灼熱、である。

自分の体が 燃えているようだ。

ここは いつもの無味乾燥な職場。
ただ座っているだけなのに カラダが熱い。


数日前に フジタさんとの熱い夜を過ごし
まだ体が火照っているのだろうか。

それとも フジタさんから
仕事に対する熱い情熱の言葉を聞き
私自身も 仕事に燃える「熱い女」となったのだろうか。


・・・
熱い。
熱すぎる。


「熱いよね?」

「・・・」

「アル田さん、アル田さん!」

「え?」

「熱いよね?」

「あ! はい、そうですね。熱いですね」

ハッと我に返る。
隣りの席のクリタさんが 私に話しかけていたのだった。

「アル田さん、あれですよ、あれ」

クリタさんが指差すほうを振り返った。
私の席の真後ろに ガスストーブが鎮座していた。

な、なんや、これ?

この IT業界最前線の(←言い過ぎ)職場で
なぜ今頃 ”昭和”を髣髴とさせるガスストーブが。

どうりで 体が熱いはずだった。
あんな大きなガスストーブを 真後ろから焚きつけられたら
暑いに決まっている。

仕事に燃えて「熱い女」になったのではなかった。
ただ「暑い」だけだったのだ。

クリタさんは 喋り続けていた。

「M部長が、”女性は寒がりだろうから”って
倉庫からストーブを引っ張り出してきたみたいよ。
でも 私、さっきからずっと暑いのをガマンしてるの」

「ほんまに暑いですね」

「ねぇ、消してもいいんじゃない?」

「う~ん、でもM部長がわざわざ持ってきてくださったんですよね?」

「だって、暑いじゃない?」

「消したらM部長、気を悪くされるのではないでしょうかね?」

「でもエアコンの暖房も効いてるから。今は寒くないでしょ?」

「・・むむ・・」

当の本人のM部長は ガスストーブの向こう側、
つまり 私の席の後ろに座っている。

そこから 部下(クリタさんや私)の仕事ぶりを監視しているのだ。

チラリと振り向くと M部長は机上の書類に眼を通しているようだ。
クリタさんと私が こそこそと喋っていることには気づいていない。

「今のうちに消しちゃおう」

「あ、はい。では・・・」

私はそろそろと立ち上がって
ガスストーブのスイッチを切った。

M部長が下を向いたままだったので
ホッとしながら自分の席に戻る。

クリタさんも 熱源がなくなり
暑さもましになったのか
前を向いて仕事を再開した。

私も 仕事に対して よく言えば「クール」
率直に言えば「こんな仕事、面倒くさいよなぁ」と すっかり冷え切ったアル田に戻り
キーボードをカタカタと叩く作業を開始した。


「なんやー、アル田さん、暑かったんかー?」

ギクリ。

頭上から降ってきた声に 慌てて振り返った。
M部長が背後に立っていた。

「ええと、その・・あ、あつ・・暑かったもので・・」

隣りのクリタさんは 我関せずといった感じで
パソコンのモニターを注視していた。


「なんやー、暑かったら消してもええんやで」

「は! は・・はい・・(だから消したやん)」

「フジタさんはもっと早くに消してたで~」

「え?」

「フジタさんは昼過ぎには すぐに消してたなぁ」

まさか こんなところでも
前任のフジタさんと比較されるとは。

フジタさん・・・

あなたは M部長のご好意でもバッサリ断ち切って
暑すぎたらストーブは消す、という当たり前の行為を貫いたのですね。

それに比べて 私、アル田ときたら・・

ストーブを消してしまったら
せっかく倉庫から引っ張り出してきて
寒がりであろう女性陣の席近くにストーブを設置してくださったM部長が
ガッカリしないだろうかと 余計な気遣いを・・

いや 気遣いと言うよりも
M部長のご機嫌を損ねないだろうか、という
いやらしい考えを・・・


「アル田さん、暑かったら消したらええから(ウッシッシ)」

見上げると なんとなくM部長は笑っているように見えた。


うずくまって ガスストーブに着火し
「ほれほれ~ 暑いやろ~ 暑いやろ~ ウッシッシ」と
女性の席近くに 熱源を仕掛けるM部長の姿を想像した。

こ、これはハラスメントか。
それとも 部下を試練の場に置き
そこから這い上がってくる者のみを重用しようというのか。

そうなると フジタさんは
M部長の 「ウッシッシ灼熱地獄」を一蹴した
「できる女」である。

私は・・私は・・
やはりフジタさんには とても太刀打ちできない
「ダメな女」なのか。


いや、ちょっと待て。
M部長の「灼熱地獄」に 午後3時まで耐え抜いたアル田が
真の勝者ではなかろうか。


・・・
・・・
別に フジタさんと私、勝負している訳ではなかった、そういえば。

そもそも 数日前に
フジタさんとの暑い、いや熱い食事会を経て
「フジタさん」という言葉に敏感になりすぎていたようだ。

あの夜。
食事会のあった、あの夜。

===

そうそう。
そういえば 私は両方の鼻の穴に 白いガーゼを詰めたままでした。

話は 病院の待合室に戻ります。

「麻酔が効くまで そのままで」

男性医師にそう言われた私は
診察室から待合室に追い出され
鼻にガーゼを詰めた状態で じっと座っていました。

ガーゼを気にしていたら 余計に目立つだろうから
私はバッグから小説本を取り出して
膝の上において読み始めました。
これなら うつむいて ただ本を読んでいる人に見えるはず。

口を半開きにして呼吸しながら
小説本を数ページくらい読み進んだとき
鼻腔の壁を 鼻水がたらりと垂れる感触がありました。

慌ててティッシュペーパーを出してきて
鼻の穴を押さえました。

うぐぐ。
ガーゼを詰めていたって 垂れるものは垂れる。
麻酔が効き始めていても 水の垂れる感触はわかるもの。

片手に小説本、片手にティッシュペーパーで鼻を押さえ
非常に見苦しい格好で
私は待ち合いの席で耐え続けました。

は、早く診察室に呼び戻して!


これが数時間前のアル田です。

駅の改札口で 少々気取った格好で
フジタさんが来るのを待ち

遠くからフジタさんが「待たせてごめんなさい!」と言いながら
近づいてくるのを見て ドキドキしながら
「いえ、大丈夫です」と 上ずりそうになる声を抑えて
あくまでも落ち着いた態度を装う

その数時間前の姿が この、見苦しいアル田です。


「アル田さん、診察室にお入りください」

神の声が聞こえたので
「ふぁ~い~」と返事をし
フラフラと診察室に入りました。


男性医師の前に座りました。

「すぇんすぇい、ふぁ、ふぁなみずが出てまふ・・」

「ああ、そうでしょうねぇ。麻酔も効いてるしね」

鼻を押さえていたティッシュペーパーをはずし
それを捨てるところがなくて 仕方なく手にフンワリと握ったまま
男性医師のされるがままになりました。

「ここは? ここは? 痛くないね?」

「ふぁい、痛くありまふぇん」

「じゃ、処置します」

コードの繋がった金属製の器具を鼻の穴に入れられ
何の音もしないままに 何かが行われました。

「はい、終わりー」

ええっ? もう!?

「しばらく麻酔が効いたままで 気になるかもしれませんが
そのうち戻りますからね」

「は、はぁ・・」

「じゃ、後はクスリを出しときますね」

診察室を出て 精算を待つ間
麻酔が効いて 抑制の効かない鼻の奥から
鼻水がタラタラと流れ続けました。

これ、鼻血よりもひどくないか?

食事会のときに 鼻血がたらっと出たら格好悪いと心配していましたが
鼻血が 鼻水に変わるだけになりそうです。

麻酔って 何時間後に切れるの・・?

先生! 先生!!


===


この数時間後には
駅の改札で ハスに構える 気取ったアル田です。


(とりあえず 鼻の処置には要注意です)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ





次へ進む→フジタの人事-仕事のできる女(18)
前へ戻る→フジタの人事-仕事のできる女(16)
2013.01.27 Sun l フジタの人事-仕事のできる女 l コメント (13) l top
皆さんは もうお忘れかもしれません。

フジタさんのことを。


フジタさん。
私が職場で憧れている人。
仕事のできる女、フジタさん。

覚えていらっしゃいますか?


フジタさんは 私の仕事の前任者です。
その仕事ぶりは 私だけでなく他の誰もがすごいと断言します。

そして 人に対して優しい態度で接するわりには
バサッと切り捨てるような クールな面も見せるフジタさん。
そんなクールさにも 私は憧れました。

私は 彼女のようになりたい。
そう思えば思うほど 気持ちがどんどん募っていきます。


そのフジタさんに対し
臆病な私、アル田は頑張りました。

敗者復活(2012.11.08 Thu記事より)


フジタさんを食事にお誘いしてから
いったいその後どうなったのか!?

イライラしながら 続きを待たれている方がいらっしゃるかもしれません。


実はもう フジタさんと食事をした夜は
過ぎ去っています。

あの晩 軽いショックを受けました。
自分なりに整理はできているのですが
ブログに書いても あまりおもしろいことはありません。

それでも記録という意味で
どうにかこうにか書いてみようと思います。


事前の準備は万端でした。


2人きりで食事をしながら どんな会話になるのか
『想定問答集』まで用意していました。

ああ言えば こう言う(2012.11.11 Sun記事より)


また 食事会にあわせて
両手の爪をきれいに磨いてもみました。

身をかわす(2012.11.17 Sat記事より)


フジタさんの予定に合わせて
食事会の日程を決めていたのですが
彼女の都合で延期になり 意気消沈していたアル田。


想定した問答の内容を忘れ
きれいに施したネイルも 爪が伸びてズレてしまう頃
ようやくその日がやって来ました。


午後7時。
食事会が始まるのです。

===

ですが ここで。
少し時間をさかのぼります。


その日は 仕事が休みだったので
お昼前に病院へ行きました。

このところ 毎日のように鼻血が出ていたからです。

鼻血といえども 侮ってはいけない。
隠れた内臓疾患なんかが原因なのかもしれない。

そんなことはないだろうと思いつつも
フジタさんとの食事会の前に 心配事はなくしてスッキリしたい。
そんな思惑もあり めったに行くことのない病院に向かいました。

名前を呼ばれて診察室に入ると
メガネをかけた男のお医者さんが座っていました。

「どうしましたか?」
「毎日、鼻血が出てるんです」
「では 見てみますね」

顔にライトが当てられ 男性医師による診察を受けました。
男性医師が 私の鼻の中を覗いてマスク越しに声を漏らしました。

「ああ・・!」
「!?」

ああ、ってなんや、ああ、って。
何なんですか、先生!

男性医師は私からすっと離れて カチャンと器具を置きました。
そして横を向いて カルテに書き込みながら言いました。

「たいしたことないですね」

さっきの「ああ・・!」は なんだったんだろう?

人間の顔を縦に割った断面図を指し示しながら
男性医師は説明してくれました。

「ここのところから出血していますね」
「はぁ・・」
「でも、鼻血が流れ出るところまでは、いってないでしょう?」
「そ、そうですね。流れ出てはいません」

カリカリとカルテに書き付けて 男性医師は続けました。

「じゃ、ちょっと処置しておきますか?」
「処置、ですか?」
「別に今日じゃなくてもいいですよ」

フジタさんと会う前にはスッキリしたい。
今日はまさに その食事会の日。

食事会のときに 鼻血がたらっと出てきたりしたら
格好が悪すぎるし。

「今日でお願いします!」
「あ、そう。じゃ、今日やっちゃいましょうかね。あれ、用意して」

男性医師は 隣りに立っていた看護師に声をかけました。

処置って 何するんだろう・・
詳しくは聞いてないけれども
「ちょっと処置」と言うくらいだから すぐ済むのかな。

しばらくして 看護師が厳かに銀色のトレイを持ってきました。

「じゃ、麻酔するからね」
「ええっ!麻酔!?」

ちょこっと薬を塗るくらいかと思っていたら
麻酔まですると言う。

処置でなく手術なんじゃないの?
今日やってください、と言ったことを後悔しましたが
もう逃れることはできません。

私は少し上向き加減になり 麻酔の注射の痛みに耐える準備をしました。

男性医師は 丸められたガーゼをピンセットで取り上げ
私の顔に近づけました。

「これ、入れとくからね」
「?」

丸めたガーゼが グリグリと鼻の穴に詰められました。

「麻酔が効いてくるまで、しばらくこのままで」

麻酔といえば注射、と思い込んでいましたが
麻酔薬を浸みこませたガーゼだったようです。

「では外でお待ちください」

看護師に にこやかに告げられ
私は診察室の外に出されました。

もちろん 両方の鼻の穴にガーゼを詰めたままです。

待ち合いの椅子の一番すみに こそこそと座りました。
バッグから そおっと鏡を取り出し
自分の鼻を点検しました。

うーん。
両鼻の穴に カッポリと白いガーゼがはまっている。

我ながら これはヒドイ。
これを見て 笑わない人、いるだろうか?

あまりのおかしさに ぶぶぶっと鼻で笑いそうになったのですが
鼻で息ができないため 一気に息苦しくなりました。

ゼーゼーと口で息をしながら
どうか知り合いが病院を訪れませんように、と真剣に願いました。

こんな姿を見られたら 100年の恋も冷めるというもの。


フジタさんに会う前に スッキリさせようと思ったばかりに
なんだか変なことになってしまいました。

早く麻酔が効いて
診察室に呼び戻してくれたらいいのだけれど。

===

フジタさんに会う直前の話で
長くなってしまいました。

もう少し続きます。



(皆さん 鼻がムズムズしてきたのではありませんか?)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ



次へ進む→フジタの人事-仕事のできる女(17)
前へ戻る→フジタの人事-仕事のできる女(15)

2013.01.05 Sat l フジタの人事-仕事のできる女 l コメント (16) l top
1年の初めに会う人が あなたでありますように。
今年初めて言葉をかわす相手が 私の大切な人でありますように。

そんなふうに願う人が いらっしゃるのではないでしょうか。

もしそれが実現すれば
この1年 大切な人とたくさんの時間を共有できそうな気がするのです。


一緒に住んでいる人は
自然とその願いがかなう。

大晦日の晩から 2人で初詣に出た人は
カウントダウンのときから お互いの笑顔で向き合える。

そのどちらでもない人も
電話やネット越しに 大切な人とその瞬間を迎える。


どうぞ皆さん
今年もお二人で お幸せに。



私?
私のことをお聞きになりたいですか?

私の場合はこうです。

===

そりゃ 私だって
今年初めて会う人が 大切な人であってほしいです。

『1年の計は元旦にあり』とも 言うではありませんか。

元旦。
起きてすぐに家を出て
私の恋人(クルマ)に会いに行きました。

「今年もよろしく。今年もあなたに私の体を預けます」

恋人の体を撫で さっそく恋人に乗り込みました。

そうして 元旦の初日の出Runに行ってまいりました。


いつも走っているジョギングコース。
お正月の それも早朝から走る人は皆無。

私はジャージのポケットに コンデジ(※)を入れて
コースに出ました。

(※コンパクトデジタルカメラ。一眼レフでないデジカメ)

コースの途中に 小高い丘のような場所があり
そこから初日の出の写真を撮ろうと目論んでいました。

ところが 目的の場所に登ってみると
誰もいないはずと思っていたところに
1人のおじさんが 三脚を立てて居座っていました。

そのおじさんも 初日の出を撮影しようとしていたのです。

自分だけのとっておきの場所を占領されたような気がして
ムッとしましたが
遠くから軽く会釈をしました。

朝の気温は低く 顔や手が痛くなるほどで
寒さを紛らわすために
日の出の時間までは そのへんを走り回ったりしていました。

ジャージを来た 得体の知れない女に
自分や 自分の立てた三脚とカメラの周りをうろうろと走られて
おじさんは 少し嫌な思いをしたかもしれません。
私には何も話しかけてきませんでした。

おじさんがベストポイントに三脚を立てていたため
太陽が上がってきた頃には
私はわざとらしく 三脚の真横に立ち
コンデジを構えました。

何枚か写真を撮っている間に
おじさんのほうは満足のいく写真が撮れたのか
三脚を畳んで引き上げていきました。

今年初めて言葉をかわすのが 見知らぬおじさんにはならなかったなぁと
胸をなでおろし コンデジで撮った写真1枚1枚を確認していました。

「いい写真は撮れた?」

突然 後ろから声をかけられました。
さっきのおじさんが 撮影道具を持ったまま戻ってきたのです。

「あ、いえ、あの・・・」
「あんたのカメラはどこの?」
「あ・・・いや、安物ですよ、これ・・」
「ふーん」

おじさんはどんどん近づいてきて すぐ真横に立っていました。

「僕はね、このカメラで撮ったの」
「はぁ、すごいですね。一眼レフですね」
「あんたの写真、初日の出はうまく撮れた?」
「あ、はぁ、こんな感じです」

私はコンデジのモニター画面をおじさんに見せました。

「おお、きれいに撮れてるやん」
「いえいえ、もうカメラが古いので・・一眼レフのがほしいと思ってるのですけど」

私がおじさんのカメラを指差すと おじさんは嬉しそうに言いました。

「これも古いからね。新しいのを買おうと思ってるの。初日の出の写真、見る?」

おじさんは 持っていた一眼レフのモニターを差し出しました。

「あ、きれいですね、やっぱり」
「いやぁそんなこともないけどね! ここでシャッタースピードを切り替えてね、
 で、ズームは離れたところから操作するの。ぶれるからね」
「そうなんですか」
「で、こうやってシャッターを押してね。ときどき、どのスイッチかわからなくなるけどね」
「では去年の金環日食なんかも・・・」
「そうそう、金環日食は3時間くらいかけて撮影したの。で、これが写真で・・」

おじさんはSDカードに入っている ありったけの写真を見せてくれました。

「これが孫でね、これはほら紅葉。あそこの紅葉はきれいだからねー」

お、おじさん。
写真もいいですが そろそろ寒さも極限ではありませんか?
私はもう 足の指先まで痛いですよ。
この後 走らなければいけないですし。

気づけば 30分以上おじさんと会話をしていました。

一通り写真を見せてもらったので 私はその場を離れようとしました。

「あ、そうそう」
「はい?」
「もしカメラ買うならね、ヨ○バシではこんな値段だから・・・」

おじさんはデジカメをしまい 今度は携帯電話を取り出しました。
携帯電話で店頭の値札を写したらしく
初心者でも扱えそうな一眼レフの機種名と最安値を 私に教えてくれました。

私はその場で小さく足踏みしながら 携帯電話の写真も見せてもらいました。
おじさんの持てる写真すべてを見せてもらい
私はおじさんにさよならの挨拶をして 1人で走り出しました。



結局。
今年初めて言葉をかわした相手は 見知らぬおじさんでした。

今年は 見知らぬおじさんと たくさんの時間を共有・・・
・・・ではなくて

いろんな人と 新しい出会いがあるのではないかと想像します。

私にたくさんの写真を見せてくれたおじさんと
年の初めに時間を共有できて 楽しかったです。


今年もブログを通じて いろんな方と交流を深められたらいいなぁ。

run_003.jpg


run_004.jpg


run_005.jpg





(今年も 午前1時をよろしくお願いします)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

2013.01.02 Wed l 今日思うこと l コメント (7) l top