街中で 黒髪に黒縁メガネの女性を見かけると 以前は
頭の中を『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』の歌い出しの部分が流れ
「あ。アンジー・・・」
とつぶやいたものですが

今は 黒髪と黒縁メガネの女性とすれ違うたび
「あ、頼さん・・・」とつぶやき
心臓をきゅっとつかまれたような感じがして
頭の中は無音です。

この後遺症、ではなかった、夢想が続いているのは
一緒に映画を観てから まだ日が浅いからか。


が、しかし 有名人を連続して取り上げて
たくさんの人に自分のブログを読んでもらおうなんて
おこがましいです。

というわけで 本日は 無名の人の話を書いてみる所存です。
よろしければ最後までお付き合いください。

アルより

=====

私はカナコ。
まごうことなきレズビアンです。

それまで普通に友だちだった女の子を
ある日突然 好きになってしまう。
何かの拍子に その友だちが至近距離にいることに気づいてドキドキしてしまい
はっと我に返って 自分の節操のなさに より一層ドキドキする。

そんなところが「まごうことなき」と言い切れるゆえんです。


高校のときからの友人、ノリコは
それまで会ったことのないタイプの人でした。

初めて会ったときから どことなく大人びた感じで
吉田秋生の漫画に出てくるようなクールさがありました。

友だちの私から見ても 美人だなーと思います。

でも喋ってみると 見た目と全然違います。
美人の中に 吉本新喜劇やお笑いネタが詰まっています。

友だちになると 顔がどうとかあまり関係なくて
気が合うか 話が合うかというのがポイントになりますが
ノリコとは自然と 気が置けない間柄となっていました。

私は高校生のわりにはマイナーなミュージシャンが好きで
ノリコも偶然 そのミュージシャンを好きだったこともあり
私たちは意外なところで意気投合。

ノリコは「人は人。自分は自分」というおおらかさを
持ち合わせていて
そんな友だちができて 私は喜びました。

学校を出てからも 他の友達をまじえて
ノリコとは時々遊んでいました。


ノリコの結婚が決まるよりも ずっと前の話。

その日も 何人かの友だちと一緒にノリコの家まで遊びに行き
夜に向けて酒盛りをしていました。

ノリコも私もたくさんお酒を飲んだので
ほろ酔いを通り越して かなりいい気分。

一緒に来ていた友だちが皆、帰り
私1人 ノリコの部屋に泊めてもらうことにしました。

ワンルームに1組の布団を敷き
私とノリコは同じ布団に入ります。

このときには 私の酔いは既に覚めていて
別に何も思うところなく 眠りにつこうとしました。

部屋の灯りを消して 布団の中でうとうとしたとき
突然 ノリコが私に抱きついてきました。

ええっ?

びっくりして 声も出ない。

普段 人との接触があまりない私ですが
こんな際には 接触が多かろうが少なかろうが関係ないでしょう。

なんでやろ?なんでやろ?と動揺していると
ノリコが囁きました。

「私、寝るときに何かに抱きついていると落ち着くの」


いや 落ち着かんだろー! 私がー!

このまま抱き枕としての使命を全うするなら
黙ってノリコのやりたいようにさせたらいいのです。
でもこんな状態では 落ち着けと言われても無理です。

仕方ないので私はひと言 ノリコに告げました。

「そんなことされたら・・・私のほうからしかけるよ」

たぶんそんなようなことを言った気がします。

途端にノリコは がばっと 体を引き離して
私に背中を向けました。
そして 何事もなかったかのように寝入ってしまいました。

ドキドキさせられた挙句 すっかり放置され
長年の友に翻弄された一夜。

翌朝。
ノリコは何も覚えていないようで いつもどおり。
私だけが悶々とした気持ちを抱え
後ろ髪引かれる思いで帰りました。


ノリコにはそんな一面があったので
ノリコが結婚前に告白したこと
「そんなこともあるだろうな」と妙に納得できました。

ノリコと関係のあった女友だちのことを 2,3回聞いてみたことがあるけど
なぜだか あまり話したがらないので
もう聞くのはやめました。

その後 ノリコは予定どおり 結婚し
今では小さい女の子のお母さんです。

=====

アルよりひと言。

私も気が多いせいか ふとしたきっかけで
それまで友だちだった人を 好きになってしまい
何日も何ヶ月も悩むことがあります。

その気持ちは たいていは自然消滅するものですが
たまに じとっと心に住みつくことがあり
友だちのひと言で 一喜一憂します。

ごく最近にもそれがあり
本当に振り回される人生だなーと思っています。



(無名の人の体験談より やっぱり映画デートの報告を聞きたいですか?)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




拍手コメントくださった・・・


★Gさんへ
お久しぶりですね。
その名前・・・笑
私もその映画を観たいのですが
あの人はどうでしょうか・・・
ちょっと聞いてみようと思います。
2012.05.31 Thu l アル指定 l コメント (2) トラックバック (0) l top
「マルチタスク」という言葉をご存じだろうか。

時代はすでに Windows7からWindows8への転換期を迎えようとしている。

このブログを見ている人が使っているWindowsは
XP、VISTA、7のいずれかだと思う。

それ以前のバージョンとなると MEや98だが
さすがにそれらを使う人はごくわずかだろう。

歴史をさかのぼると 1995年に発売され
一般ユーザーにも爆発的に普及した Windows95があり
そのWindows95の特徴の一つが「マルチタスク」であった。

マルチタスクとは
1台のコンピュータが同時に複数の処理(タスク)を行うことである。

細かい話を言うと長くなるので省くが
それまでは「シングルタスク」方式だったパソコンが
同時にたくさんの仕事をしてくれるようになった。

表計算ソフトで家計簿を付け
同時にインターネットでウコン茶を購入し
明日の飲み会の集合時間を友だちにメールで送る。

1台のパソコンの画面に 複数の窓(ウィンドウ)が開き
同時にそれらの処理が進む。

パソコンが「マルチタスク」でなかったら
飲み会の店探しをしながらのブログ更新も
遅々として進まないだろう。

---

あの人から 映画に誘われました。

あの人といえば あの人ですよ。
雲の上の人。

きっと このブログを訪問された皆さんは
あの人のブログからリンクをたどって飛んできて
のっけから 延々と続くパソコンネタに辟易されているかと存じます。

でも知りたいでしょう?
リアルなあの人を。


内輪ネタなんていらないという声も聞こえますが
未だに お互い敬語を使い合う あの人と私。

私にとってあの人は内輪の人というより
最も(レズビアンに)読まれているブロガーの一人。

私たちを癒してくれる猫さんたち。
つい見入ってしまう おいしそうな手料理の数々。
そして おもしろいだけじゃなくて 心にぐっとせまってくるような文章。
彼女さんに対する恋情の溢れる様子が見えるような。

そんなブログを書くブロガーさんですから
会えば緊張するに決まっています。

そのような素敵な人が
なぜ私を映画に誘ってくれたのかわかりませんが
ありがたいことです。


何人かのブロガーさんや その読者さんの集まりがあって
私もその場に参加させてもらったとき
あの人はテーブルの片隅に 楚々と座っていました。

飲み会の初めだけは。

お酒が進み 飲み会の参加者たちがそれぞれに酔って
話の合う者どうしが固まります。

3,4人で固まって わっと盛り上がる人たち。
なんとなく1人で静かになる人(私もそうです)もいます。

そんなとき あの人は片隅の席からすっと立ち上がります。

そして 1人静かにグラスを傾けている人に話しかけます。
話しかけられた人の顔が一瞬で笑顔になり
ちょっと沈みかけていた空気が ぱっと軽くなります。

私はそれを離れた席から眺めていて
あの人はいったい何を話したんだろう、と不思議に思います。
一瞬で笑顔にさせるなんて。

そうかと思うと あの人は3,4人で固まっている人たちの中にいます。
大きな歓声と たくさんの女性の笑い声がその場に響き渡り
その歓声の中心があの人です。

この楽しい雰囲気に浸って 私がぼーっとしていたら
あの人がいつの間にか私の横にいました。

「アルさん、今度一緒に映画観に行きましょうね」
「はい、ぜひ」

気づけば あの人の手は私の太ももに触れていて
普段 人との接触がまれな私は とてもびっくりしました。

「映画は何がいいですか?」
「あ、えと、何でもいいですよ」

私がどぎまぎしながら答えていると
あの人は突然「それは昼にやってたから!」と言い出し
視線は既に私以外のほうに向けられていました。

どうやら 3,4人で固まって喋っていた人たちの話を聞き
その会話に参加しているようです。

あれ?
あの人は 向こうの話を聞いていたのか。
私には何の話かわからない。
もう私との会話は終わったのね。

「いつにしますか?」
「えっ?」

あの人は私の顔を覗き込み 私の返答を待っている風でした。

すごい。
マルチタスクだ。
すべてが同時進行。

CPU(中央演算装置)は1つのはずだけれど
もしかしてデュアルコア? クァッドコア?

大人数の飲み会では 何人かとは話せなかったりするものなのに
あの人は全員との密な接触を とうに完了しています。

あんなに酔って 前後不覚なのに。

それがあの人。

あの人は「誰にでもフレンドリーなだけ」と謙遜して言うけれども
要は気配りの人なのだと思います。


敬意を払って呼びます。

マルチタスクな頼さん

一家に1台 いや、1人ほしいです。


ちなみに私はシングルタスク。
飲み会では気配りする余裕すらありません。

そんなシングルタスクのアルが
マルチタスクのんちゃんと一緒に映画に行けば

どんな構図が展開されるのかは もうわかりますね。



(映画の話も聞きたいですか? 本当に? 濡れ場は皆無ですよ?)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



拍手コメントくださった・・・


★Rさんへ
コメントありがとうございます。
Rさんの勇気のきっかけに?
それはよかった。私も嬉しいです。
Rさんにとって この先嬉しい出来事が起こりますように。
2012.05.28 Mon l 今日思うこと l コメント (8) トラックバック (0) l top
好きだとか 惚れたとか
恋だとか 愛だとか
ラブラブな甘い記事もいいですが

本日は 主に技術的側面からのアプローチを試みたいと思います。

最後までお付き合いいただければ幸いです。

アルより

=====

私、カナコは声を大にして言いたい。


『レズビアンの皆様! 

 朗報です!!』


実は 前から悩んでいたことがあります。
悩んでいたのに 誰にも相談できませんでした。

それは コウちゃんのことです。
正確に言うと
コウちゃんとのセ・・(ピー)のことです。

※アル注釈:全年齢対象を目指すブログのため、一部自主規制音あり
 適宜、置き換え願います


コウちゃんのことをすごく好きになり
2人でいると いても立ってもいられなくて
思わず すり寄ってしまいます。

そうなると (ピー)にいたるのは自然のなりゆき。
でも 私は考え込んでしまいました。

・・・私、いったいどうしたらいいんだろう?

私はそれまで 彼女がいたりしましたが
コウちゃんは女の子と付き合うのは きっと初めてです。
いわゆるノンケさんです。

私は男じゃない。

コウちゃんと一緒にいられるのが嬉しくて 幸せであるはずなのに
たくさん悩みました。考えました。

(ピー)はどうすればいいの!(ピー)は!

好きだったら なんとかなる!
そんなに悩むことはない!
なせばなる!

・・・やっぱり気が引けました。
ふとしたときに これでいいの?と悩みました。

元々 私が(ピー)のとき ニャンだというのも
悩みの一因です。
一応、リバとは言っていますが
やっぱり体がニャンです。

私は男じゃない。
やっぱダメなんじゃないの?

---

ある日 高校のときからの友人、ノリコとユカをクルマに乗せました。

ノリコが会社の同期と結婚することになり
その前に 羽を伸ばしてドライブしよう!というわけで
3人で出かけました。

目的地の高原に着いて 散策していたときに
ノリコからこんな話が聞けました。

ノリコの友だちで 背が高くてかっこいい女性がいるそうです。
女性から好かれそうなタイプ、とノリコは言いました。

その友だちが 結婚の決まったノリコに
「実は今まで好きだった」
と告白したそうです。

好きだから どうこうしたい、というのでなく
ただ結婚の前に ノリコに打ち明けたかったようです。
それでノリコは 1日だけのデートをしたそうです。

ユカ「それで?どんなだったの?」
こういうとき ユカは鋭い質問をしてくれます。

ノリコ「どんなって・・普通にデートしたよ。観覧車にも乗ったよ」
ユカ「2人きりで観覧車!いいね!もしかしてラブラブ?」
カナコ「(・・・なわけないよね)」

ノリコ「うん」
カナコ「(えええええっ!)」

ユカ「ふーん、そうなんだー。じゃ、観覧車の中でキ・ス。とか」
カナコ「(あ、観覧車が傾くっていう アレね)」

ノリコ「うん。したよー」
カナコ「(えっ?ノリコ・・・、軽い)」

ユカ「じゃ、したの?」
カナコ「(ななな、何を?)」
ノリコ「した」

ユカ「えー。したって何をー?(笑)」
ノリコ「だから しました!(ピー)を!」


ノリコは 軽い女じゃありません。
聞けば その友だちのことを 友だち以上として好きだったそうです。
でも 結婚相手の彼のことも好きであることには変わりありません。

ユカ「で。どうだったの?その人との(ピー)は?」
ノリコ「よかった」
ユカ「え?そうなの?」
ノリコ「比べることじゃないけど・・うん、彼女のほうがよかった」


比べることじゃないの。
でも (彼より)彼女のほうがよかったの。
どちらかといえば 男性より女性のほうがよかったの。

もちろん誰もがそうとは思わないけど
何も男性に劣るということはない。
むしろ女性のほうがよかった という人がいる。

悩んでいたことが 恥ずかしくなりました。

ノリコの話には本当にドキドキしました。
そして 悩みを吹き飛ばす力をもらいました。

=====

アルよりひと言。

技術的側面というか なんというか。

皮膚と皮膚の接する部分があって
動と静があれば
あとは同じなのではないでしょうか。
技術的なこととしては。

こんなこと きっと気にしなくてもいいんですよ。


やっぱり 愛だの恋だの に戻って

相手を好きでいる気持ちとか
相手を大事にしたいという想いとかが

感じるポイントになるのでは と思います。



(伏字が多くて読むのが大変だった!もっとわかりやすく書いて!)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
2012.05.23 Wed l アル指定 l コメント (14) トラックバック (0) l top