上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
いつ頃からだろう。
ミサトさんが 始めようとしていることに気づいたのは。

「もうやめよう」と言われたときには 既に気づいていたのかもしれない。

もちろんミサトさんから 何かを聞いたわけではない。

「寒い」と わざわざ声に出して言うまでもなく
冷えた空気を 肌が敏感に感じ取るように。

ふだんは忘れているのに 何かの拍子に
心のどこかを刺されて チクッと痛みが走るみたいに。


強引にミサトさんを抱きしめ 拒絶されなかった晩

部屋に戻ってきたユミが小さい声で言った。
「○○は迎えに来るの?」

「うん」
ユミの声に答える もっと小さい返事まで
私の耳に入ってきた。

ユミは 話し続けて
寝ている私とリツコを起こしてしまうのを悪いと思ったのか
部屋から出よう、と ミサトさんを促した。

ほんの数分前まで抱き合っていたのだから
ミサトさんは私が眠っていないのを知っている。
○○の話をこれ以上、聞かせたくないのだろう。
ミサトさんは黙ったまま ユミと出て行った。

寝ているふりを続けた。
「誰が迎えに来るんだろう?」
とりあえず 心のなかで呟いてみた。

心のなかで呟くまでもない。

私は とっくに気づいていた。
とにかく そういうことだ。

---

彼女が何を伝えようとしているのか
わからない。

押さえつけられる背中と肩が痛い。

さっきまで
ミサトさんと私は 慣れないフェリーの寝室から抜け出して
デッキに立ち 暗い海を眺めながら
他愛ない会話をしていたはずなのに。

何のきっかけもなく 手を引かれていった先で
突然 壁に押さえつけられてしまった私には
彼女の変化が急すぎて
驚く余裕さえ ない。


ミサトさんの唇が 私の唇に重なり
次に首筋を這い そうかと思うとその唇で頬をなでられる。

自分の体を 物のように感じた。
あまりにも激しすぎて
私は 彼女の行為にこたえることができなかった。

されるがままだった。


いや、そうじゃない。
ミサトさんには
もっと、とせがむ私が見えているはずだ。

両肩にあった彼女の手は離れたが
膝が私の足に押しつけられ
今度は 腰のあたりで 私の体を押さえつける。
体の下半分が ミサトさんの圧力を感じている。

彼女の両手は 私の腰にまわされ
すばやく 肌と服の間に入れられていた。

荒っぽい仕草で 私の体を扱い
それでいて 何かを伝えようとしているかのように
柔らかく私に触れる。


体の痛みは いくらでも我慢できる。
でも心が痛むのには とても耐えられない。

彼女の手の重みを胸に受けたとき
私のなかにあった何かが 音を立てて切れた。

衣服の下にある彼女の手を 服の上から押しとどめた。
驚いたミサトさんは 体を少し離して私の顔を見た。
そして はっとした表情を見せた。

私は泣いていた。
それも情けないくらい 次から次へと涙が流れている。

何、これ?
自分でも おかしかった。
笑おうとするのに 意に反して涙があふれる。

もっと あなたを感じたい、という欲と
もうこれ以上 私に触れないで欲しい、という気持ちが
同時にある。

それを理解するのは とても難しいし
ミサトさんもとまどっているようだった。

ミサトさんが顔を寄せてきて 耳元で囁いた。
「二人でここから落ちようか」


身震いがした。

聞いてはいけないことを 聞いてしまった気がした。

彼女が伝えようとしていたのは
まさか こんなことではないはずだ。

「周りのことすべてを投げ出しても やるべきことがある」
そう豪語していた彼女の心を
どんなにすがろうとしても あなたを幸せにはしてあげられないからと
私を切ろうとした彼女の 心の奥底を

もしかしたら 私のほうが揺さぶっていたのかもしれない。

人の心に働きかけるほどの強さを持たない私に
決して自分をごまかさない強さを持つミサトさんが
「落ちよう」と言ったことに
愕然とした。

声を出さないで泣こうとしたのに
勝手に声が漏れた。

ミサトさんは私を 壊れものを抱えるように 両腕で包んだ。

---

不安定に揺れ動く船を下り、陸上に立つ。

夜が明けて 船は神戸港に着いた。

ミサトさんが始めようとしている人は
港のどこかで車を停めてミサトさんを待っているんだろう。

船を下りたときから ミサトさんは始めようとしている。
私も陸に立って 自分の足で歩いていこうとしている。


歩いていくしかない。


・・・
春合宿が終わって部活を引退すると もうミサトさんと会う機会はなかった。
大学の中で 何度かすれ違うこともあったが
私は視線をそらして 足早に去った。

別れるという状態をまだ実感できずにいた私は
会って話したいことがあるから、と 無理矢理ミサトさんを呼び出した。

ある夜に 私は彼女と待ち合わせた。

「実験を抜けてきてるから」
彼女は忙しそうに言って それでも私が口を開くまでじっと待ってくれた。

彼女と背中合わせで座り 火山の噴煙を眺めていた記憶や
暗がりで聞いた船の低いエンジン音と波の音を引きずり
私はまだ楽観的だった。
そこで私が話したのは 幸せのなかにいる者が言うようなこと。
私はミサトさんに ある提案をし
彼女はひと言 無理だと言った。

実験に戻る彼女が 建物に入っていった。
その後姿を見届けてから 私はその場を立ち去った。

家に帰ると 電話が鳴った。
ミサトさんだった。
私が何も言えないでいると ミサトさんはある言葉を
最後まで一息に言い切った。

電話は一方的に切られ
しばらくしてから 私は電話を置いた。

あの日 どこをどうやって帰ったのか覚えていないけれども
電話でミサトさんから言われた言葉は 今でもはっきりと覚えている。

「私があなたを愛していたということを 後悔させないで」

ミサトさんと私は こうして別れた。

---

大学を卒業してから
ミサトさんには2回ほど会っている。

休みの日の夜に 居酒屋でみんなで会おうという
軽い趣向の同期会で。
会うまで とても緊張した。
実際に彼女に会い 私はぎこちなく挨拶をした。
ミサトさんもなんとなく緊張しているように見えた。

お酒も進み みんなの近況などを話すうちに
場が和んできて 緊張も解けてきた。
男の子と笑い合っていたミサトさんが ふと
隣りにいる私のほうに振り向いた。
「アルもさすがに 目じりにしわが出てきたよね」
「え?」
「ほら、このへんとか」
ミサトさんが 私の顔に触れる。

久しぶりに からかわれる心地よさ。
言葉でイジラれる自分を こっそり味わう。

ミサトさんの結婚や 子どもが1人いることなど
あらためて報告というわけでなく ただ話の流れで聞いた。
聞いても動揺することは もうない。


あのとき 私たちは 別々に歩き出し
遠いところにいることを ふだんは感じることもない。
何年かごとに また会う機会があるかもしれない。
会えば 昔のことを思い出すのは当然。
でも ただそれだけだ。

会って お酒を飲み 楽しく喋った後
ミサトさんは ミサトさんにとって大切な家族、夫と子どものもとへ
帰るだけだ。

そしてそれは 私にしても同じこと。
私にとって大切な人のもとへ 帰るということ。

今度、大学の同期会にいってくるよ、と話すと
聞かれたら私が言葉に詰まるであろうことを 何も聞かず
「いってらっしゃい。楽しんできてね」と言ってくれた
大切な人のもとに戻るだけだ。


ミサトさんとは まったく連絡を取り合ってはいないけれども
彼女の名前をインターネットで検索すれば
それに紐づく情報が出てきて
彼女の近況が すぐにわかる。

彼女が今、やるべきことをやり
目標に向かって どれだけ頑張っているのかがわかる。


ミサトさんは 私にとって一番大切な人にはならなかったけれども
私にいろんな感情を抱かせ その後の私の生き方に大きな影響を与えた。
あんなに私を揺さぶる人は 彼女以外にはいない。



前へ戻る→別れるとき(4)
最初から読んでみる→激しく揺さぶられる(1)


(これで ”揺さぶられる日々”は終わりです)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ



スポンサーサイト
2012.03.04 Sun l 揺さぶられる日々 l コメント (19) トラックバック (0) l top
友だちと 恋愛を始めてしまったら
終わりは いったいどんなものだろう。

いつもノンケ女子に惚れてしまって 1人で赤くなったり青くなったり。
でも絶対に 応えてくれることなんて ないだろうと思うから
逆に安心であったりもする。

でも。
ノンケ女子と始まってしまったら
終わらせるのはどっち?

---

「梅の花が咲いたら 一緒に観に行かない?」

2月の寒いある日に ミサトさんに誘われた。

「それは どういう意味?」
「友だちとして」


「愛している。だから もうやめよう」と言われた後でも
ミサトさんとは 何度も会わなければならなかった。

部活は 3月の合宿を最後に引退することになっている。
だから 練習でも 練習後の部室でも ミサトさんと顔を合わせた。

同期や後輩の前では 友だちどうしを演じなければならないのが
とても煩わしい。

私は未練がましく ミサトさんに寄りかかろうとし
彼女は彼女で まだ私を友だちとして扱おうとしてくれる。

「一緒に行こう」と 誘われたら
即座に「うん、行く」と答える。
その後には必ず「友だちとして」という言葉がついてきた。

一緒にいて 楽しいはずがないのに
一緒にいたいと思うのは 途方もなく厄介で
ひとりになると 情けないくらい涙が出てきた。


大学3年の春。最後の合宿。
フェリーに乗って 九州のとある県に移動。

何も起こらないはずだと思っていた。
意気地のない私は どうせ何もできないと 自分を見下していた。

それなのに 意外なことに先に動いたのは私のほうだ。


合宿の最終日前の晩は 全員が集まって宴会になる。
体育会系だし 当然 酒も大量に飲まれるわけで
宴会場は酔っ払い集団の惨状となっていた。

惨状を抜けて 自分の部屋に戻る。
今回は 女子の4人部屋だったのだが
私が部屋に戻ったとき 既にミサトさんとリツコは寝ていた。
ユミはまだ宴会場でしゃべっていたようだ。
私は空いている布団にもぐりこんだ。

真っ暗ななかで 考えた。
いや、違うな。
考えてなど いなかっただろうな。
考えるより前に 行動した。
ここから先の自分の行動は 強引だった。

私は布団からそっと出て
寝ているミサトさんのほうへ近づいた。
布団をめくって 寝ている彼女を抱き起こそうとした。
寝ていると思ったミサトさんは やっぱり目を覚ましていて
一瞬 私を拒絶するかのように身を縮こまらせた。
体を起こそうとする私に 抵抗するのかと思ったが
そうではなくて 彼女は自分から身を起こしてきたのだった。

部屋の薄暗い灯りでは ミサトさんの表情はわからない。
表情を確認するよりも 私は瞬時に彼女の体を抱き寄せた。
抵抗されても離さないくらい 抱きしめる腕に力をこめる。

声を出されたら終わりなのだけれども。
すぐ隣には(またもや)リツコが寝ているのだし。

抵抗はされなかった。
彼女もまた 強く私を抱きかえしてきた。

彼女の唇に触れながら 肩と腰骨のあたりを撫でてみる。
相変わらず 彼女は華奢だった。
この時 2人だけだったらどうなったのか 容易に想像ができる。
私たちは友だちとは言えない。


部屋に誰かが戻ってくる気配がした。
「ユミが戻ってきた」ミサトさんが囁いた。
体をすばやく離し 布団を頭からかぶった。
ミサトさんは 戻ってきたユミと少ししゃべっていたが
しばらくすると部屋から出て行った。


1人で寝ていると なぜだか ものすごく不安になってきた。
私たちは友だちじゃない。
じゃあ、いったい何なんだろう?

前にも進めず 元にも戻れない。

---

合宿の最終日を 穏やかに過ごしたのが不思議だ。
彼女と私は 何事もなかったかのように接した。

最終日から 同期の女子4人は 車を借りて九州を旅行した。
天気もいいし 1台の車でわいわい言いながら移動するのが楽しくて
桜島の見える公園に着いたときには
鬱々とした気分もなくなり ミサトさんと冗談を交わしたりもできた。

ちょっと休憩しようか ということになり 皆でベンチに座った。
私とミサトさんは 1つのベンチに背中合わせに座った。
背中に彼女の体温と体重を感じながら
青い空に もやもやと立ち上る桜島の噴煙を眺めていた。
私たちは ずいぶん長い時間 そのままじっとしていた。

もしかしたら 友だちとして付き合い続けられるのかも。
そんなことを考えられるようになったら 自分を褒めようと思う。
ミサトさんの背中に寄りかかりながら
あまりの心地よさに 眠ってしまいそうになる。

友だちとしてなら。

---

女だけの九州旅行は あっという間に時間が過ぎて
私たちは帰りのフェリーに乗りこんだ。

神戸行きの旅客船は 夜遅く九州を離れる。
乗ってしまえば あとは寝室で眠るだけなのだが
このまま時間が過ぎるのがもったいなくて
私はなんとなく 起きていた。

ミサトさんもそうだった。
彼女に誘われて 私たちは暗いデッキに出た。

昼間なら観光客が海を眺めたり 写真を撮ったりもするだろうが
真夜中の今は誰もいない。
船のエンジン音が とても大きくて
体の奥まで響いてくるような気がする。

二人だけでデッキへ出ようと誘ったのは
恋人としてじゃなく
たぶん 友だちとして。
それでも 楽しく過ごせたら それでいいのでは、と思う。


他愛ない話が ふと途切れたとき
彼女は 何の気負う様子もなく 私の手を引いて
デッキの端の狭い所まで 連れて行った。

そして いきなり私の両肩を押して
私の背中を壁に押しつけた。




次へ進む→別れるとき(5)
前へ戻る→別れるとき(3)



(恋愛ブログカテゴリーから追い出されないよう 合いの手を。いや、愛の手を)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ



2012.01.24 Tue l 揺さぶられる日々 l コメント (4) トラックバック (0) l top
「お願いだから、書かないでください!」

涙目で懇願する私に 雲の上の人たちは こう言った。

「泣けるものなら 泣いてお願いしなさいよ」

雲の上の人たちって イジワルなんだから 素敵です。


いつも読んでくださっている皆様、ありがとうございます。

地味にブログを書いていますが
拍手やコメントをいただけると お肌の張りも若干マシになります。

基本的に 私自身、地味な人間だと思います。
だから アルってやつは 路傍にある石の置物と思ってくださって結構です。

---

「周りのことすべてを投げ出しても やるべきことがある。それをやるのは、今」

彼女のほうが 私なんかより よっぽど思慮深い。
私のほうが直感的だ。
というよりも 刹那的すぎる。

どれだけ長く一緒にいても 
一緒にいればいるほど 孤独にさいなまれる。



マンボウのいる水族館を堪能してから
大阪行きの特急に乗って 私たちは賢島を後にした。

指定席に座るとすぐに
ミサトさんと私は どちらからともなく手を握った。
2人とも睡眠不足だったから ほどなく眠ってしまったけれども
終点に着くまで ずっとそうしていた。

心のなかは とても満ち足りていて
今がとても幸福だという安堵感があった。
そしてそれは ずっと続くだろうとも思えた。

これが 刹那主義の私。

ミサトさんの心のなかは どうだったんだろう?

彼女は1年後、5年後、10年後のことを冷静に考えていたんだと思う。
そうでなければ クリスマスの直前に 私に差し出した手紙の意味が説明できない。


12月に入ると お互いにいろいろと忙しく 会えない日が続いた。
ようやく クリスマス直前に 会おうということになり
映画を観る約束をした。

当日は寒々とした天気で 雨が降りそうな空の色だった。
それでも 久しぶりに彼女に会えるから
いそいそと服を着替えて 電車に乗った。

待ち合わせ場所で会って 映画を観て その後ご飯を食べるまで
なぜか ミサトさんは口数が少なかった。
またいつものように いろんなことを頭の中で 高速で考えているんだろう。
こういう時には 安易に寄り添ってはいけないような気がするから
私も黙って様子を見ていた。

街をゆく人が多い。
人混みは苦手。
早く別の場所に行きたい。

いつも 行き先はミサトさんがぱっと決めてくれるから
次はどこ行くんだろうなーと思っていたら
「これ読んで」と 封筒に入った手紙を渡された。

「え、なんで? 今?」
彼女は黙ってうなずく。

また手紙? どうして?
言いたいことは 直接ずばっと言うのがミサトさんでしょう?

仕方ないので 言われるままに 紙を開いて読む。
今度はレポート用紙でなく ちゃんとした便せんだった。

それは 鳥肌の立つくらい 揺さぶられる恋文だった。
恥ずかしいくらいに 私を想ってくれる彼女の気持ちが並んでいた。
こんなに 熱のこもった言葉を
受け取る私自身が とても敏感な状態だったから
いともたやすく 熱を感じてしまう。

そして 最後はこう締めくくられていた。
「誰よりも 愛しています。だから もうやめよう。」


予感はあった。
一緒にいても 沈黙が続くと 不安になって
彼女の考えていることを 想像していた。
それが 今 当たるなんて。

今度は私が 頭の中でいろいろと考えなければならなくなった。

誰よりも愛してくれるのに なぜ やめなきゃならないの?
あなたが女だから。

女だと 一緒にいてはいけないの?
私は あなたを幸せにしてあげられないから。

私は十分 幸せだと思っているのに?
今が幸せだとしても この先ずっと幸せではいられないから。


・・・おかしいな、こんなこと ずっと前からわかっていたのに。
それでも これでいいと私は思っていたのに。

ミサトさんは よく言っていた。
「周りのことすべてを投げ出してでも やらないといけないことがあるの」

勉強家で、努力家の彼女は いつも実験やバイトで忙しくて
その忙しいなかで 確固たる目標を持っていた。
いったい この人は将来 どんな人物になるんだろうと思った。

「その、やらないといけないことって 恋愛にはならないの?」
私がそう言ったら ミサトさんはびっくりして
「そんなこと言う人は 初めてだわ」と言った。


・・・
受け取った手紙を
手が震えないように 震えているところを見られないように
慎重に 封筒にしまう。

もう なんの言葉も出てこない。
人混みのなかで 絶対泣かないようにしようと
下を向いて 必死に堪えた。

ミサトさんが 私には触れないようにしながら
近くに寄ってきて 耳元で言う。
「最後に 海を見たい」

私たちは 電車の中で終始無言だった。
動物園や遊園地のある 海沿いの公園に着いたときは
すでに夜で 海岸に下りたときは 空も海もわからないくらい暗かった。

「ごめんね」
1時間ぶりに聞けた彼女の声が 謝罪の言葉。
その途端に うつむいていた私の目からポタポタと涙が落ちる。

あんまり私がひどく泣くので
ミサトさんは 私の腕をつかんで引き寄せた。
同情して抱きしめられるなんて嫌だ とミサトさんの顔を見たら
彼女も泣いていた。

泣くなんて思っていなかったので 驚いたが
彼女の涙を見たら なぜだか 落ち着いて
今度は逆に 彼女は大丈夫なのかと心配になって
彼女の華奢な体を抱きしめる。

私と彼女は体を寄せ合って キスをして 泣き続けた。

ああ もうダメなんだな。
そう思った。



次へ進む→別れるとき(4)
前へ戻る→別れるとき(2)



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ





拍手コメントくださった・・・

★Rさんへ
超絶だなんて、そんっな!
私の目指している超絶ブロガーさんは
Rさんもおっしゃっていた あのお方ですよ。
本当に、あのお方には毎日癒されていました~
コメントありがとうございます。また来てくださいね。

★Sさんへ
ラブラブには 程遠いなぁ・・・
この、延々と続く過去話も ようやく着地点が見えてきましたよ。
ところでSさん、もしよろしければお伝えしたいことがございますので
メールフォームからお知らせくださいな。
コメントありがとうございます。また来てくださいね。
2012.01.16 Mon l 揺さぶられる日々 l コメント (6) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。