「アルさんは ラブラブ記事を書かないんですか?」

先日 お会いしたブロガーさんからこう聞かれた。

「いや~ だって面白くないじゃないですか」

「そんなことないですよー(棒読み)読みたい人多いんじゃないですか?(棒読み)」
「うーん・・・」
「今度書いてみてください!ねっ!」
「うーん・・・」

あなたのように さらっとラブラブ記事を書けるのが羨ましい。

別のブロガーさんは 彼女との同居を始めるにあたって
2人の役割分担といった記事をアップしている。

またあるブロガーさんは 恋人の その興味深い生態について
笑いをまじえて語っている。

ああ・・
羨ましいったらありゃしない。


もし私が(創作)ラブラブ記事にチャレンジなんぞしたら
きっと 読む人の頭の中で
木魚の音が流れ続けると思うんですよ。

※木魚の音を聴きたい方は
『NHKクリエイティブ・ライブラリー 木魚』
 で検索してみてください

似合わない・・似合いませんよ。
それに誰も ジメっとしたラブラブ記事なんて 読みたくないでしょう。


ブログを書くからには
読む人たちのことも考えて それなりの配慮を・・・
私がまだブログを始めたばかりの頃に
ベテランのブロガーさんが教えてくれた。

私が書きたいことを 自由気ままに書きつけて
ほれっとアップしたら
読んだ人が「なんや今日のこれ、おもろない」とがっかりするかも・・

もしかしたら 私の書いた言葉で
嫌な思いをした人もいるかも・・

ダメだ!ダメだ!
そんな配慮のないことでは!

===

また例によって 今朝も早朝RUNに行ってきた。

今日は大阪と神戸のマラソンがある。
数万人がシティロードを走るわけだ。

そういえば あのブロガーさんがマラソンに挑戦すると言っていた。
ある元ブロガーさんも 南の島の大会で走ると言っていた。

皆さん すごいなー
がんばってる。

一足早く 私はここカントリーロードを走っている。
走っているうちに 日の出の時刻を迎える。

ちょうど走る私の真正面に 太陽が昇ってきた。

「ま、眩しい!」

あまりの眩しさに 顔を下に向けながら
それでも両腕を振って 走る。

太陽に向かって ガシガシと走っていたら
自由気ままに書きたいことが 思い浮かんだ。
さらにガシガシ走ると
頭の中が整理されて すっきりしてきた。

ああ そうだ。
私はこういうことを 書きたかったんだ。

何かの組織の紹介サイトじゃない
ブログなのだから 書きたいことを書けばいいじゃないか。

もちろん 読む人への配慮は忘れないようにしよう。
それはペンのキャップにして 付けておく。

明日の天気を気にしていたら
夜も眠れない。

天気予報は はずれることもある。


書きたいことを考えながら 走って
気づいたら 太陽はすっかり高い位置まで上っていた。






(なんや今日のこれ、おもろない。配慮はどこ行った?)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ


2012.11.25 Sun l 今日思うこと l コメント (27) l top
今 このブログを読んでくださるブロガーの皆さん。
「検索キーワード」を気にされますか?


私が 「検索キーワード」マニアだということは
皆さん 既にご存じでしょう。

FC2の管理画面を開いたら 「頼む!」と願いながら
今日の「検索キーワード」をクリックします。

というのもブログ開設当初は
それはそれは 興味深いキーワードが散見されたんです。

ところが最近は キーワードのパワーが落ちました。

「(おもしろいものを)頼む!」と願って開いてみても

 『午前1時 アル』とか
 『午前1時から始まる』とか
 『ノンケ ビアン』とか

それくらいしかありませんでした。


ただ この2,3日は少し様子が違います。

数日前。
「頼む!」と願って クリックした私の目に
思わぬキーワードが飛び込んできて 度肝を抜かれました。


 『何度も言うが、普通にミサトさんでした。』

ななな、何ー!
その名前を出して 私に揺さぶられた日々を思い出せというのか!

それにしても その名前を出すとは
おぬし、かなりやるな?

・・・

・・・ま、最近、例の映画が公開になりましたから。
よく考えたら リツコって名前も使ってましたね、私。

ちょっとドキドキしましたが
それ以来 検索キーワードのパワーが少し戻ったようです。
その中のいくつかを紹介します。


 『乾物 午前1時から始まる』

私を乾物扱いするのですね。
まあ いいでしょう。
お値段高めですが いいダシが取れますよ。


 『博多駅 美人 すれ違う』

そうなんです。
博多は美人が多いんです。
Viva! Hakata!


 『ビアンて何処で出会うの』

ええっと・・・
・・・ここ?


 『取っ組み合いの最中 笑えてきた』

ケンカしても怪我するばかりですから
笑って終わりにしましょう。

もし 恋人と取っ組み合いになりかけたら
私のしょーもないブログの記事を思い出して
笑っていただければ、と思います。


 『完全ノンケからレズ』

言いたいことはわかりますが
完全ノンケって 取りつくしまもないですね。


 『前任者が凄すぎて引き継ぎができない』

まさに おっしゃるとおりです。

前任者(フジタさん)が凄すぎるんです。
引継ぎをしてもらおうとしても
私には彼女の能力の半分もないし・・・

あー フジタさんとの例の食事会
続きを書かなければいけませんね。
少し気が重い、とだけ言っておきましょう。


 『ビアンブログ ヨ―ダ・アル』

未だ ヨーダと呼ばれ続け・・・
そんなにピッタリなんですかね、ヨーダ・アル。


===

皆様に ちょっとしたお知らせを。

記事の右側のメニューに「全記事表示リンク」を設置しています。
「全ての記事を表示する」をクリックすると
これまで書いた記事の全タイトルが 一覧で表示されます。

過去の記事で 何かお探しのものがあれば
こちらから見つけていただけるかと思います。

今のところ 記事数が140程度ですので
一覧表示にそれほど負荷はかからないはずです。
お試しください。


実は最近 とても素敵なブロガーさんのページを見つけました。

その方の記事を最初から読みたいと思ったのですが
順を追って読むのが結構大変なんです。

「全記事表示」メニューを付けてくれないかなぁと期待しています。




(あなたのブログですよ!)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

2012.11.21 Wed l 今日思うこと l コメント (5) l top
皮が好きです。

「え? 川? River?」

いいえ 皮です。

「皮といえば焼き鳥! 焼酎飲みたくなるね!」

いいえ 違います。


皮革(ひかく)が好きです。


この時期になると クルマの運転時に革手袋を使います。
革手袋をはめて ハンドルを操作する感触が好きなんです。

冬の寒さには 皮革よりもっとあたたかい素材もありますが
運転のときは絶対 革手袋です。


全般的に革製品が好きなのかもしれません。

先日も 合成皮革を買ってきて
1人でチクチクと手縫いをし シフトブーツを作りました。

シフトブーツとは このへんについています。
shiftlever_boot.jpg
(参考画像)


私のシフトブーツは手作りなので
出来が今ひとつでお見せできませんが
助手席に座れば 見られますよ。
乗りますか?(アル常套手段)


そうそう。
皮といえば こんなリストバンドも わりと好きです。
RobHalford.jpg
(参考画像)

実際に装着したことはありませんが
「アル=白シャツ」と信じている人たちのイメージは
きっと かなり崩されることでしょう。


===

クルマ女子、メガネ女子、カメラ女子に燃える私ですが
「革手袋のクルマ女子」には さらに燃えます。


知り合いの女性で パサートセダンに乗る人がいます。

パサート、と聞いただけで ぐっと胸が詰まります。
ポロでもなく ゴルフでもなく パサート。

大人の女性のイメージ(価格も)

その知り合いは どちらかといえば天然。
仕事はできる人なのですが 仕事以外ではわりとのんびりしているように見えます。
趣味は植物の栽培。
毎朝 鉢植え植物に水をやるのが日課だそうです。

きっとこの人の運転はゆっくりなんだろうな。
怖くて車線変更ができない、とか
車庫入れに10分かかる、とか
私は自分の運転技術を棚に上げて 勝手に想像していました。

寒さの厳しい ある深夜。
ついに彼女のパサートに乗せてもらう日が来ました。

仕事の帰りが遅くなり 終電もなくなったので
彼女が私を家まで送ってくれることになりました。

彼女のクルマの助手席に乗り込むと・・
シートは革張り。

「ちょっと寒いけど、すぐに暖房が効くからね」
「はい」

本革のひんやりとした感触に 鳥肌が立ちました。

運転席の彼女は おもむろに革手袋を取り出し
両手にはめました。

ただでさえスレンダーなのに
ピタリと肌に沿うレザーグローブが
彼女を よりほっそりとしたシルエットに見せる。

今度は別な理由で 鳥肌が立ちました。

アクセルが ぐっと踏み込まれて
私は予想が裏切られたことを知りました。

彼女の運転は ゆっくりでは全くなくて
かといって荒っぽいのではなく
流れに乗った スマートなものでした。

革巻きのステアリングに添えられる レザーグローブの手。
同乗者に不安を感じさせない その手で
私はあっという間に家まで送り届けられました。


まったく同じシチュエーションで 革手袋をはめた男性に乗せてもらっても
こんな気持ちにはならないだろうな。

===

革手袋をまだお使いになられていない クルマ女子の皆様。
その感触をぜひお試しください。

クルマを持たない女子の皆様。
助手席に座れば 感じられるかもしれません。
乗りますか?



(但し、アルの運転は のんびりゆっくり)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ




拍手コメントをくださった方々へ・・

コメントへのお礼を 該当記事のコメント欄に追記しました。

2012.11.19 Mon l 今日思うこと l コメント (17) l top