フジタファンクラブに負けてなるものか!

私には ずっと何年も前からフジタさんを知っているという強みがある!

・・・
とまあ 鼻息荒く始まったわけですが。

フジタさんが私の近くの部署に戻ってきたからというもの
隣りのフロアをのぞき見する日々が続きましたが
私とフジタさんが仕事で関わることがほとんどないため
何事も起こらず ただ毎日が過ぎていきました。

むなしい・・・

仕事で関わることはないのに
アル田の周囲の人々が みな口をそろえて言うのを聞きました。

「フジタさんってすごいよなー」
「フジタさんって ほんま、すごいわよね!」

そのうちに 『フジタさんファンクラブ』なるものが存在するらしいとわかりました。

さすが「仕事のできる女」

本人は謙遜するばかりで 普通にふるまっているのに
少しでも仕事で関わる人には すぐにそのすごさがよくわかるらしい。

私なんて 何年も前から知ってるのに!
ファンクラブなんて存在しないときから知ってるのに!

ま、何年もの間 特に何もなかったとも言えるけど。
私自身が「ファン」であることを もっとアピールすればよかった。

だって仕方ない。
「押しの弱いアル田」で知られている私だもの。

押しの強い人なら こんなときどうするんだろう?

 ※こんなとき=職場で憧れの女性がいるとき
 ※もちろん「仕事において」という意味で


押してみなければ!!

そうだ。ここは思い切って!!

===

ある日。
休憩室に行く手前の廊下で フジタさんと会いました。

「あ、フジタさん」

相当ぎこちない感じで アル田は話しかけます。

「仕事は落ち着いてきましたか?」

「いえ、まだまだ大変です」

「フジタさん、そろそろ息抜きでも・・・」

「そうですねぇ」

「・・してくださいね」

あ、バカバカバカ!
何を言うか、アル田のバカ!

「してくださいね」じゃなくて「息抜きでもしませんか?」だろう。

こんな最大の絶好機を逃してどうする!

フジタさんはニコッと笑って 行ってしまいました。

その場に残されたアル田。

ぼう然。


(おとなしくフジタファンクラブに入ったほうがいいだろうか・・・?)
ブログランキング・にほんブログ村へ




前へ戻る→フジタの人事-仕事のできる女(64)
2017.05.13 Sat l フジタの人事-仕事のできる女 l コメント (0) l top

私はカナコ。

ウフフ。
「カナコさんってどういう方ですか?」って聞かれちゃったみたい。

※あくまで「午前1時」の中だけの話です。

ウフフ。
もしかしたら ちょっとした有名人?

※あくまで「午前1時」という狭い世界の中です。


私、カナコとは
コウちゃんと一緒にいられて幸せだなぁと 日々感じていて
「どんな方でもいいのです!」と言っているような
無節操なアルさんとは正反対の人間です。

無節操なアルさんですが
アルさんのお友達には素敵な人が多いんですよ。

先日もアルさんに
「○○(スポーツの名前)をしたいのですが 1人ではできなくて・・
 誰か一緒にやってくれそうな方、いますか?」
と聞いたところ アルさんのお友達のアサダさんを紹介されました。

アルさんが言うには
アサダさんなら きっと一緒に○○をしてくれるとのことでした。

急にこんなお願いをして大丈夫かしらと思いましたが
アサダさんにお願いしてみると
「いいですよ!やりましょう」と快い返事をいただきました。

そうそう。
アルさんから聞いていました。

アサダさん、とてもいい人です。

周りの人に対する気遣いがすごくて
たいていのことは付き合ってくれるし
スポーツも上手そうだとのこと。

素敵なオトナの女性だとか。

そして 女性にモテそうな感じ(男性にも?)だとか。
まあ。


当日。

○○をするアサダさんは とてもうまくて
時間がたつのが あっという間でした。

久しぶりに体を動かせて カナコは大満足。

ただ ○○をしながらアサダさんが
「コウコさんと同じ趣味ってなんですか?」とか
「この後、コウコさんといつ会うんですか?」とか
結構グイグイと聞いてきました。

あれ?
オトナの女性が こうもグイグイ聞いてくるのかしら?

アルさん、アルさん!
ちょっと話が違ってましたよ!
アサダさんって こんな一面があったんですか!?

でも コウちゃんのことを聞かれて嬉しいのも事実です。

もっと グイグイ聞いてほしいなぁとも思います。


(だから この「アル指定」カテゴリがあるんですよね)
ブログランキング・にほんブログ村へ

2017.05.05 Fri l アル指定 l コメント (0) l top
カナコと同様 何日も前から緊張していたマラソン大会。

無事に走り終えてきました。

大会の前にアクシデントがあり
参加はムリかも・・・と思ったのですが
どうにか当日のレースに参加できました。

マラソンの当日は晴れ。

たくさんの人が 様々な色のウェアやシューズで参加していました。

走りに来たというより
ものすごくドキドキするイベントに参加しに来たような気分。

スタートしてからしばらくは
朝のラッシュ時 駅のホームでみんなが一緒の方向に歩いているような感じでした。

なんだろう、この一体感。

沿道で応援してくれる人たち。
給水所で 水やバナナを渡してくれるボランティアの人たち。

そして 同じ方へ向かって走る たくさんの人たち。

なんだか すごいところへ来たなぁ・・・

ぶぶぶと 笑いがこみあげ
走っていて 楽しかったです。

最初の5キロくらいは・・・

しかし・・・
暑い・・・

気温が高くなってきたのか 暑さで汗がどんどん出て
給水所のたびに水を飲みました。

20キロあたりから すでにつらくて
これ、しんどすぎるかも・・・と思いました。

そこからはもう
「暑いでんがな!」
「しんどいでんがな!」
と 一人ツッコミをしながら 気を紛らわせて走るしかありませんでした。

35キロくらいで 知り合いのお二人が沿道から声をかけてくれました。
こんなにたくさんのランナーの中から よく見つけてくれたなぁと思います。

彼女たちが持っているボードに「アル」と書かれていて
彼女たちの声援がほんまに嬉しくて 元気が出ました。
(後で写真を見せてもらったら ボードでなくうちわでした)

35キロって マラソンで一番しんどいところです。

でも 応援のおかげで また楽しい気分が戻ってきて
もう少し頑張ろうと 最後の力で走りました。

そしてゴール。

しんどかったけれども どうにか完走できた。

もう当分 走るのはいいやって気持ちに
今はなっているけれども
またそのうち走り出すだろうな。

同じレースに参加した知人には 残念ながらまったく会えなかった。

彼女のすごいところは フルマラソンを走ったあとに
用事があって 出かけていくところ。

足、痛くないの?
元気やわぁ~と感心する。

私?

ミョ~な歩き方をしながら 家に帰りましたよ。

たくさんの人たちに 感謝しながら。



(結局ね ようかん持って走りましたよ。食べれなかったけど)
ブログランキング・にほんブログ村へ

2017.03.25 Sat l 今日思うこと l コメント (6) l top