃなくて。


この前 2人で出かけたときに
コウちゃんから イヤーマフラーをもらった。

「自転車に乗るとき 耳が寒いんだよね~」と私がぼやいていたのを
覚えていてくれたらしい。

自分で買おうと思って ずっと探していたのだけど
なかなか気に入ったのがなくて 買わずにいた。

たまたま 2人で入ったお店で
あ、これいいなって思えるイヤーマフラーを見つけた。

買おうかどうか迷っていたら
コウちゃんが それを買って 私にプレゼントしてくれた。

自転車に乗るときには それを着けているから
今年の冬は 耳が暖かい。
イヤーマフラーがあるのとないのとでは 全然ちがう。

去年の冬には 家にいるときに履くルームシューズをもらった。
それまでは 冷え性だからいつも足先が冷たかったのに
そのルームシューズのおかげで 足がポカポカになった。

その前は ウールの帽子だった。
わりとしっかりした作りなので
それをかぶると 髪の毛がぺしゃっとなってしまう。
でも 頭の防寒は完璧。

そんなに極寒地方でもないけれど・・


こんな感じで 毎年、コウちゃんからもらったもので
私の体が温められていく。

雪がちらつく朝。
自転車をこぎながら 感じる。
コウちゃんの手が 私の両耳を覆っているような感覚。

家にいるときも
私の手や足、肩やお腹、背中も
コウちゃんに包まれて 温められている。

もちろん 体だけじゃなく、心も。


冬って寒いけれども
暖かいと感じられる季節だと思う。

===

アルより ひと言。

「クルマがほしい! それも新車!!」

物欲にまみれたアルですが
たまには カナコのように 身に付ける小さなもので
暖かさを感じることもあります。


(と言いつつも いつだってほしいクルマはあるのです)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

2013.02.23 Sat l アル指定 l コメント (3) l top